年占い(2015年2/4~2016年2/3)【全体運】

2015年の全体運

晩夏の畑(未)に繁茂する草木(乙)の姿です。夏を少し過ぎて、これから実りの時期を迎えます。繁りすぎのために植物で地面が覆われ、栄養分を吸収され切った大地は、もうこれ以上育てる力がなくなっています。水もなくカラカラに乾き、せっかく植物が繁ったものの、このままにしておくと枯れる可能性もあるので、実るためには間引いて水を与える必要がある、というイメージです。

 さて、2014年はお金もないのにベンツに乗っているというような、『実力<虚飾』といった年でした。ベンツは今の自分には分不相応だと気づいて手放さないと、ローンの残りや高い維持費のために生活が成り立たなくなってしまいます。
見せかけよりも実力の方がずっと低いのです。なので、等身大の自分を認めて、ありのままの自分を見せ、欲をかかずに生活を整えることができると、今年から後は楽に過ごせるようになります。

 年の前半は、庶民の生活にスポットライトが当たる時期です。古来より、庶民は周りより飛び出すことなく、秩序を保ち、お互いに助け合いながら慎ましやかに暮らしてきたのではないでしょうか。
一人が必要以上に欲張り、自分だけが周りより多く持とうとすると、みんなに行き渡らなくなります。生活からも自分の欲からも余分なものを取り除き、スッキリと身軽になってお互いに助け合うでしょう。

 一転後半には、行動を余儀なくされます。今の生活を守るという目的のために、何かと戦うことになったりするのではないかと思います。戦わざるを得なくて戦っているうちに、今まで人任せだったり人のせいという感じだった気持ちが変わってきて、年の終わり頃には『自分がしっかりしなきゃ』という自覚が出てくるのではないかと思います。

 今年は情のみで行動するのはなく、冷静な知恵を盛り込むように心がけてみて下さい。目の前のことに取り組んでいただけのつもりだったのに、「あらびっくり、気づいたときには思いがけないところが大きく実っているじゃないの!?」となるような可能性を秘めた年です。