年占い(2016年2/4~2017年2/3)【全体運】

2016年の全体運

物事には流れがあります。流れに沿っていれば順調に事が運びますが、外れていると何だか噛み合わなくなります。そして、その流れは、自然の法則に沿って起きてきます。最近ぎくしゃくしているなと思う時や、違和感を感じる時は、少し立ち止まり、どこが自然の法則から外れているのか、つまり、どこが不自然なのかを見つめる時間を持つと、それが見つかる事があります。

 大抵の場合は、感情的な何かがそこに作用しています。ありがちなのが、

・ 誰かや何かに怒り、怒りに駆られて行動している。
・ 何かがうまくいき、傲慢になっている。
・ 自分が望むように認められず、認められることを求めて行動している。
・ 不満を言葉で伝えず、機嫌の悪さで相手に分からせようとしている。
・ 誰かに言いたいことがあるのに、言えずに我慢し続けている。
・ 思うようにできない自分のことを責めている。
・ 自分が頑張るあまり、他人にまで厳しくなっている。
・ 嫉妬心から人の足を引っ張ってしまう。
・ 今のままじゃダメだと分かっていながら、変化が怖くて行動できない。
・ 他人の問題を解消しようと、余計なお世話をしている。
・ 嘘や隠し事がバレないかとびくびくしている。

 などなどです。

 根底にこういった不自然な気持ちを持つと、それが巡り巡って、無関係と思えるようなところにまで作用していき、他人の行動を通して不自然さを見せられるようになります。そんな風に、自分だけでなく、周りもぎくしゃくしていき、噛み合わなくなっていくのです。

 こういったことは、個人によくあることですが、人々にその傾向が高まれば、個人の集まりである集団にも起きます。家族に始まり、会社や、地域や、国家にもその傾向が現れるのです。そして、個人が法則から外れていれば、当然、集団も法則から外れることになり、様々な問題が起きるようになります。
 こんな風に世の中は不自然に傾いてしまっているのですが、不自然に偏った時には、それを本来の姿に戻そうと、調整する作用が起きます。今はその調整の時期で、だいたい2008年頃から始まり、2019年あたりまで続きそうです。
 調整が物理的に現れると、事故や災害が起きたり、大きな争いが勃発したりして、一部の人々は強制的に行動させられたり、その様子を見聞きすることになります。そして行動面での調整を経て、人々の心に変化が現れ、次第に精神面の調整へと移り変わるのですが、ここ数年は、その過渡期のようです。
 そういう時期なので、人々は、今まで当たり前だと受け止めていたことに対して、「何かおかしいのでは?」「このままでいいのかな?」「今まで当たり前だと思い込んでいたけど、本当なの?」と言った疑問を持つようになります。

 しかし、このおかしさに気づけるのは、一定の知力を持った人たちだけです。それ以外の人たちは気づく事すら出来ません。そこで、『今のままじゃマズイから、変えていこう』という思いを持った人たちと、『このままで何が悪いの?変わるのはイヤ』と、留まろうとする人たちに二分されることになります。
 この分裂が最初に起きるのが、今年に入ったばかりの2月頃ですが、この時期の分裂は、それほど激しくはありません。そして、分裂したことで、変化を拒んでいた人の中にも、注意深く物事を見る人が現れるようになり、6月頃から徐々に変化組に変わってくるでしょう。そして、8月あたりには、多くの人が、変化を受け入れていこうという気持ちになっているのではないかなと思います。さらに、12月に、変化のための知恵が世の中に生み出され、そこから徐々に、人々の精神性が高まっていくのではないかと思われます。

 一方、過渡期ゆえの危うさもあります。今年は華やかさを求める気運があるため、見栄えにとらわれ易く、自分がしっかりしていないと、ただ自己アピール上手なだけの派手な人に影響されてしまうのです。
 また、実力も覚悟もないのに、カッコつけて大きな夢ばかりを追い求めてしまうといったこともありそうですが、一時はうまくいったとしても先には続きません。自分を世の中に押し出したいと思う時には、それをやるだけの実力と覚悟があるのかと、自問していただきたいと思います。