年占い(2018年2/4~2019年2/3)【全体運】

2018年の全体運

去年(2017年)は、苦しい思いをした方が多かったのではないかと思います。なぜなら、去年は、各自が精神的な成長を遂げるような年だったからです。
人は、苦しい思いをしないと成長しませんので、そういう年だったということは、それだけ苦しい思いを味わったであろうと推察されるのです。

これから、精神的な学びを次世代に伝える時期がしばらく続きますが、世の中を変化させるために、まずは個人を強化し、底上げする必要があったのでしょう。

ところで、『陰極まれば陽に転じ、陽極まれば陰に転じる』という言葉をご存知でしょうか。世の中は、極端に触れると、逆方向に向かおうという気持ちが人々の心の中に生じ、振り子のように変化していきます。
社会が閉塞状態になれば、民意により破壊的な指導者が選ばれ、世の中を壊していったりします。

例えば戦争が起きると、一人の好戦的な指導者により、戦争が起こったなどと思われがちですが、その指導者を輩出する背景には、世の中の閉塞感があり、それを何とかしたいと、多くの人々(一般的には庶民)が『無意識に』突破口を求めた結果に他なりません。そこにたまたま、それに見合った指導者が充てがわれ、実際に破壊していくのです。

今、世の中を変化させようと人々が思っているということは、現在の世の中の状態では自分にとっての良い未来がないと、多くの人が感じているのだと思います。自分の未来のため、子供達のために、そろそろ世の中を変えていかねばヤバいぞと、それぞれが思うのです。そして、その変化にあたって、今まで遂げてきた精神的な成長を、現実面に活かしていくという段階に入ります。

さて、今年から3年間は、色々なことが起きるだろうと思います。
来年は特に、事故や災害が起きやすくなる可能性が高くなりますので、今年はそれに備えて下さい。事故や災害に際しては、現実的な行動を余儀なくされます。
その時、ただ不幸を嘆くばかりではなく、成長した自分を使って、淡々と物事を処理していけばいいのです。

全体のことを考えて、物事を処理して行くには、自分がどう見られるのかや、小さなプライドを保とうなどと、自分のことばかりを考えていては、うまくいきません。しかしながら、全体の事を考えて行動するには、まずは自分を確立するという過程が必要で、来年、自分を役立てるために、今年は、自分をしっかりと作り上げるという段階を踏むことになるのではないかなと思います。

その為に必要な事は、各自の前に自然に現れます。目の前に現れたことは、必要があって起きていることですので、逃げたいとかイヤだなどと考えず、ひたすら無心で取り組んでいただきたいと思います。それら現実的な問題を乗り越えることで、自然に自己形成がなされ、全体のために役立つ人になっていくのではないかなと思うのです。

全体のために役立つ人物には、周りの人がだんだん信頼を寄せてきます。
人に何かを伝えたい場合、自分を信頼してくれる相手には、伝わり易いです。
今年と来年は、そんな風に、信頼を得る事で人を惹き付け、次世代のために精神性を伝えていく作業をするようです。