算命学で占う2022年(2022年2/4~2023年2/3)

2022年がどんな年になるのか、算命学で占いました。(無料です)

※クリックで、各性質の年占いにジャンプします。

甲木  乙木  丙火  丁火  戊土

己土  庚金  辛金  壬水  癸水

  ご自身の性質を調べたい場合は、基本性質早見表をお使い下さい。

※この占いは、あるルールに従って作成しています。なぜ、この様な事が言えるのか、詳しく知りたい方は『算命学を学ぶ』をご覧下さい。

※また、この占いは全体的な傾向についての占いであり、個人の詳細はまた異なります。個人の事について知りたい方は、占いメニューをどうぞ。
→占い(算命学) →整体占い

2022年の全体運(壬寅)

 何かを改革したことがない人には想像できないかも知れませんが、『改革する』というのはとても大変なことです。古きに馴染み、基本的に変わりたくないのが、人というものだからです。また、自然に任せていて人が変わることはないので、人の変化には意識的な行為が必要となります。

 例えば、会社で今まで手作業でやっていた業務を、PCを導入して便利にするというような小さなことでも、今までの手作業に慣れていた人達から大反発に合います。特に、従来のやり方で利益を得ていた人や、周囲の人から一目置かれていた人などは、その場所を失うと困るという気持ちから、必死で抵抗してくるでしょう。抵抗してくる人達は徒党を組んで改革者を一斉に敵視し、時に、邪魔や攻撃をしたりもするのです。

 そんな中で進めていく、従来のものを破壊し、そこに新たなものを作り上げる(スクラップ アンド ビルド)行為が改革で、それには強固な目的と、膨大なエネルギーが必要となるのだということは、なんとなく想像していただけるでしょうか。作り上げる為だけでなく、壊すためのエネルギーも必要になりますので、私(そらまめ)は、何かを作り上げるよりも、改革の方が、倍くらい大変なのではないかと思っています。

 そして、改革が成功すれば、改革者は一躍ヒーローとなりますが、失敗すれば反逆者となり、処分・処刑されたり、裏切者として大きなそしりを受けることになります。時代の変わり目に登場し、ヒーローとなった幕末の志士や、謀反を起こして敗れ去った人達をイメージしていただければ、お分かりいただけるかと思います。
 

 さて、今年は、改革のエネルギーが流れています。今のままではダメだと、多くの人が感じ、自分が変わろう、物事を変えて行こうと思うようになっていくのだと思います。そして、現実に即した、今までなかった発想が生まれたり、新たな技術が開発され、それを実行していきます。

 実行の過程では、冒頭のような抵抗や邪魔など、様々な問題が起きてくるでしょうが、それに創意工夫をしながら取り組むことで、さらに新たな技術を生み出し、それらをどんどん形にしていくのだと思います。今迄のやり方や、古典的なものを大切にする気持ちはあるものの、すでに時代にそぐわなくなっているものは、今の時代に合わせて新たに作り替えて行かなければ、未来がないのです。
 

 また、今年は、物事を隠せなくなるようです。様々なことが明るみに出て、隠していても仕方がないと思うのか、全部さらけ出して楽に進みたいと思うのかは分かりませんが、情報の暗部が取り除かれ、正確な情報が行き渡るようになるのだと思います。

 今年手がける改革は、単独ではできないことから、人と連帯して行っていこうとするようです。そのため、人間関係にも気を使いますが、気を使うと言っても、自分をなくして人に合わせたり、傷つきやすい人に遠慮するような気の使い方ではなく、正確な情報を行き渡らせ、多くの人が同じ方向を向いて歩んでいけるような気の使い方なのだと思います。その際、協力者に不信感を抱かせないために、事実や本心を隠さず、開示していくのではないかと思います。(そこを隠すと、人の協力は得られません。)
 

 いずれにしても、改革が淡々と行われるようなことはなく、世の中は大混乱となるでしょう。その際、自分の身の振り方を助けてくれるのが、あらゆる分野の知識や知恵を得て、流行や、嘘の情報や、人の感情に左右されなくなった、強くて冷静な知見なのではないかと思います。

 今日では、SNSから情報を得ることも多いと思いますが、人は自分と同じ意見の人をフォローし、異なる意見を持つ人をフォローする事はあまりないのではないかと思います。また、人工知能が選択し、オススメとして表示される情報も、自分の意見と似たようなものばかりだったりします。すると、反対意見は目に入らなくなるため、自分の意見こそが正しいのだと思ってしまいがちですが、決してそんなことはありません。

 また、インターネット上の広告も、自分が興味を持った分野の広告ばかりを流してきます。以前、私は、『薄毛』と『3Lサイズ』について、同時期に調べていたことがあります。すると、PCは私のことを、薄毛で巨体の男性と認識し、しばらくそういう人が興味を持ちそうな広告ばかりが流されるようになったことがあります。

 このように、入って来る情報には、偏りが生じます。そのことを意識した上で、偏りのない、あらゆる分野の知識を収集するよう、心がけましょう。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 何かが新しく始まり、もう元には戻りません。目的がないと、自分の意図しない方向へと押し流され、時代に翻弄されることになります。

3月 現れて来る問題に取り組み、未知の分野を切り開いていきます。企画力があり、立てた企画に沿って物事を進めます。

4月 起きて来る問題に対処する中で新たな何かを生み出し、その基礎になる部分を手がけて行こうとするでしょう。目の前にある問題から逃げずに取り組むことで、精神性も向上します。

5月 古いものに見切りをつけ、新たな活動を始めますが、まだ始まったばかりなので行動はチグハグで、考えが纏まらず、混乱が生じるでしょう。 

6月 夢や願望が、実力以上に広がっていきます。今まで手がけたことのない分野に手を広げようとします。非常識とも思える行動もしそうですし、想像以上に大きく広がる何かに翻弄される虞があります。冷静さを心がけて下さい。

7月 問題がいつまでも長く、くすぶり続けます。

8月 衝撃的な出来事が起こり、考え方が大きく変化し、それによって行動も変わります。今までとは全く違ってしまうほどの、激変です。

9月 結果が出ます。努力してきたことがあれば、良くも悪くも、それが実を結び、その後の道筋となっていくでしょう。悪事を重ねて来た人は、悪の華を咲かせるかも知れません。いずれにしても、過去の行いが問われる時期です。

10月 今まで出会ったことのない、様々な分野の人たちと交流し、考え方が変わっていきます。しかし、現実的な範疇から脱することはありません。

11月 新たな何かが始まりますが、始め方にこだわりそうです。

12月 問題を解決するべく、大きな改革が行われます。多くの人が流れに身を任せ、冷静に受け止めるでしょう。

1月 決まったことに従って、計画的に物事を処して行きます。
 

 そして、2023年は、今年切り開かれた新たな流れに沿って、皆が協力して物事(改革)をゆっくり進めていく年になるようです。
 

※クリックで、各性質の年占いにジャンプします。

甲木  乙木  丙火  丁火  戊土

己土  庚金  辛金  壬水  癸水

  ご自身の性質を調べたい場合は、基本性質早見表をお使い下さい。

※この占いは、あるルールに従って作成しています。なぜ、この様な事が言えるのか、詳しく知りたい方は『算命学を学ぶ』をご覧下さい。

↑TOPに戻る
 

甲木:こうぼく

甲木

 今まで日本で白米に味噌汁、焼き魚という朝食を食べていた人が、欧米に暮らすうち、パンにスクランブルエッグにコーヒーといった食生活に慣れ、日本に帰ってきても、日本式の朝食には戻らず、欧米式の朝食を続けるようになった、とういようなことは、よくあると思います。

 また、一度知ってしまうと、知らなかったときには戻れません。近しい者の裏切りや、勤めている会社の不正など、知らなかったときには何も思わなかったことが、知ってしまった以上はどうにかせずにはいられなくなることもあります。

 このように、『知る』ことは、行動の変化に結びつきますが、時に、自分が変化するのみならず、人にも変化を促したり、改革に結びつくことも多いです。知ってしまった何かの重要度が高いと思えば、周囲を巻き込まずにはいられないこともあるのだろうと思います。
 

 今年の甲木さんは、そんな風に、知ったことから何かを変えなければと思い、現実に改革していこうとするでしょう。しかし、何かに対していきなり反旗を翻すような、無謀な改革の仕方はしません。なぜなら、甲木さんには、自分が玉砕する訳にはいかない、守らなければならない何かがあるからです。そこで、用心深く対象について観察し、状況を冷静に読み取ろうとします。それにあたって証拠を集めたり、いろいろ調査をしますので、調べられている側は、何かを疑われ、探られているのではないかと警戒を強めるのではないかと思います。調査の段階では、思い込みや偏った意見を入れず、広平かつ正確に物事を見据えるよう、心がけて下さい。

 そして、5月以降、満を持して行動に出ます。それまでの慎重さとは打って変わって大胆に行動しますが、それは行き当たりばったりな勢いや勘に頼るようなものではなく、それまで調査したり、周辺情報について学んだことで、得られた知識と確信に支えられた大胆さなのだと思います。その行動により、今の場所から離れる人もいるでしょう。
 

 全体運のところで書いたように、改革には非常に大きなエネルギーが必要となります。それでもそれをやろうと思うのですから、相当な葛藤を感じるのだろうと思います。しかし、それを超えるエネルギーと辛抱強さを与えられているのも、今年です。改革をやり遂げるには、精神性の高さが必要ですが、改革を進めるにつれて、さらに精神性も高まるのだと思います。まだ見ぬ改革の結果を見据え、しっかり取り組んでいただきたいと思います。
 

 一方、目的もなく、自力で乗り越える覚悟もない甲木さんは、今年濁流に呑み込まれ、翻弄されることになると思います。次々と明らかになる問題にいちいち振り回され、生活が安定しないでしょう。そうならないためにも、今、人生を人任せにせず、自分で舵取りをする覚悟を決めておきましょう。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 自分の進む道が二つに分かれます。どちらに進んでも良いですが、自分で選ばねばなりません。起きてきた出来事を受け止め、慌てず、目の前のことを観察して、決めるでしょう。このとき、目的があれば道を選べますが、目的を持たない人は自力で進む道を選べず、翻弄されていきます。

3月 思ったように行動できず、精神が錬磨されていなければ、強いストレスを感じます。自分は正しいという確信があり、人の言うことに耳を傾けません。我慢強いですが、限界を超えるとキレます。お金儲けはできそうです。

4月 人を信用出来ず、思っていることを周囲に伝えません。世の中が不安定だったり、生活に困窮しても、動じず淡々と、質素にやるべきことをやっていきます。忍耐力と粘り強さがあります。

5月 動乱の世の中にあって、英雄的な存在になるようです。経済観念に欠けるため、こうと思えば莫大なお金を使ってでも、事を起こします。

6月 新たな未来を切り開くため、激しくエネルギーを消耗します。精神が錬磨されていない人は、精神疾患を引き起こす可能性がありますので、気をつけて下さい。また、くれぐれも突発的な事故を引き起こさないよう、落ち着いて行動するように心がけて下さい。

7月 向上心があり、現状に満足しません。安穏とした生活に苦痛を感じ、どこかへ行きたくなったり、何かを始めたくなるでしょう。

8月 世の中が大きく揺れ、冷静でいないと、振り回されます。人を助けたいと思いますが、目の前の一人の人を助けるために、多くの犠牲を出すようなことにもなり兼ねません。しかし、確固たる目的があり、冷静さを保てる甲木さんであれば、犠牲を出すことなく、人を助けることができます。

9月 社会的な何かを変えようとしますが、同時に家庭のことも考えなければならないようです。

10月 決断が早く、物事に的確に対処します。自分が行ったことが原因となり、周囲が大きく変化していきます。

11月 それまでうねっていた周囲の状況が落ち着き始め、それに連れて、甲木さんの気持ちも行動も落ち着いていきます。たとえ状況が落ち着いても、学ぶことはやめず、新しい知識を得ようとします。

12月 今まで行動し、状況を変化させた甲木さんは、精神性が一回り向上していることと思います。そこで新たに冒険の旅に出ようとする人もいるでしょう。また、今迄のことを引き継いだ上で、新たな改革や創造に着手する人もいるでしょう。

1月 勉強を続けたことで、今あるもののおかしさに気付くようになり、指摘して正そうとします。
 

 10月頃まで、かなりのエネルギーを使いそうですね。
 
TOPに戻る
  

乙木:おつぼく

乙木

 算命学では、人が人格を向上させるには、苦労が必要だと言っています。つまり、苦労なくして人間性の向上はないので、人間性を向上させたければ、大変な思いをすれば良いわけです。

 ということは、自分が大変な目に遭って、それに対処している時は、「とてもそうは思えないけど、今、人間性が向上しているのだ」と、ワクワクしていれば良いということで、実際に私も、そのように考えることで困難な時期を超えてきました。つまり、困難は、人間性を向上させられるチャンスなのだということです。

 とは言え、しんどい思いをしても、目の前のその困難を解決しようともせず、目を逸らして誰かのせいにしている限り、人間性の向上はなく、その場から離れられなかったり、またいずれそのしんどいことが巡ってきます。
 

 どうしてこんな話をしているかというと、今年の乙木さんは、人間性を向上させる年のようだからです。人間性が向上するには苦が必要なので、つまり、今年はおそらく、相当苦労しますよ、ということなのです。

 家電のなかった時代と違い、今は、あまり生活自体に苦を感じることがなくなったと思います。スイッチを入れれば電気がつくし、蛇口をひねれば温かな水が出るし、欲しい情報もさほど勉強しなくても、特に工夫しなくても、苦もなく手に入るようになりました。便利さと引換えに、私たちはあまり経験を積むことができなくなりました。

 ここで、起業などしてがんばれば、たとえ失敗しても経験値の蓄積ができるのですが、がんばらなくても生きていける状況というのはある意味災難で、不便さと引換えに得られる様々な経験を放棄しているのです。これでは、成長もなく、せっかく持って生まれた能力があっても、それを伸ばすこともできません。
 

 そこで、今年は何らかの方法で、むりやり経験値を積まされることになるのだと思います。騙されたり、裏切られたりと、次から次へと様々な災難が降りかかってくるのではないかと予想されますが、それらから目を逸らさず、対処することで、着実に経験値が積み上がっていきます。そして、経験が豊富であるほど、柔軟で大きく、深みのある知恵を得て行くことになります。それらは、お金儲けなど、現実的な知恵ではありませんが、人が未来を築くために必要な、とても大切なものとなるでしょう。

 今年積み上げたそれらの知恵は、来年使うことになります。何かの参謀役として、重大な役目を担うようです。そのためにも、何としても、今年を逃げずに乗り切って、一回り大きくなって欲しいと思います。
 

 この、大変そうな一年を乗り切るために、心がけていただきたいことをお伝えしておきます。やみくもに人を信じるのではなく、しっかり人を見ましょう。人を見るときは、言葉ではなく、その行動を見るのがコツです。また、辛くてもあまり暗い顔をせず、周囲に対しては明るく振る舞ってください。おそらく、身近な人が離れなければ、困ったときに手を差し伸べてもらえるのだと思います。
 

 それでは、1年の流れです。
 

2月 昨年、行動を通して学んだ様々なことがあると思います。そのことから、何かを変えようと思うようです。

3月 あらゆる角度から、今起きていることを観察します。鋭い洞察力で、人や物事の裏に隠れた部分を読み取り、裏で何が起きているのかを察知します。それらを踏まえた上で、バランスを取ります。

4月 家族や仲間からの協力が得られず、自己保身に走りがちです。

5月 これから起きることを予測し、タイミングを読み、自分でどのように生きていくかを選択します。一人で歩んで行くも良し、集団でやっていくも良しです。明るく振る舞いますが、心の中はしんどいかも知れません。

6月 人を理解し、信じようとします。もしかしたら、あえて信じようとしなければならないような、疑いを感じているからかも知れません。

7月 一人でやっていることに、周りが興味を示します。聞かれれば教え、それによって聞いた人たちが変化するかも知れません。

8月 人も物も、いつか使えるかもと、来るものは拒まず受け入れ、何でも集めておきます。企画力があり、一攫千金を狙う人もいるようです。

9月 来るものを何でも拒まず受け入れた結果、騙される人もいそうです。物騒な世の中となり、優しさや欲につけ込まれて、大変な状況に置かれる場面があるかも知れません。

10月 先月騙されたことにショックを受け、このままではイヤだと何かを変えたいと思うかも知れませんが、なかなか動き出すことができません。クヨクヨしてしまう人もいるかも知れません。しかし、この経験が後に生きるので、前を向いて進みましょう。

11月 自分の持っている技術や知識をブラッシュアップして、人に提供するでしょう。

12月 閃いたことを、現実の世界でやってみようとします。長い時間がかかっても、やり遂げようとします。

1月 目的が定まりそうです。豊かな経験値に裏付けされた自信があり、決して慌てません。
 

 そして2023年は誰かの参謀役となり、用心深く大胆に、裏で支えて行きます。
 
TOPに戻る
 

丙火:へいか

丙火

 今年の丙火さんには、戦いの星が回っています。戦いと言うと、喧嘩や争いをイメージするかと思いますが、スポーツやゲームなども戦いです。また、営業に回るのも、ガンガン仕事をするのも、戦いの星の範疇です。つまり、戦いの星は『動』の象徴ですので、この星が回ってきたときは、とにかく大きく動くことになるのです。

 また、自分の考えで何かを仕掛けるよりも、誰かの指示を受けて、それを実行する方が、物事が上手く運びます。その時、あまり自分の意思はなく、人を信じてすぐに行動するので、『誰の指示を受けるのか』が非常に大切となります。なぜなら、指示を与える人が間違っていれば、間違った方向にどこまでも突っ走ってしまい兼ねないからです。
 

 今年、丙火さんは、今までより一段上の戦いに挑むことになるのだと思います。会社員であれば、会社から命を受けて、難易度の高い業務に取り組むことになったり、役職が上がったりというような感じです。スポーツ選手であれば、上位リーグに上がる等、今まで戦ったことのない強いチームとの試合が組まれるかも知れません。また、裁判をすることになったり、だれかとのトラブルを抱えて、解決に向けての行動を始める人もいるでしょう。

 目の前にやるべきことが現れれば、あれこれ考えず、即座に「やるぞ!」と、気合いを漲らせます。初めてのことなので、緊張感もありますが、真面目に真っ直ぐに、少しワクワクしながら、それに取り組むのです。
 

 また、今年の丙火さんが何かをすると、その結果は、バランスの取れたものとなります。挑んだことに勝利する、あるいは成功するのかも知れませんし、たとえうまくいかなくても、次に進むための経験や、チームの絆など、手に入れるべき大切な何かを得られたり、そもそもが無謀な戦いや、勝っても結果的に全体のマイナスとなるような戦い(勤めている会社が悪事を働いているなど)であれば、バランスを取って負けるのです。

 ですので、やって損なことは何もありません。自分を守ることなど考えず、たとえ立ちはだかる敵(目標)が巨大でビビりそうでも、ひるむことなく果敢に挑戦を続けていただきたいと思います。
 

 最後に、特に女性の丙火さんへの注意点をお伝えしておこうと思います。今年の丙火さんには「私が何とかしなければ!」と、思ってしまうようなところがあります。目の前に、かわいそうな人や困っている人がいたら、「私が助けてあげなければ!」となるのです。また、どうしても、表面的な格好良さや容姿に惹かれてしまいます。つまり、ダメンズホイホイになりがちなのです。まともな男性であっても、丙火さんが『この人を支えなければ』という気持ちで付き合うと、ダメンズへと変化していきます。

 ですので、どんなに魅力的に感じたとしても、周囲の人が反対するような人とは距離を置くように気をつけ、くれぐれも、恋人や夫を、自分に依存させすぎないように注意して下さい。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 ドキドキしながら、初めてのことに挑戦します。何かをより良くしようと、行動を開始します。女性は姉御肌で、サバサバした雰囲気を纏っています。

3月 自分が憧れる人のように、憧れられる存在になりたいと思います。常に格好良さを意識します。精神的に安定しており、孤独に強く、単独行動を望みます。

4月 好奇心と決断力とガッツがあり、的確に状況を把握しつつ、挑戦を続けます。自然体で、来るものは何でも引き受けます。情愛に溺れると、身を持ち崩すので注意して下さい。

5月 冷静さが出て、落ち着いてきます。機転が利き、その場その場で知恵を働かせて、物事を進めていきます。

6月 自分の気持ちを隠せず、正直に生きようとします。一本気な性質が表れ、物事を一人でどんどん進めていきます。

7月 仕事の目的のみにフォーカスするようになり、周囲の人や家族の気持ちなどに目が向かなくなります。独裁的になりがちで、周りの人を自分の仕事に巻き込みます。

8月 先月までの豪放さが消え、ゆったりと、気品が漂うようになります。人間関係が広がり、目的を果たすために必要な財を形成できる時です。

9月 葛藤が行動に表れ、無駄な行動が増えます。孤独を感じやすく、怠けていると、心身が病みかねません。

10月 自分のペースが掴めてきて、落ち着きと、元来の明るい庶民性を取り戻します。気取った場所や裕福なメンバーに囲まれていると、息苦しく感じそうです。

11月 考えずにとっさに行動するので、人に乗せられて騙され易くなります。また、家庭のことで忙しくなります。過去に外のことばかりに目を向けて、家庭を顧みなかった人は、家庭の問題に向き合わざるを得なくなるかも知れません。

12月 冷静に周りの動きを見極めてタイミングを図り、進退自在にバランスを取るような動きをします。それによって、激しく行動したかと思えば、まったく行動を止めたりしますので、周囲は混乱し、動きを読むことも理解することもできません。

1月 先月行ったことで成果を出し、地位が上がる人もいるでしょう。名誉を与えられれば、遠慮なく受け取ります。
 

 9月頃までは一生懸命働き、それ以降はその成果を刈り取る時期のようですね。今年丙火の女性は、戊土の男性には注意した方が良いかも知れません。
 
TOPに戻る
 

丁火:ていか

丁火

 お金が入ってきたり、地位や名誉が上がったりするのは、人が欲しがるものを提供できた時で、それを提供できずして、自分のポジションが上がることは、ほとんどありません。丁火さんは、今まで努力し、勉強したり技術を磨いたりして、人に提供できるものを身に付けてきました。それを周りの人に提供することで喜ばれ、一目置かれるようになったのではないかと思います。

 中には、名が広く世に知られた丁火さんもいるかも知れません。そうなると、丁火さんの提供できるものを欲しがる人が、たくさん現れるだろうと思います。そして、丁火さんも求めに応じて、自分が提供できるものは、快く差し出すのだと思います。
 

 しかし、人は、自分が経験したことのある範囲のことしか理解できないのです。例えば、料理一つをとっても、栄養バランスを考えて献立を立て、食材を購入し、それらを移し替えたり保存しやすく整え、野菜を洗い、皮をむき、カットするなどして準備し、調理し、盛り付け、食後には食器を洗い、乾かし、食器棚に収め、炊事場や食卓の掃除をし、パックや生ゴミを捨てるというように、様々な工程がそこには生じます。しかし、料理を作ったことがなければ、分かり易く目に見える『調理』しか認識できず、それ以外の様々な細かなことにまで、想像が及びません。

 同じことがその他のどのような分野にもそれぞれあり、人は自分の経験した分野のことは、細かな工程があることを理解しますが、未経験のことは、イメージすらできません。
 

 また、熟練した人は、物事を簡単にこなします。人が通常1時間かけてやる作業を、10分でこなしたとすれば、簡単そうに見えるかも知れませんが、そこには50分短縮できるだけの、過去のコツコツとした積み上げや努力があり、また、無駄は極限まで省かれており、だからこそ、早く成し遂げられ、そして、簡単そうに見えるのです。しかし、あまり経験値のない人は、その工程や積み上げを理解できず、その人にとっては本当に簡単なことなのだろうと思ってしまいます。
 

 そのように、丁火さんが提供するものの裏に、どんなに面倒で大変な工程や努力の積み重ねがあったとしても、受け取る方は簡単に欲しがるばかりで、それを当然と受け止め、それに見合った感謝をしません。

 丁火さんは、その事実に傷つきながらも、言ったところでどうせ理解できないことも分かっているので、相手に相応の感謝を求めたりはしません。しかし、経験値のある丁火さんには裏側にあるものが理解できるので、自分が人から何らかの提供を受けたときには、相応の感謝を表すのです。
 

 もしかしたら、人は、丁火さんから提供されたものを、平気で自分の手柄にしようとするかも知れません。これは自分がやったのだと発表したり、丁火さんの名声を、虎の威を借る狐のように使ったりするわけです。

 人の良い時期ですが、あまりにひどいときには、法的な措置を考えた方が良いかも知れませんよ。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 無欲に、ただ与えられた役目を果たそうとします。

3月 精神的に安定しています。流れに逆らわず、大きな目標に向かって、行動計画を立てます。自分のイメージする、なりたい姿を夢見て、がんばろうと思います。

4月 落ち着きがあり、自分は出しゃばらずに人をうまく指導し、後進を育てます。伝統を大切にする気持ちがあり、企画力もあります。

5月 伝統を大切にしつつ、新たな分野も切り開こうとします。何かを改革したい場合は、それに着手するだけの、忍耐強さや柔軟性もあります。

6月 上司と部下の間に入ったり、仲間のために一肌脱いで、集団を安定させるべく、バランスを取ろうとします。会社と役所の間に入って調整するようなことも、あるのかも知れません。

7月 ファイトがあり、目的を最後まで果たそうとします。メラメラと闘志が漲り、気合い充分です。

8月 人の気持ちにいち早く気付き、寄り添います。明るく振る舞って相手を勇気づけたり、温かな気配りをするでしょう。もしかしたら、身近に辛い思いをしている人がいるのかも知れません。

9月 周囲のバランスを取るべく働きかけ、そのおかげで集団は纏まります。子供っぽい無邪気さがあり、何をしても許されてしまいます。

10月 全く抵抗せず、体制に従います。危険から逃げるのが上手く、組織内での自己保身が巧みで、だれからも攻撃されません。

11月 大きな集団で実直に宮仕えをします。品が良く、集団の中で人と人を取り持つ役目を果たします。上手く世の中を渡るため、八方美人になる人もいるでしょう。しかし、商才はありません。

12月 後先を考えず、瞬間的に体が動いてしまいます。何の準備もせず、何かに戦いを挑んだりしそうです。怒りや正義感から行動を起こすのかも知れませんし、恥をかいて、カッと逆上するのかも知れません。

1月 役目を終え、これで良かったのだろうかと、自身の行動を顧みます。
 

 周りの人たちの為に働く一年間のようですが、自分の気持ちも大切にしましょう。
 
TOPに戻る
 

戊土:ぼど

戊土

 今年の戊土さんは、人から好かれたいと思うようです。そして、人から好かれるために何をするかというと、オシャレに気を使うのです。なぜなら、子供っぽい気が巡っていて、子供は見栄えの良い人が好きだからです。

 私は以前、見栄えの良い人が好きなのは、中学生や高校生など、青少年期の人だと思っていました。子供は美醜にはあまりこだわらないのではないかと思っていたのです。しかし、小学校低学年の子供達の反応が、しっかりお化粧をしてオシャレをしているときと、身なりに気を使っていない時では丸っきり違うことに気付き、子供は見てくれで、かなり好き嫌いの判断するのだと知ったのでした。そして、確かに、私も子供の頃、母親が綺麗にしていると、嬉しかったのを思い出したのでした。人は根源的に美しいものが好きなのだと思います(成長するにつれ、美醜以外の価値観を持つようになるのでしょう。もしかしたら、今の見栄えに重きを置く風潮は、人があまり成長しなくなった現れかも知れません)。

 自分が見栄えの良い人が好きなのであれば、人から好かれようとするときは、自分の見栄えを良くしようとします。なので、子供っぽい気と、人から好かれたい星の巡る戊土さんは、今年きっと、オシャレをしようとするだろうと思うのです。
 

 さて、どうして人から好かれたいのかと考えると、注目を浴びたいからです。アイドルのように、チヤホヤされたいのです。自分も人のことを好きになりますが、相手はコロコロと変わり、しかも、一人とは限りません。その時の自分に正直なので、人を好きになればすぐに意思表示をします。そして、相手も自分のことを好きになってくれるに違いないと思うのです。

 外見的な魅力を磨き、そして、深く付き合うつもりはないので外から見た印象の良い人を好きになり、多くの人から好かれたいので八方美人となる、それが今年の戊土さんです。
 

 しかし、実際に、恋愛に大いに興味のある若者であれば、この姿は自然でもあるのですが、ある程度年を重ねた人がこのような行動をするのは不自然です。なので、このようになる時はどういうシチュエーションかを考えると、人に対する自分の印象を良くしたいときなのだと思います。なので、思いつく例を挙げておきます。

  • 新たな環境がスタートする:周りの人たちとうまくやっていく必要があります。
  • 面接を受ける・選挙に立候補する:他人から選んでもらう必要があります。
  • 誰かに何かを伝えたい:話し手の姿がみすぼらしいと、せっかくいい話をしても信憑性はなく、人に話を聞いてもらえません。
  • ステージに上がる、YouTuberになるなど、人前に出る:一人でも多くの人に気持ちよく感じていただき、ファンになって欲しいですよね。

 こういったことが、今年、戊土さんの身に起きることになるのではないかと思います。今までなかった新たな興味に、楽しくチャレンジしてみると良さそうですよ。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 要領はあまりよくありませんが、自分の望みを叶えるために、信頼される人物になろうと、コツコツと努力します。一方、ヒモになりたい男性なども、女性に好かれるように、尽くすでしょう。

3月 人気を集め、八方美人となります。オシャレに気を使います。自制心に欠けますので、パートナーのいる人は、色恋沙汰に注意して下さい。人から好かれるので、寄ってきた人同士の仲を取り持ち、そこから自分の利益を作り出すこともできます(仲介の才)。

4月 目的に向かってアクセルを踏みます。ハッキリした物言いですが、穏やかで多くの人から理解されます。好きな人にアタックする人もいるでしょう。

5月 一転、落ち着きます。大人の雰囲気を醸し、何事にも用意周到に取り組みます。

6月 困っている人を全力で助けようとします。戊土さんは助けたい一心ですが、好意を逆手にとって騙されたり、勘違いされたりする恐れもありますので、気をつけましょう。

7月 年配者に話しかけられ、相手の話を聞き役に徹してしっかりと聞き、落ち着いてじっくり考えます。そして出しゃばることなく、経験から感じたことを話します。アドバイスするのかも知れませんし、反対に戊土さんが諭されるのかも知れません。

8月 構想を練りますが、考えた事を人に話さず黙っています。そして、相手が引くタイミングを見計らい、強く押し出します。

9月 人が好きで、老若男女に関わらず、また、損得勘定なく、皆に平等に接し、和をもたらします。自分にはその意識はなく、自然に利益を生み出していることもあります。

10月 落ち着いていて、精神的なバランスが取れています。人を説得したり、争いを仲裁するなど、人の和を保つことができます。

11月 戊土さんの考え方や行動が、無意識に周囲に影響を与え、多くの人が自然に感化されていきます。独特な感性が、人に奉仕する時に活かされます。

12月 努力してきた人は、信頼を得られるようになり、人が集まってきます。努力しなかった人は、何でもかんでも一度に集めようと、一攫千金を目指すでしょう。

1月 与えた愛情が自分に返ってきて、多くの人から好かれます。
 

 がんばればがんばっただけ、人気が出そうですね^^
 
TOPに戻る
 

己土:きど

己土

 算命学では、「器が空になると、次のものが入って来る」と考えます。例えば、宴会などで、グラスに注がれたビールを飲み干すと、近くの人が新たにビールを注いでくれます。そのように、器を空にすることで、その器が本来持っている引力が働くようになり、新しいものが自動的に入って来ると考えるのです。

 また、注がれるものは、器に見合ったものです。ビールグラスにはビールが、ワイングラスにはワインが注がれます。もしかしたら他の何かが注がれるかも知れませんが、いずれにしても液体である場合が多く、用途を逸脱したものが入って来ることは少ないです。

 そして、人間の場合の器とは何かというと、肉体です。行動して行動して、中身であるエネルギーを消費して、ヘトヘトになって、もう絞り出せるものもなくなってしまったとき、次のものが入って来ます。その、新しく入って来るものは、それまでより一段高いレベルのものです。(物事はらせん状に進んでいくので)人は苦を味わわずして、人間性を向上させていくことはできないのです。(乙木を参照して下さい)
 

 さて、今まで己土さんは、誰かに対して、自分の持っているものを与えてきたのではないかと思います。そして、与え尽くし、受け継がせることで、一旦己土さんのエネルギーは空になります。それにより、空になった部分に何か新しいものが流れ込んでくるのではないかと思います。

 新たな世界へ踏み出せば、それまでとは居場所が変わります。類友(類は友を呼ぶ)という言葉のように、人は自分と居場所が同じところにいる人としか、関係を築くことができません。

 己土さんが一段上に上がってしまったことで、それまで関係を築けていた人やものが、離れることになるかも知れません。そこで、己土さんは去る者を追わず、諦めよく手放していくのです。おそらく、関係を続けても良いことはなく、お互いに苦しくなることが、想像できるからだと思います。

 もしかしたら、離婚するなど、家族と離れることになる人もいるかも知れません。その場合でも、財産などは離れて行く家族に与え、執着しないようです。

 そして、空いた部分に新しい何かが入って来ます。人間関係を失えば、そこに新しい誰かが入って来ますし、仕事を失えば、新しい仕事が見つかるでしょう。
 

 流れ込んできた新たな場所で、まっさらな自分になって、一からスタートするのですが、その際は今迄の常識は通用しなくなります。そこで、流れに逆らわず、次々と目の前に起きて来ることに向き合って行動し、様々な経験を通して、新しい場所で通用する知識や知恵を得ていこうとするのです。明るく温かく、そして臨機応変に、新しい考えを学び、取り入れていって欲しいと思います。
 

 一つ注意です。空になると何かが入って来るというのは、がんばってがんばって、エネルギーを消耗し尽くした結果のことです。それをせず、ただ離婚すれば次の相手が見つかる、仕事をやめれば次の仕事が見つかるなどとは捉えないようにして下さい。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 周囲に逆らわないので、周りの人とうまくやっていきますが、一方で、今迄の何かが終わり、一から始めることになるかも知れません。

3月 お願い上手で、人に何かを頼めば、聞いてもらえます。もしかしたら、弱っている己土さんの姿に周りが心配して、優しく言うことを聞いてくれるのかも知れません。

4月 会社を首にならないように上手く立ち回るというように、体制に従い、自分の居場所を確保しようとします。

5月 ヘコみそうなことがが起きても、「落ち込んではいられない」と気力を振り絞り、何らかの行動に打って出そうです。

6月 企画力があり、臨機応変に創意工夫し、物事に取り組みます。目上の人も助けてくれます。

7月 向上心があり、積極的に様々な意見を取り入れ、自分を変えていこうとするでしょう。

8月 人見知りすることなく、誰とでもすぐに打ち解け、友達ができそうです。目的のある人は、焦らずじっくりと時間をかけてそれに取り組むことで、達成できる時です。

9月 小さなことから、真面目にコツコツと努力を重ね、物事を積み上げていきます。意志は固く、焦りません。がんばりましょう。

10月 貯金をします。臨時収入があっても、使わず貯金します。株や投資など、お金を増やす方法を、誰かから教わるかも知れません。

11月 お金を増やそうと、様々な方法を試します。高額な投資は、充分に気をつけて下さい。12月に大損するかも知れません。

12月 今迄のものを、一気に失う可能性があります。

1月 もう何も失いたくないと、今あるものを大切にしようと思うでしょう。
 

 5月と12月の2度、何かを失いそうですね。出来ることを精一杯やっていれば、後で何かが入って来ますよ。がんばって!
 
TOPに戻る
 

庚金:こうきん

庚金

 何かを守ろうとすると、行動しにくくなります。人が守ろうとするものは、家族だったり財産だったり自分の評判やプライドだったりと様々ですが、何も守るものがない人には、失うことを恐れずどんどん行動できるという、素晴らしい特権があります。しかし、行動して何かを手に入れ、それを守ろうと思うほどに、動けなくなっていくのです。

 今年の庚金さんは、何か新たな価値観を手に入れて、「自分はありのままでいいんだ、何も守る必要などないのだ!」と気付いたり、あるいは、「自分には何も守るものがなかったのに、何を守っていたんだろう?」と我に返るというようなことが起きるのではないかと思います。もしかしたら、守るべきものそのものが、なくなってしまうのかも知れません。
 

 その境地に至るまでは葛藤もあるかも知れませんが、守ろうとする気持ちから離れることで、今までしがみついていた固定観念を手放し、考え方やものの見方が変化します。すると、行動することが、どんどん楽しくなってくるのです。

 何らかの結果を得られなくても、行動してただ経験するだけでワクワクします。どこかに出かけるだけでも嬉しいし、変化することも楽しくなります。今は動乱の時代ですが、『動』自体を楽しく感じるので、動乱そのものを楽しめるようになって来るのではないかと思います。これは強いです。
 

 たがが外れたように、楽しく様々なことに取り組むので、経験値もどんどん上がっていきますし、自分を守らないことによって心がオープンになるので、以前よりも多くのことに気づくようになります。一つの物事を見ても、そこから受け取れる情報量が格段に増えるのです。

 それにより、鋭い勘が働くようになり(第六感のようなものではなく情報量の多さによるもの)、物事の裏側に隠れている真実や、人の本心や嘘なども見えるようになり、騙されることもなくなります。つまり、自分を守ろうとしなくなると、騙されにくくなるのです。
 

 また、たくさんの経験から物事の道理が見えて来て、人の考えていることもわかるので、他人の行動を読めるようになります。それで、相手の求めるものを提供できたり、センスが磨かれ、多くのひらめきが起きるのです。そして、ひらめけば即座に行動に移し、また経験値を重ねていくというわけです。動の状態を楽しく感じ、自らやりたいことなので、疲れ知らずで相当な行動ができることと思います。

 こういう1年ですので、今年の庚金さんは、やりようによっては大変活躍することになります。多くの人の役に立ち、喜ばれるよう心がけると、より活躍できると思います。また、楽しく経験を重ねると共に、常に自分をブラッシュアップさせる意識を忘れないで欲しいと思います。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 のんびりしているように見えても、神経は敏感で繊細です。無欲で勘が鋭く働きます。

3月 大らかに見えますが、周囲の空気を敏感に察知し、人が気付かないことにも気付いています。気持ちが変化しやすい時です。

4月 お人好しで、多くの人から好かれ、庚金さんも、誰に対しても等しく愛情を注ぎ、和を保ちます。庚金さんの行動によって多くの人が感化され、何事かが起きていきます。

5月 家族を大切に思い、自分ががんばらねばと、目の前のことに力を尽くします。真面目に行動するので、信用を得られそうです。

6月 活躍するのに気品もあり、何をしても目立ちます。人間関係が広がるでしょう。

7月 周囲が弱気になっていれば「がんばろう!」と鼓舞し、血気盛んになっていれば「まぁまぁ」と落ち着かせたりと、バランスを保とうとします。

8月 ストレスが行動に表れ、突然用心深くなったかと思ったら、大胆な行動に出たりと、動きが読めず、周りは混乱するかも知れません。しかし、この行動は、新しい未来を切り開く原動力となりそうです。しかし、突発的に行動をすると、出会い頭の事故や突然死に繋がることもあるので、くれぐれも気をつけて下さい。

9月 普段はとても冷静で論理的なのですが、利害が絡んだり傷つけられたときには、瞬間的にカッとして、一時の激情に駆られた判断や行動をしてしまいます。

10月 温厚で、精神的に充実しています。生き急ぐことがなく、急激な時代の変化には、うまく対応できないかも知れません。

11月 話の合う人たちと、ちょっと非現実的かも知れない夢について語り合います。

12月 第六感(と思えるが、実は洞察力)が働き、未来を予知します。感覚は鋭いですが、体力はなく、疲れ易いです。

1月 感受性が豊かで、物事を深く読み取ります。人から好かれそうです。
 

 守るものを失うことで、飛躍する年になりそうですね。失うことを恐れないで欲しいと思います。
 
TOPに戻る
 

辛金:しんきん

辛金

 人は、過去に自分が蒔いた種を必ず刈り取ることになります。しかし、実った果実を見ても、蒔いた種がどのようなものか、自分のどのような思いや行動が、この実を結んだ(結果となった)のか、分からないことも多いです。人から信用されなかったり、騙されたり、不運を味わうのも、結局のところ自分の中の何かによって起きることなのですが、それが分からなければ、誰かや世の中のせいにしてしまいがちです。
 

 今年、精神性が練られていない辛金さんは、不本意な実を収穫するようなのですが、それが自分が引き金になって起きているとは思えないようです(未熟だから)。それで、どうして自分ばかりがこんな目に合うの?と、ふてくされるような気持ちになります。そして、恨みがましい気持ちで人に接するので、対応がおざなりになり、言うことがコロコロ変わったり、態度を明確に決めなかったりします。それによって、さらに人からの信頼を失って行くようなのです。
 

 不本意な結果が起きて来るのは、人に見せる顔や言葉と、本心が違うからです。本当はイヤなのに良い顔をしたり、好きなのに嫌いと言ったり、できないのにやりたいと言ったり、やってないのにやっていると言ったり、知らないのに知っていると言ったりと、思いと言葉と行動が、行き当たりばったりでチグハグなのです。そんな言葉に振り回される周りも混乱しますし、辛金さん自身も、いい加減なことばかり言う自分のことを信じられません。

 そんな感じなので、人からも距離を置かれるのですが、それを自分が招いているとは思えません。そして、世の中は矛盾ばかり、イヤなヤツばかりだと感じ、世の中に対して敵対心を持つようになり、関わる人とは誰とでもぶつかるようになっていくのです。
 

 しかし、あまりにストレスが激しく続くと、さすがに、「あれ?もしかしたら、問題は自分にあるのでは?」と思い始めます。そして、考え方が反転し、柔軟になり、行動も変わっていくのではないかと思います。

 つまり、今年の葛藤やイライラ、人に対する敵対心は、自分を変化させるために必要なものなのかも知れないということです。
 

 ここまでの内容は、未熟な人のことで、精神性が相当練られている辛金さんは、二枚舌を上手に使い、敵対する二つのものの仲立ちをし、一つの道を作り上げることができます。そしてそれが、世の中を変えるきっかけとなるようです。おそらく、敵対する二者間で一触即発!というような状況のときに、何とか話をまとめ上げるような重要な役目を担えるのではなかろうかと思います。
 

 精神性の高い人と低い人で、大きく差が出る今年の辛金さんですが、精神性が低い人であっても、高めようと努力を重ねることで、素晴らしい感性が身につくようです。精神性を高めるためにやることは、目の前に起きて来ることから目を逸らさず、主体的にコツコツと乗り越えるだけです。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 状況がめまぐるしく動き、現実的な感覚がなくなっていきます。学術や宗教の分野では、才能を発揮します。

3月 目に見えない何かを感じ取ります。勘が鋭く、先々のことが読めるでしょう。

4月 プライベートでこれからお金が必要になると予測し、貯め込むようです。

5月 人に優しく、貯めたお金を人の為に使います。自分の手元には残らないかも知れませんが、相手からは感謝されます。

6月 高い理想を持ち、俗世間から離れて自分の志を守ろうとします。

7月 自分にも他人にも負けたくありません。人の見ていないところで、こっそり努力します。

8月 我慢強いですが、限界を迎えると爆発します。誰にも止められません。

9月 世の中に違和感や理不尽さを感じ、変えて行きたいと思います。現状を何とかしようと、大胆な行動に出るかも知れません。

10月 目的があり、個性的な集団や仲間に力を貸します。参謀役を務めるかも知れません。

11月 孤高の精神があり、誰の力も借りず、自分の立場を守ります。孤独でも、毅然としています。

12月 大切なことに気付き、初心に戻ります。優秀かつ真面目な雰囲気で、周囲は近寄りがたく感じます。

1月 柔軟さが出て、人や物事に対して素直になり、自然体でいられるようになります。過去に起きたことも、未来がどうなるかも気にせず、今のことだけを考えられるようになります。
 

 12月頃に変化がありそうですが、それまでは、苦しいことが続くかも知れません。自分自身を信じられなくなると、人のことも信じられなくなり、また、人からも信じられず、物事が上手く回らなくなりますので、できるだけ常に本心を口にするよう、心がけてみて下さい。
 
TOPに戻る
 

壬水:じんすい

壬水

 今年の壬水さんは、自分が守るべき範囲内で未来の青写真を描きます。自分の守るべき範囲というのは、会社員であれば与えられた裁量の範囲ですし、主婦であれば責任を負う家族の範囲ですし、学生であれば自分や友人の範囲ですし、社長であれば自分の会社のことですし、総理大臣であれば国家ということです。

 その範囲の中で、今まで手がけたことのない、新しいやり方を導入するために、関係者で話し合います。経験のない未知の分野なので、データもなく、上手くいくかどうかも分かりません。なので、イメージを膨らませつつ、慎重に企画を立てていきます。
 

 これはどうだろうと思えばちょっとやってみて、上手くいきそうであれば先に進み、失敗しそうであれば他の方法を探し、また、シミュレーションするなど色々と模索して、何度も何度も計画を練り直します。その際は、個人的なことや、集団のことなど、いろいろな観点から検討するでしょう。

 押したり引いたりしつつ、かなり慎重に進めていくのですが、それは、失敗が許されないからです。自分としては大勝負となり、おいそれと手をつけられるものではなく、失敗は大きなダメージへとつながり、なかなか立ち直ることはできなさそうです。例えば、家庭のことであれば新居を建てる、会社であれば新しい分野に参入するというような、簡単には決められない、大きなことなのだと思います。
 

 計画の段階で、予算の都合などもあり、なかなか思い通りには運ばないことも分かりますが、壬水さんは、何とか自分の意見を通そうとします。人から反対意見を聞かされたときは、「なるほど」と受け止めますが、結局意見を変えることはありません。今年の壬水さんは、一見そんな風には見えませんが、なかなか頑固で、簡単には変われないし、変わりたくもないのです。

 いずれ、アドバイスをしても、ただ聞くだけで、採用されないことが分かって来ると、いろいろ言っていた人たちはだんだんと去っていきます。そして残るのは、壬水さんの思いを理解するか、本当にその計画を成功させたいと思う人ばかりとなっていきます。

 後に残った少数精鋭で、自分の納得のいくよう、じっくりと話し合うので、歩みは遅くても、着実に進んでいくことでしょう。
 

 最後に、計画が成功しやすくなるためのアドバイスをしておこうと思います。

 物事は自然の法則の通りに起きて来ます。ですので、現実の法則から逸脱しない範囲で考えることが重要です。自由な発想でイメージすることは必要ですが、想像力を膨らませすぎて、勝手な思い込みとなって常識から逸脱しないように、気をつけて下さい。ウルトラCや、神風が吹くことなどを、計算に入れてはいけません。

 また、今年はお願い上手で、人がお願いを聞いてくれやすい時期ですので、どうにも希望通りにならないときは、お願いすることで、案外上手くいく可能性もあることを、一応お伝えしておきます。
 

 では、1年の流れです。
 

2月 現実の未来のことについて、関係者で話合いをし、計画を立てます。

3月 目下を集めて意見を聞きます。状況に抗うことなく、皆の足並みを揃えようとします。

4月 温厚で、決して焦りません。子供達の未来を大切に考え、次代に受け継がせるものを築こうとします。

5月 第六感が働き、嘘を見抜くなど、色々なことに気付きます。もしかしたら、騙されていたことに気付く人もいるかも知れません。

6月 相手の出方を見つつ、自分の意見を通そうとします。自分をどのようにも変えることができ、演技もできるので、それを上手く使うのだと思います。

7月 未来や、次世代のことを考えて、コツコツと準備します。壬水さんが行動したことで、周囲に変化が起きそうです。

8月 自分の気持ちに正直に、真面目に行動します。一人でどんどんやります。

9月 最初の目的(夢)に立ち返り、それを達成しようと努力を続けます。俺はやるぜ的な、ビッグマウスになる可能性もあります。

10月 状況を良くしようと、逃げることなく、忍耐強く物事に取り組みます。世の中が不安定だったり、自分が貧しい時には、より力が出ます。

11月 周りの進みが早ければ自分も早く、ゆっくりなら自分もゆっくりと、時代に合わせてペース配分しながら行動するので、安定感があります。近い未来に何が起きるかを見通す目を持っています。

12月 タイミングをうまく捉え、決めた道をしっかりと歩み続けます。時に激しく、時に奥ゆかしく、意見を通そうとします。自分の利益ばかりを考えず、全体のために行動すると、物事が上手く運びます。

1月 利己的な面があり、自分が率いる集団を上手く利用して、個人的な利益を得ます。お気に入りの目下を、特別に相談に乗るなどして、贔屓します。
 

 長い時間をかけて、壬水さんは、どんな新しいものを作り上げるのでしょうね。
 
TOPに戻る
 

癸水:きすい

癸水

 今年の癸水さんは、マンネリ、馴れ合い、ネタ切れなど、現状に閉塞感を感じます。あるいは、今のメンバーだけでは、これ以上の前進・向上は見込めないと思うのかも知れません。いずれにしても、このままでは未来がないと判断し、心機一転、現状を変えるために、新しい風を入れようと、出会いを求めるのです。

 あるいは、誰かの熱狂的なファンになったり、応援したいと思う人(推し)が現れるのかも知れません。そして、自分がファンクラブのようなものを立ち上げ、メンバーを集めて運営していこうとするかも知れません。

 中には、芸能の世界に飛び込む人もいそうです。アイドルグループのようなものを作り、自分がそのマネージャー役を務めます。グループを大きく育て、売り込むために広報活動をしたりもするでしょう。
 

 さて、本来、集団を作るときには、清濁併せ呑む性質が必要となります。なぜなら、世の中には色々な人がいるので、目的を達成するためであれば、合わないなら合わないなりに、悪は悪なりに、上手に人を活用することが必要となるからです。

 しかし、癸水さんが集団を作るときは、通常とは少し違い、仲間になる人を選ぶのです。気に入らないものは気に入らないし、自分が許容出来る範囲を逸脱する人を、仲間に引き入れるようなことはありません。癸水さんの仲間作りは、誰でも良いとはならないのです。

 それは、自分が手がけられる範囲をよく分かっているからかも知れませんし、目的がしっかりあるからかも知れませんし、合わない人と付き合うストレスを抱えてまではやりたくないと思うのかも知れませんし、組織が内側から汚染されたり崩壊するのを、避けたいのかも知れません。
 

 誰でも良くはない(人を選ぶ)となると、一定数のメンバーを集めようと思えば、分母を増やす必要があります。

 そこで、「この人が良いのでは?」と人から教えられたり、紹介された人に積極的に会いに行ったり、広告宣伝をして広く募集をかけてたくさんの人を集め、その中から良いと思った人を誘い、メンバーに入れるという手法をとっていきます。

 そんな風にして、自分が選んで作ったグループのリーダーとなるか、あるいは、作ったグループを運営するマネージャー的な存在となるようです。そこには、しっかりとした目的があり、作った組織を運営し、集団の力で確実に、その目的を果たしていこうとするのです。
 

 ある目的の為に、自分の眼鏡にかなった人材を集めて組織を作り、それを運営していく訳ですが、やるほどに知恵もつき、だんだんと育成ゲームをしているような、楽しさを覚えるようになります。それを楽しんでいるうちに、その過程で得た様々な知識が蓄積されていき、いつの日か別の目的の為に、その知識やノウハウを使うことになりそうです。
 

 では、一年の流れです。
 

2月 自ら仲間作りをし、集めた仲間を率いていきます。

3月 集団のリーダーとしてがんばります。自分もがんばりますし、集団の力も充分に活用して、何かをキープしていこうとします。

4月 面接をするかも知れません。人にしたアドバイスが相手を変化させたり、集団のアドバイザーとなることで、集団に変化が生まれます。

5月 多くの人に認知してもらう為に、様々な方法で広報活動を行います。人を楽しませるような方法を考えるのではないかと思います。

6月 目的を果たそうと焦りますが、焦りは禁物です。じっくりと時間をかけて向き合わなければ、目的は達成できません。

7月 行動力があり、集団をしっかり守ります。皆から信頼され、とても好かれるでしょう。

8月 集団を維持する為に、何かを我慢するようです。状況に抗わず、ここはとりあえず長いものに巻かれておこうとするでしょう。

9月 メンバーが活躍する未来を想像し、リーダーとして相当がんばります。集団のために大勢を相手にして戦うこともあります。戦う敵が大きいため、メンバーの個人的な心情にまで意識が届かず、独裁的になりがちなので、気をつけましょう。

10月 落ち着きがあり、皆の相談役となります。相手の話をただ聞くだけでなく、知恵を使ってアドバイスをするようです。

11月 学問や芸術などの世界に、新しい何かを打ち出していきます。この時期は、経済観念に欠けるので、浪費・借金には気を付けましょう。また、つい手元にある人や組織のお金を使い込んでしまうなど、犯罪的な行為を犯す恐れもありますので、気をつけましょう。

12月 組織のバランスをとって、運営していきます。人の後押しをすると上手く運ぶでしょう。

1月 希望を抱き、皆で力を合わせて何かを変えて行こうとします。
 

 組織運営に費やす一年となり、そこから得た様々なノウハウを、2023年以降に活かして行くようですね。
 
TOPに戻る
 

 
 
 

お問い合わせフォーム
受講申し込みフォームへ