干支の解説

干支


 干支は、空間を表す「十干」と、時間を表す「十二支」を組み合わせて作られた符号で、昔の人は、それによって年・月・日(暦、カレンダー)を表していました。

 今日では、十二支と違って、干支はあまり馴染みがないかも知れませんが、少し前迄は、普通に使われていました。例えば、日本史を学ぶと「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)という言葉を聞く事があるかと思いますが、これは、1868(明治元)年に起こった内戦(旧幕府軍VS明治新政府軍)で、その年の干支が「戊辰」であった事から、その様な名称が付されたのです。

 ここでは、通常使われる60の干支(陽干支、表干支)について、算命学地法に基づく意味合い(この干支の年・月・日に生まれた人に現れるであろう特徴。算命学の思想に基づくもので、特に地法では、人間の「役目」というものに焦点を当てている。)を簡単に解説しています。
 

 * もう少し詳しく「干支」について知りたい方はコチラ

 * 自分が所有する干支を知りたい人はコチラ

 * 干支の読み方について知りたい人はコチラ

  

 尚、さる命学教室では、5コマ目「六十干支の成立論」~13コマ目「地法概論5(干支各論)」において、干支とは、そもそも何なのか、どの様に作られたのか、何を意味しているのか、どの様に用いられるのか等々、詳細に学ぶ事になります。

 

解説を見たい文字をクリックして下さい。

甲寅甲辰甲午甲申甲戌甲子甲グループ
乙卯乙巳乙未乙酉乙亥乙丑乙グループ
丙辰丙午丙申丙戌丙子丙寅丙グループ
丁巳丁未丁酉丁亥丁丑丁卯丁グループ
戊午戊申戊戌戊子戊寅戊辰戊グループ
己未己酉己亥己丑己卯己巳己グループ
庚申庚戌庚子庚寅庚辰庚午庚グループ
辛酉辛亥辛丑辛卯辛巳辛未辛グループ
壬戌壬子壬寅壬辰壬午壬申壬グループ
癸亥癸丑癸卯癸巳癸未癸酉癸グループ

第一番 甲子(こうし)

性格は、奉仕の精神を持ち、実直で、冷静で、知的ですが、一度道を決めたら、真っ直ぐにその道を行き、途中で大きく方向転換をすることができません。喜怒哀楽の感情がはっきりしています。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第二番 乙丑(いっちゅう)

性格は、鷹揚で、情が深く、柔軟な思考を持っていますが、自己中心的な所もあります。視野は広く、地に足が付いており、能く人の和を保ちます。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第三番 丙寅(へいいん)

性格は、明るく、温かく、情熱的で、実直で、奉仕の精神を持っています。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第四番 丁卯(ていぼう)

性格は、明るく、温かく、内面に少し暗い所もあるかも知れませんが、柔軟で、奉仕の精神を持ち、能く人の和を保ちます。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第五番 戊辰(ぼしん)

性格は、温厚、実直で、情に厚く、どっしりとしています。自我が強く、自己中心的な面があり、中々自分を変えられない所があります。情と理の両面を持っていますが、どちらかと言えば、情が先行します。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第六番 己巳(きし)

性格は、庶民的で、自己中心的で、明るく、温かく、情熱的で、奉仕の精神を持ちます。清濁併せ呑むような所がありますが、強い自我も持っています。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第七番 庚午(こうご)

性格は、攻撃性があり、明るく、温かく、情熱的で、奉仕の精神を持っています。しかし、傍からは、人情家である面よりも、理性的で攻撃的な面の方がよく見えます。行動的で、物事を積極的に進めていきます。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第八番 辛未(しんび)

性格は、自尊心・美意識が高く、ドライな面もあり、何事においても形を重んじ、自己中心的な所がありますが、奉仕の精神も持っています。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第九番 壬申(じんしん)

性格は、冷静で、知的で、攻撃性があり、行動的で、物事を積極的に進めていきますが、奉仕の精神も持っています。知に傾く傾向がありますが、情と理の両面を併せ持つ故に、複雑な内面となります。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第十番 癸酉(きゆう)

性格は、冷静で、知的で、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘り、ドライな所があります。奉仕の精神、情も持っていますが、智に傾く傾向があります。人生の役目は、学んだことを生かして、何事かを変え、あるいは、新しいものを創造することにあります。

↑選択に戻る

第十一番 甲戌(こうじゅつ)

性格は、実直で、情に厚く、退くことを知りません。しかし、ドライな所もあり、常に自分が物事の中心になろうとする所があります。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十二番 乙亥(いつがい)

性格は、柔軟で、冷静で、知的で、古いものを好みます。そして、人情的な面と冷徹な面とを併せ持っています。周りに上手く合わせることができ、能く人の和を保ち、敵を作りません。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十三番 丙子(へいし)

性格は、熱血な所があり、冷徹な所があり、それらが入り混じって、非常に激しく、常に個性的になります。そして、自己中心的で、物事を性急に進める傾向があります。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十四番 丁丑(ていちゅう)

性格は、明るく、温かく、内面に暗さがあり、人情深く、庶民的で、行動はゆっくりしていて、自己中心的な所があります。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十五番 戊寅(ぼいん)

性格は、自己中心的で、自信家で、明るく、温かく、奉仕の精神を持っています。のんびりした所があります。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十六番 己卯(きぼう)

性格は、庶民的で、のんびりしていて、柔軟で、和合的で、奉仕の精神を持ち、明るく、温かく、故に、非常に集団に融け込み易く、能く人の和を保ちます。しかし、自己中心的な面もあります。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十七番 庚辰(こうしん)

性格は、攻撃的で、行動的で、自己中心的で、明るく、温かく、物事に動じず、しかし、物事に素早く対応することもできます。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十八番 辛巳(しんし)

性格は、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘り、明るく、温かく、情熱的です。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第十九番 壬午(じんご)

性格は、明るさと暗さ、温かさと冷たさが交互に、あるいは、同時に現れ、非常に変わった物事の捉え方、思考をします。傍からは見えなくても、内面に激しい葛藤を所有しています。非常に頭が良く、臨機応変が巧みで、動乱に強いと言えます。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第二十番 癸未(きび)

性格は、冷静で、知的で、暗く、冷たく、ドライな面を持つ一方で、明るさ、温かい面も持っています。故に、他人からは図り難い性格となります。精神的な葛藤が生まれ易いのです。人生の役目は、大衆の信頼を得ることにあります。

↑選択に戻る

第二十一番 甲申(こうしん)

性格は、実直で、奉仕の精神を持ち、明るく、温かく、攻撃的で、行動的です。情に厚い所もある反面、ドライでもあり、攻防共に優れ、一度道を決めたら、その道を相当なスピードで突き進みます。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十二番 乙酉(いつゆう)

性格は、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘り、ドライな所もある反面、柔軟で、和合的で、明るく、温かい所もあり、能く人の和を保ちます。潔い面、諦めが早い面もありますが、非常に行動的で、仲間を集めようとします。理論派ではなく、自分の行動・体験から物事を学んでいきます。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十三番 丙戌(へいじゅつ)

性格は、明るく、温かく、情熱的で、自己中心的で、ドライな所もあり、万人に平等に接します。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十四番 丁亥(ていがい)

性格は、どちらかと言えば、明るく、温かいのですが、暗く、冷徹な面もあります。そして、頭が良く、精神的な葛藤に陥り易い傾向があります。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十五番 戊子(ぼし)

性格は、自己中心的で、心が広く、どっしりしていて、冷静で、知的です。故に、性急にことを起こすことはありません。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十六番 己丑(きちゅう)

性格は、庶民的で、自己中心的で、心が広く、情に厚く、のんびりした所があります。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十七番 庚寅(こういん)

性格は、攻撃的で、ドライで、性急に前へ進んで行こうとする所がある反面、情に厚く、真っ直ぐ、ゆっくり進んで行こうとする所があり、それらが両極端に現れることがあります。非常に個性が強く、自己中心的な面があり、人付き合いにおいても、合う合わないが明確に分かれます。理論派ではなく、自分の行動・体験から物事を学んでいきます。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十八番 辛卯(しんぼう)

性格は、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘ります。しかし、柔軟で、情に厚く、のんびりした所もあります。自己中心的な面もありますが、人付き合いは上手く、能く人の和を保ちます。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第二十九番 壬辰(じんしん)

性格は、冷静で、知的で、自己中心的な所があり、どっしりとした所もあります。時には、温かい情を見せることもあります。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第三十番 癸巳(きし)

性格は、暗く、冷徹な所がある反面、明るく、情熱的な所があり、それが極端に現れることがあり、精神的な葛藤が生まれ易く、自己中心的な所もあるため、他人に理解されることが少ないと言えます。人生の役目は、実際に行動し、物事を進めていくことにあります。

↑選択に戻る

第三十一番 甲午(こうご)

性格は、実直で、奉仕の精神を持ち、明るく、温かく、情熱的で、のんびりしています。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十二番 乙未(いつび)

性格は、柔軟で、和合の精神を持ち、ドライな所があり、自己中心的な所もありますが、のんびりした所もあって、人に好かれ、能く人の和を保ちます。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十三番 丙申(へいしん)

性格は、明るく、温かく、情熱的で、煌びやかで、攻撃的で、行動力がありますが、のんびりした所もあります。行動範囲は広いのですが、広がり過ぎると、収拾がつかなくなります。何事においても、自信を持って行動することができ難い傾向があります。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十四番 丁酉(ていゆう)

性格は、明るく、温かい所がある反面、内面に暗さがあり、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘り、ドライで、自己中心的な所があります。一般社会の常識的な枠、即ち、固定観念に囚われない自由な気質があります。内面では、無形・精神的なものを求めるのですが、社会においては、非常に強い現実性が現れます。一般的・常識的な家庭を形成し難い傾向があります。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十五番 戊戌(ぼじゅつ)

性格は、心が広く、自己中心的で、ドライな所があり、のんびりしています。自分のことのみに関心を持ち、他人のことは気になりません。故に、他人の理解を得難い所があります。長の器を持ち、自らがトップ、中心となる要素があります。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十六番 己亥(きがい)

性格は、庶民的で、冷静で、知的で、自己中心的な所があり、のんびりしています。情に厚い一面もあります。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十七番 庚子(こうし)

性格は、攻撃的で、行動的で、冷静で、知的で、積極的に前に出ていこうとします。しかし、情に厚い一面もあり、理性と情性の板挟みになることがあります。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十八番 辛丑(しんちゅう)

性格は、自尊心・美意識が高く、ドライな面もあり、何事においても形を重んじます。情に厚く、自己中心的で、積極的に物事を進めていこうとする所があります。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第三十九番 壬寅(じんいん)

性格は、冷静で、知的で、実直で、奉仕の精神に溢れ、行動力があり、物事を積極的に進めていきます。精神が行動に直結し易く、行動を見れば、その内面が分かります。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第四十番 癸卯(きぼう)

性格は、冷静で、知的で、柔軟で、温かく、行動力があり、物事を積極的に進めていきますが、全ての面において、スピードは遅く、長い時間を掛けて人間性を形成し、ゆっくりと進んで行きます。理性よりも情性を優先させる傾向があり、流れに逆らいません。人生の役目は、内容・方法を問わず、伝達することにあります。

↑選択に戻る

第四十一番 甲辰(こうしん)

性格は、実直で、奉仕の精神を持ち、行動力があります。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十二番 乙巳(いつし)

性格は、柔軟で、視野が広く、情に厚く、温かく、理論派では無く、行動力があり、能く人の和を保ち、物事を積極的に進めていきます。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十三番 丙午(へいご)

性格は、明るく、温かく、情熱的で、理論派では無く、非常に行動力があり、常に一定のペースで、しかし、時には柔軟に、物事を積極的に進めていきます。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十四番 丁未(ていび)

性格は、明るく、温かく、しかし、内面に暗さもあり、ドライな面があり、行動力があり、物事を積極的に進めていきますが、そこにスピード感はなく、ゆっくりと進んでいきます。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十五番 戊申(ぼしん)

性格は、どっしりとしていて、心が広く、攻撃的な所があります。行動力もあり、物事を積極的に進めていきますが、その歩みは遅く、のんびりした所があります。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十六番 己酉(きゆう)

性格は、庶民的で、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘る所があります。行動力もあり、物事を積極的に進めていきますが、その歩みは遅く、のんびりした所があります。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十七番 庚戌(こうじゅつ)

性格は、攻撃的で、ドライで、情に囚われず、行動力があり、物事を積極的に進めていきます。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十八番 辛亥(しんがい)

性格は、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘り、知的で、冷静で、行動力があり、物事を積極的に進めていきます。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第四十九番 壬子(じんし)

性格は、冷静で、知的で、極端に知に傾く傾向があり、物事を学び、問題点があれば改良し、新たなものを形作っていく精神があります。自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第五十番 癸丑(きちゅう)

性格は、冷静で、知的で、情に厚く、懐が深く、自己中心的な所があり、周囲の人を自分のペースに引き込みますが、理解を得られず、孤独となることもあります。人生の役目は、人間性を向上させることにあります。

↑選択に戻る

第五十一番 甲寅(こういん)

性格は、実直で、奉仕の精神を持ち、冷静で、知的で、一度道を決めたら、真っ直ぐにその道を行き、途中で大きく方向転換をすることができません。喜怒哀楽の感情がはっきりしています。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十二番 乙卯(いつぼう)

性格は、柔軟で、幅広い思考と行動力を持ち、流れに逆らわず、冷静で、知的で、奉仕の精神を持ち、情に厚く、能く人の和を保ちます。物事の始まりにおいては、受け身であっても、やがて頑固に自分の意志を強く押し出すようになります。粘り強く、しぶとく、困難にあっても、常に明るく、暗さや悲壮感が表に現れることはありません。洞察力があり、よく他人の才能を引き出します。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十三番 丙辰(へいしん)

性格は、明るく、温かく、情熱的ですが、冷静で、知的な所もあります。自己中心的で、どっしりした所があり、誰に対しても平等に接します。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十四番 丁巳(ていし)

性格は、明るく、温かく、非常に情熱的ですが、冷静で、知的な面もあります。人生の波は激しく、概して、理性・知性よりも、情性を優先させます。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十五番 戊午(ぼご)

性格は、どっしりとしていて、自己中心的で、明るく、温かく、情熱的ですが、冷静で、知的な面も持っています。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十六番 己未(きび)

性格は、庶民的で、懐が深く、自己中心的ですが、冷静で、知的で、情に厚い面もあります。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十七番 庚申(こうしん)

性格は、攻撃的で、冷徹で、しかし、情に厚い所もあります。概して、情性よりも理性が強く働きます。行動力があり、物事を積極的に進めていきます。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十八番 辛酉(しんゆう)

性格は、自尊心・美意識が高く、物事の形に拘り、攻撃的・行動的な所があり、冷静で、知的で、情に厚い面があります。行動は迅速で、庶民的な所はあまりなく、目下を軽視しがちです。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第五十九番 壬戌(じんじゅつ)

性格は、冷静で、知的で、どっしりとしていて、自己中心的で、情に厚い所もあり、流れに逆らいません。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る

第六十番 癸亥(きがい)

性格は、冷静で、知的で、流れに逆らいません。情に厚い所もありますが、知・理に傾き、クールな面の方が強く、あまり現れません。人生の役目は、何かを守ることにあります。

↑選択に戻る