さる命学講座「空組」にいただいた感想

 今日の講座を受講し、以前、進藤さんがブログで書かれていた「人は自分が発したものを受け取る。」という言葉の意味を理解する事ができました。
遡ってみたところ、進藤さんが書かれたブログの記事は2012年のものでした。当時、その記事を読んだ私は、わかったような、わからないような、なんとなく思い当たる事はあるような…という「感覚のみ」を受け取り、自分と向き合うことを一切せず、ブログを読んだだけで行動を変えることをしませんでした。本当に勿体ないことをしたものです。
あの頃、自分の中のもやっとした感覚と向き合えなかったのは、自分という本質に触れ、被せていた仮面を外し、本当の自分を外に見せることが怖かったからだと、今の私なら理解できます。

 振り返ってみると、不足感からくる感情と、それに伴う行動で上手くいったことは一切ありませんでした。
特に、観念を基にした判断から行動に移したしたことは、結果だけを見ると、(他人から見て)不幸な出来事に遭遇したり、行動するより前のスタート地点に立つ事になったり…と、面白いくらいうまくいきませんでした。そういった中で遭遇する出来事が「苦」となり、そこから学ぶ事も沢山あったので、何も得られなかったわけではないのですが…。

 「発したものを受け取る」本当にその通りですね。今、このタイミングで理解する事が出来て、本当に良かったです。
来月もどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

 

日々の生活の中で、『観念の掃除』を意識するようになり、こうしなければとか、こう思ったらいけないとか、
自分の中の制約が少なくなってきてとても楽になったように感じております。
年代的にも自分の時間が増え、煩わしいこともなくなてきておりましたのでなおさら快適です。
そらさん、隊長とご縁が繋がり、心より感謝しております。
まさか、隊長に感謝する日が来るとは、、、
初対面の日の私に教えてあげたかったです。(笑)

今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。
どこまでもついていくどー!!!

 

今回の講義とても為になりました。
今回私はコロナに感染して発症しまい未だ仕事に復帰できない状態ですが、
ベットで時々もし、自分の本質が今回の出来事を起こしたのなら、どういう意味があるのだろうと考えていました。

でも、今回の授業で器の話や、人の愚痴が嫌いという思い、
それが本当は本質から来たものなのかそれとも観念から来たものなのか確かめる方法や、
隊長が知りたがった、引き寄せの法則がかなう人と叶わない人の違いの話はとても為になり、
これからの私の行動の指標になるような話(奥義?)だと思いました。

次回もどんな話が聞けるのか楽しみにしています。
ありがとうございました。

 

そらさんの講義の、器の話が面白く、器には色々種類がある事、気にして居なかったなぁと。自分の器は一つだと考えていました。個別にする事で、思考の整理がし易くなると思いまました!

欲求に対する霊魂由来か、欠乏由来かの講義も考えさせられました。自分の中の色々な欲求がどちら由来のモノなのか考えてみます!

楽しい講義有り難うございましたm(_ _)m

 

改めて算命学は難しいなと感じています。
ただ、難しいのだけど、薄っすら理解できる部分や前回までとの繋がりが分かったりすることもあります。難しさが面白く感じます。
また、頭を使う(考える)ことにも楽しさを感じます。この先たくさん考える事をせずに過ごしていたかもと考えたら人生無駄にしちゃってたので、空組を始めて良かったなと思います。
論理的に筋道を立てて考える事って難しいけど楽しいです。人間に産まれた特権ですね。

 

次回の算命学基礎理論ブートキャンプ

2021年11月27,28日(日月)です。
詳しくはこちらをご覧下さい。
 

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL