算命学陰占法ブートキャンプ①基礎

算命学ブートキャンプ

 【目 次】
 ▶「算命学陰占法ブートキャンプ①基礎」とは
 ▶「算命学陰占法ブートキャンプ①基礎」で学ぶ事
  40 陰占法序論
  41 自然法
  42 十大主星と陰占法の連結1
  43 十大主星と陰占法の連結2
  44 十大主星と陰占法の連結3
  45 陰占法と陽占法の比較
  46 陰占法の構造
  纏め
  ・この講座の位置づけ(初級課程)
 ▶「算命学陰占法ブートキャンプ①基礎」要領
  1 目的
  2 日程及び講義スケジュール
  3 会 場
  4 募集人数
  5 参加費
  6 その他
  7 お申込
 ▶感想(アンケート結果)
 ▶ご注意
 ▶初級課程全講座

 

「算命学陰占法ブートキャンプ①基礎」とは

 この講座は、算命学ブートキャンプ(初級課程)の第9回目で「陰占法」(基礎)を扱います。

 算命学の占技は、天法と地法から成り立っている訳ですが、その天法は、陽占法と陰占法から成り立っています。即ち、ここで学ぶ陰占法は、天法を形作る重要な占技(思想でもある。)だという事です。

 陽占法は、無形・無限・霊魂・精神の世界から「心」を捉え様としているのに対し、陰占法は、有形・有限・肉体・行為の世界から「心」を捉え様としています。そして、それらを併用する事によって「心」、即ち、運命の高低(満足・不満足、幸運・不運)を捉えようとしているのが天法です。

 算命学の占技は、まず地法が生まれ、次に陽占法が生まれ、最後に陰占法が生まれ、天地人が揃って概成しました。ここで「完成」と言っていないのは、時代と社会が常に推移する様に、算命学にあっても、新たな思想や技術(占技)が生まれる等、常に進歩しているからです。

 この様に、陰占法は人間の肉体・行為に焦点を当てて、人間の運命を考察する訳ですが、これは、人間の霊魂に焦点を当てて考察するよりも、遙かに難解です。

 即ち、この様な精神(動機)があるならば、この様な行為(結果)に結び付くだろうと推察する方が、この行為(結果)はどういう精神(動機)から生まれたのかと遡って推察するよりも、ずっと簡単なのだ(逆は難しい)という事です。

 従って、陰占法を学ぶに当たっては、これ迄学んだ基礎理論・地法・陽占法をしっかり理解しておく必要があります。陰占法を学び始める前に、しっかり復習しておきましょう。
 


 この陰占法①のブートキャンプでは、陰占法の基礎として、非常に重要な塔崇陰陽説、通化論、太極の思考を学びます。これらは、何れも陰占法、そして、算命学の占技全体を理解する上で、非常に重要な思想です。又、陰占法と陽占法を連結する技術(天法)、地法との差異についても学びます。

 そして、この陰占法①のブートキャンプを終えると、初めて、算命学の全体像が見えてきます。

 これ迄は、色々学んでも、全てが断片的で繋がらないという様な、何だかすっきりしない思いを抱えていたでしょうが、それがここで晴れます。これは、ここで天地人の占技が全て出揃うからです。

 故に、取り敢えず算命学の全体像を捉えたいという方は、是非、この陰占法①のブートキャンプ迄は、頑張って続けて頂きたいと思います。

 これ迄、さる命学教室、ブートキャンプを受講された殆どの方から、「ここに至って、ようやく算命学の全体像が、おぼろげながらも見えて来た。」という感想を頂いています。尚、この講座も、会場での受講、及び、オンラインでの受講が可能です。

 目次に戻る

「算命学陰占法ブートキャンプ①基礎」で学ぶ事

 

40 陰占法序論

 このコマでは主に、陰占法の基礎、塔崇陰陽説、通化論について学びます。正に、陰占法の基礎の基礎であり、非常に重要な部分です。ここで最も重要なのは、塔崇陰陽説です。この考え方が理解出来ないと、陰占法全体が理解出来ないという重要な思想です。

 尚、具体的には、次の様な事について、詳しく学びます。

算命学陰占法序論、霊魂・心・肉体、得心自在・得法自在、心こそが最も重要、心の状態を知る、塔崇陰陽説、大宇宙の陰陽説、人間の陰陽説、塔崇陰陽説平面図、塔崇陰陽説立体図、極なる美、通化論

 

41 自然法

 このコマでは主に、通化論(続き)、算命学自然法、陰占法的十干解釈について学びます。ここで出て来る「太極の思想」は、占技は元より、算命学の思想全体を理解する上で、非常に重要です。

 尚、具体的には、次の様な事について、詳しく学びます。

塔崇陰陽説、通化論、太極、大宇宙と小宇宙、霊魂も肉体も宇宙の一部が残っている、人間・時間・暦・干支、置換思考、算命学自然法、十干・十二支、陽占法・陰占法・地法それぞれの立ち位置、天地創造の原点、始まりは混沌とした気、陰占法における十干解釈

 

42 十大主星と陰占法の連結1

 このコマでは主に、陰占法と陽占法の連結、各十干から生まれる各十大主星の意味合いについて学びます。ここで重要なのは、陰占法と陽占法を併用する為の基本的な技術(思考)です。

 尚、具体的には、次の様な事について、詳しく学びます。

陰占法と陽占法の連結、十大主星と陰占法の連結、各十干から生まれる各十大主星の意味合い

 

43 十大主星と陰占法の連結2

 このコマでは、引き続き、各十干から生まれる各十大主星の意味合いについて学びます。

 尚、具体的には、各十干から生まれる各十大主星の意味合いについて、詳しく学びます。

 

44 十大主星と陰占法の連結3

 このコマでも、引き続き、各十干から生まれる各十大主星の意味合いについて学びます。

 尚、具体的には、各十干から生まれる各十大主星の意味合い、十大主星と陰占法を連結する際の注意事項について、詳しく学びます。

 

45 陰占法と陽占法の比較

 このコマでは主に、陰占法と陽占法の比較、陰占法の読解技術について学びます。さる山では、この回を「教養回」と呼んでいて、受講者の方には、百人一首の恋の歌を題材に、人間の情念をどの様に捉えるのか、或いは、現すのかを考察して頂きます。教養と雅の心が問われます。

 尚、具体的には、次の様な事について、詳しく学びます。

陰占法と陽占法の比較、陰占法の読解技術、情念、自然の事物のありのままの姿を捉える、陽占法と陰占法の連結思考、理屈・理論で解明出来ない万感の思い、陰占法の読解技術、宿渾図、人を見て法を説け、算命学国冠法

 

46 陰占法の構造

 このコマでは主に、陰占法の構造、二十八元に内在する十干について学びます。二十八元は、天干と異なり、純粋な空間ではなく、時間の中に存在する空間(時空間)である訳ですが、という事は、当然、同じ十干であっても、天干に表出した場合と、二十八元に表出した場合では、捉え方(意味合い)が異なる訳で、それが今回の主要なテーマとなります。

 尚、具体的には、次の様な事について、詳しく学びます。

陰陽説と陰占法、小集団と大集団、反心作用、湿・暑・燥・寒、陰占法の構造、二十八元に内在する十干の意味合い

 

纏め

 ここで学ぶのは、算命学陰占法の基礎です。

 人間が自分の望みを叶えるという意味での「運命改良法」を導く際は、算命学「天法」を使用するのですが、その為には、前に学んだ陽占法と、ここで学ぶ陰占法を併用する必要があります。

 即ち、陰占法を学ぶ事で、初めて、人間が自分の望みを叶えるという意味での「運命改良法」を導く事(=算命学の占い)が出来るのです。

 その陰占法の基礎の基礎を学ぶのが、この陰占法①のブートキャンプのテーマです。そして、とにかく重要なのは、塔崇陰陽説・通化論・太極の思想です。それを理解した上で、陰占法と陽占法の連結思考(技術)を学んでいく訳ですが、しかし、残念ながらこの部分は、他の学校・講義では、殆ど触れられる事がありません。

 さる命学教室は、講義内容にはとても自信を持っていますので、是非、他の学校(講座)と比較して頂きたいと思います。さる命学教室(星組)は、日本一の算命学教室を「自認」していますが、それが事実なのか、過大評価なのか、是非、ご自身で確かめて頂きたいと思います。

 しかし、非常に理論を重視するので、論理的な思考が出来ない方には向かないかも知れません。それでも、諦めなければ、少しずつでも、必ず理解出来る様になります。

 

 受講者の皆さんから頂いた感想

 

 目次に戻る

この講座の位置づけ(初級課程)

 

 この講座(陰占法①)は、算命学陰占法を学びます。陰占法は、陽占法と共に、算命学天法を形作る二本柱の一つなのですが、実は、陽占法よりも遙かに難解な思想・技術となっています。

 さる命学教室の初級課程では、陰占法について、17コマの講義を行っています。そして、算命学ブートキャンプでは、それを3回に分けて学んでいく訳ですが、今回はその初回で、陰占法の基礎について学びます。

 様々なテーマで「算命学ブートキャンプ」を開催していますが、ご興味がある方は、まずは「算命学基礎理論ブートキャンプ」を受講して下さい。

講義中

 

目次に戻る
 

「算命学陰占法ブートキャンプ①基礎」要領

 

1 目的

2日間という短期間で、「算命学陰占法」(基礎)を集中的に学ぶ。

 

2 日程及び講義スケジュール

日程は、こちらをご覧下さい。
 

1日目

10:30~12:15 『陰占法序論』
12:15~13:45 昼食・休憩
13:45~15:15 『自然法』
15:15~15:30 休 憩
15:30~17:00 『十大主星と陰占法の連結1』
17:00~17:15 休 憩
17:15~19:00 『十大主星と陰占法の連結2』
※時間はあくまで目安です。質問等の状況により、変動する事があります。

2日目

10:30~12:15 『十大主星と陰占法の連結3』
12:15~13:45 昼食・休憩
13:45~15:15 『陰占法と陽占法の比較』
15:15~15:30 休 憩
15:30~17:00 『陰占法の構造』
17:30~      希望者のみ懇親会(会費は4000円程度)
※時間はあくまで目安です。質問等の状況により、変動する事があります。

 

3 会 場

神奈川県相模原市南区
小田急相模原駅徒歩2分程の場所(新宿駅から40分程です。)
詳細は、参加確定後にお知らせします。

※オンラインで受講する事も出来ます。
 オンライン講義は、会場で受講されるのと遜色ありません。
 講義中、講師に対してリアルタイムでの質疑応答が可能です。

 

4 募集人数

会 場:6名
オンライン:無制限
*申込者が4名に満たない回は、中止になる場合があります。

 

5 参加費

55,000円(税込)

※ 参加費には、教材費も含まれますが、懇親会の会費、交通費、宿泊費、食事代等、参加するに当たって必要となる費用は含まれていません。

※ オンライン受講の方は、資料の配布料として、500円(税込)の加算となります。
 また、会場に来られる方で、資料の事前配付を希望される方も、500円(税込)で承ります。

※ 参加費は、事前にお振り込み頂きます(振込手数料はご負担下さい。)。
 詳細は、お申し込み頂いた後にお知らせします。

※ 参加費お支払い後のキャンセルには、規定のキャンセル料を頂きます。
 詳細は、お申し込み頂いた後にお知らせします。

 

6 その他

(1) 遠方の方は、会場周辺にある宿泊施設のご利用をお勧めします。

(2) 陰陽五行説、算命学の基礎を学びたい方は、どなたでも(他の教室・学校等に通われていても)ご参加頂けます。

(3) お振込確認後、2週間以内に資料を発送します。資料の落丁など不具合があった場合は、弊社の送料負担において交換致します。

(4) ご不明な点が御座いましたら、メール、又は、電話にて、お問合わせ下さい。

 

7 お申込

1週間前までに、メールもしくは、お電話にてお申し込み下さい。

 

感想(アンケート結果)

各講座の最後に、みなさんにアンケートをお願いしています。

受講者の感想を見る

ご注意

講義の録音・録画は禁止です。
会場は禁煙です。

初級課程全講座

目次に戻る

お問い合わせフォーム
受講申し込みフォームへ