※コメントを入れたい方は、更新日をクリックしてください。

自分の性質を知りたい方はこちら



【おすすめ記事】

算命学をどこで習うか? 学校・教室の賢い選び方

『理』(ことわり)の算命学・陰陽五行説的な解説

【最近の投稿】

算命学の2月28日の占い


壬戌(じんじゅつ)の日(秋の湖)。今日は、森の中に佇む湖に暖かな日差しが降り注ぐ姿となる。急がずによく周囲を確認しながら物事を改めより良くしていこうとする日。
 

甲木:好奇心が旺盛な日。
乙木:人に助言をする日。
丙火:結果を出したい日。
丁火:空気に溶け込む日。
戊土:放っておけない日。
己土:人から好かれる日。
庚金:状況を把握する日。
辛金:反発心が強まる日。
壬水:肝が据わってる日。
癸水:仲間に相談する日。

ご自分の性質を知りたい方はこちら

算命学の教授

 算命学の教授をどの様に行っているか、今回は、これをテーマに記事を書いてみたいと思います。

 この記事をお読みになっている方は、既にご存じの事と思いますが、株式会社さる山さる子は、算命学の教授(学校の運営)のみならず、命式算出ソフトの製作・販売、算命学を使用した整体占いの店舗経営をしている、正に、算命学の専門会社です。
 

さる山さる子の算命学教室の特徴

 その教育部門(スタッフ養成部門でもある。)が、さる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」なのです(何と、日本一の算命学教室を自認しています!)が、ここでの講義は、国語の授業の様なスタイルで行われています。具体的には、講師が教科書を読み聞かせ、必要な部分を解説し、その後、質疑応答を行っています。
 

教科書やレジュメについて

プロジェクター

 尚、ここで言う「教科書」は、パワーポイントで作成されたもので、講義においては、それをプロジェクターに投影し、講師がそれを読み、受講者は、講師の声を聞きつつ、自らも文字を目で追う事が出来る様になっています。つまり、目で見、耳で聞きながら、算命学を学ぶ事が出来る訳です。
 

 「教科書」(原稿)については、分量が多い為、更に、出版前という大人の事情もあって、受講者の方々に「原文」はお渡し出来ないのですが、しかし、その代わりに、要約したレジュメ、或いは、資料をお渡ししています。

レジュメ

 このレジュメ・資料は、当然、重要な部分は網羅していて、これだけでも、教科書と言っても遜色ない程度に良く出来ているので、学習に不自由する事はありません。
 

 他の算命学の学校・教室・講座では、定まった教科書や資料がない所も多く、講師が板書したものを書き写すのが大変で、話が聞けないという評判を聞く事があります。しかし、さる命学教室では、事前に十分なレジュメ・資料をお渡ししているので、安心して、講義中は講師の話に集中する事が出来ます。
 

意欲の高い方からの高評価をいただいている質疑応答

質疑応答

 又、さる命学教室では、クラスにもよるのですが、積極的な質疑応答が行われます。これも、さる命学教室の大きなウリというか、特徴の一つで、特に、真面目で学習意欲の高い方、他の学校では満足出来ずにWスクールをされている方、現役のプロである講師や占者の方には、大変喜ばれています。
 

 講師は、勿論、分からない事、知らない事も沢山あるのですが、しかし、何を聞いているのかが分かる様に、趣旨を明確にして質問して頂ければ、大抵の事は、陰陽説・五行説の考え方に沿って、質問に答える事が出来ます。

 

最後に、算命学の教授をどの様に行っているかの纏めです。

  1.  国語の授業の様に、読み聞かせ、質疑応答を行う
  2.  充実したレジュメ・資料を事前に配布する
  3.  質疑応答を活発に行う

 

 この記事をお読みになって、最高の環境で算命学を学びたいと思われた方は、是非、算命学ブートキャンプ(星組)の講義を受けて頂きたいと思います。

 初回の講義を受けて頂ければ、きっとさる命学教室のレベルがお分かり頂けるので、迷われている方は、是非、軽い気持ちで試してみて下さい。

(さる山隊長)

 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める2024(令和6)年2月の月運天冲殺(寅卯天冲殺)

今月と来月は、寅卯天冲殺のみなさんの月運天冲殺です。
年の天冲殺がやっと終わる!と思った皆さん、あともう少しです!
 

こちらで、ご自身の天冲殺等が調べられます。
 
感情的になりやすい人、寂しがり屋さん、迷い易い人、そして家族愛が強い人、調子のいい人などは特に注意が必要です。
 
今月、気をつけて頂きたいことをお伝えしようと思います。
ご自身の命式(陰占)の年支の部分を見て下さい。
簡単に言うと、生まれ年の干支(えと)です。
 
(注・算命学では、年の始まりが立春となりますので、その年の節分までに生まれた人は、前の年の干支になります。)
 

子年生まれの人

ご家族で仕事を一緒にしていたり家族の結束が固い人達ほど、注意が必要な月です。
必要以上に家族を自分に引き付けようとする行動にでやすく、そうした行為が何かを進めようとしたときに上手くことが運ばなくなります。
ですので、今月は努めて理性的に振る舞い、家族と一緒に仕事をしないことをお勧めします。
 

丑年生まれ、未年生まれの人

伝統的なもの長く続いたものを、受け継いでいる人に現象としては現れやすいです。
今迄続けてきたものよりも新しいものに価値を感じやすい時期になります。これは、忍耐力が欠け、何かを諦めやすいという時期だと言えるので、この時期は今迄のものを決して手放さないようにして下さいね。
 

寅年生まれの人

会社員や仲間に囲まれている人達ほど、現象が激しく現れることになります。
視野が狭くなり周りの状況に応じた行動が出来にくく、積極的に動いても空回りし、場合によっては周りの人達に損害を与える恐れが出て来ます。
今月は、視野が狭くなっているということを自覚して、多くの人と関わらないようにして下さい。
  

卯年生まれの人

仕事において情と理性との板挟みになりやすく、精神の葛藤が生まれ前に進む力が失われる月になります。
他人の言葉に左右されやすく、それにより行動した結果今まで保たれていたものが壊れるといった現象が起きてきます。
今月は淡々と自分のペースを守ることが、とても大切なときです。
 

辰年生まれ、戌年生まれの人

人から助けられやすくなり、その人の影響を受けた結果、仕事や人生の目的を見失い、大変迷いやすい月になります。
この時期は周囲に何を言われても迷いが生まれても、今迄の目的を変更せず、進む道を変えないことがとても大切なときです。
 

巳年生まれの人

今までの状態を保つことが出来なくなり、物事が変化したり、方向転換が起きやすくなります。変化したことにより、何か新しいことを始めたり変化を恐れて無理に継続させようとすると、大きくバランスを崩すことになります。
なので、この時期は物事が終わりを迎えてもそれを追わず、そして何かを新しく始めないことが大切です。
 

午年生まれの人

意気投合する仲間や、仕事など、進行中の物事について、協力者が現れるようになります。そして、その仲間とともに何かを始めようとするのですが、その結果バランスを崩し、思うように物事が運ばなくなります。
この時期、自ら動くこと無く、どんなに期待を持ったとしてもそれを追わず、何かを新しく始めないことが大切です。
 

申年生まれの人

自分の周りで争いごとが起こり、それに伴い物事が進まないという状況が起こりやすくなります。
その争いのきっかけは自分自身が起こすことになります。
自分は良かれと思って他人に話したことが元となり、他人同士が争いを始めます。
組織や集団の中に身を置く人は、「口は禍のもと」をしっかりと命じて頂きたいと思います。
  

酉年生まれの人

他人のとばっちりを受けたり、不当に損害を受けやすいときです。
自分自身に全く身に覚えが無いのに誹謗中傷を受けたことで、それに対し反発したり避けようとすると、ますます置かれた立場が危うくなります。
この時期は何があっても黙し、天冲殺の期間を抜けてから反論をすることをお勧めします。
 

亥年生まれの人

自分を強く押し出していこうとすることで、目上と決裂したり経済的な損害を招く恐れがあります。
仕事上の関係であるにも拘わらず私的なことまで立ち入りすぎ、相手からは礼儀知らずと受け取られ、関係が終わりそれが仕事にも影響を及ぼします。
この時期は控え目に振る舞うことが大切です。
 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

天冲殺と天中殺

 今回の記事のテーマは、「天冲殺」に関する表記についてです。

 株式会社さる山さる子では、算命学の学校(教室)の経営と、命式算出ソフトの製作・販売を行っているのですが、「天冲殺」について、よく聞かれる事があります。

 それは、他の学校では「天中殺」という表記をしているけれども、何故さる山では「天冲殺」という表記をしているのかという事です。
 


 今日の日本の算命学を実質的に作り上げたと言っても過言ではない高尾義政算命学第十三代宗家は、その著書『原典算命学大系』において、古代中国で算命学の前身(万象学)、そして、今日算命学と呼ばれるものが生まれ、日本に伝わる迄、ずっと「天冲殺」という表記がされて来たが、私の代で「天中殺」に改めたと語っています。

 天冲殺論の基礎が、古代中国、殷王朝期に生まれたとの言を信じるならば、3000年以上に亘って、「冲」の文字が使われていたにも関わらず、何故、高尾宗家は「中」に改めたのか、その理由については触れられていません

 しかし、類推するに、算命学において、現存(現在使用)している天冲殺については、その殆どが天中殺(西方天中殺)であるからではないかと思われます。即ち、理論上は、天冲殺は、天東殺、天南殺、天中殺、天西殺、天北殺の総称を言うのですが、「天中殺」以外は殆ど使われていない為、「天中殺」という名称に変更したのではないかという訳です。

 高尾宗家が既に亡くなられている為、実際の所は分かりませんが、しかし、私(さる山隊長)は、「冲」の字の変更については誤りだと思っているので、高尾宗家に逆らって、「天冲殺」と「冲」の字を復活させ、使用しています。そして、これがさる山で「天冲殺」と表記している(「天中殺」を使用しない)理由です。
  

誤りだと考える理由

 では、何故「冲」の字を「中」に改めたのが誤りだと考えているのかというと、次のとおりです。
 

  1.  歴史上、ずっと「冲」の字を使用して来たのであれば、それを変える必要性は全く無い。例えば、算命学は「中庸」を基準として理論を組み立てていて、その「中庸」は時代と社会によって変化するが、「冲」を使うか「中」を使うかは、それとは全く関係がなく、敢えて変更する理由は無い。
  2.  漢字は、表意文字であるから、漢字を変更する事によって、本来の意味が変わってしまう。すると、本来の意味とは、全く違うものを意味する事になり、明らかに不適切である。例えば、「冲」の字には、ぶつかるとか、衝突するという意味があるが、「中」の字には、真ん中とか、当たるという意味がある。漢字は、意味によって当てられているので、それを無視して漢字を変更するのは、明らかに誤りである。
  3.  現在算命学(の占技)で使用している「天冲殺」は、その殆どが「西方天中殺」であるが、一部に「東方天北殺」を使用している。すると、実際は「天北殺」であるにも関わらず、それを「天中殺」と呼ぶ事になるが、これは明らかに誤りである。


 以上の理由により、さる山では、一般名称としては「天冲殺」を用いるのが正しく、「西方天中殺」という限定された範囲を表す際にのみ「天中殺」と表記するのが適当であると考えています。
 

重要な言葉の定義

 今回は、少し難しい話になりましたが、さる命学教室は「言葉の定義」を重視していて、誰かが言った事や、教科書の記載を鵜呑みにするのではなく、何が正しいのかを合理的に考察し、陰陽説・五行説の思想を基準に判定しています。

 これも、さる山さる子の大きな特徴で、合理的に判断するからこそ、机上の空論ではない、実際に使う事が出来る算命学を講義する事が出来るのです。

 合理的で、実際に使う事が出来る算命学を学びたい方は、是非、さる山の門を敲いて欲しいと思っています。オンライン受講も出来ますし、Wスクール・初心者も大歓迎です。

 又、プロの占者や講師になる為の講座(カリキュラム)「星組」だけでなく、楽しく概要を学ぶ事が出来る講座「花組」もあります。

(さる山隊長)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

2024年の占いを公開しました。

こんにちは、株式会社さる山さる子の代表取締役、進藤です。

さて、今日は節分、明日は立春です。

ご存じの方も多いと思いますが、算命学では、1年の始まりを二十四節気の立春と定めています。
つまり、算命学の2024(令和6)年は、明日(2/4)から始まって、翌年の節分(2/2)に終わります
 

という事で、新年を迎えるに当たり、2024(令和6)年の占いを書いてみましたので、是非、読んでみて下さい。どなたでも、全文無料で読む事ことができます。

 

自分で言うのも何ですが、結構な力作です。
 

今年の占いを書いてみて、昨年よりも大変な動きがある年なのだろうなと思いました。

昨年に引き続き、今まで隠れていた様々なこと、これまでは黙認されていたり、あまり意識されなかったことが、良くも悪くも、表面化するのだろうと思いますが、これは、動乱期、世の中の変わり目によく起こる現象です。
 

大きな世界、中くらいな世界、小さな世界、どの世界でどの様な動きが起こるのか、そして、自分の本質を知り、その動きにどう対応するのか、あるいは、あらかじめ準備するのか、いろいろなことが考えられますが、その際に、少しでもヒントとなれば、作者としてはとても嬉しく思います。

 

それでは、本年も株式会社さる山さる子をよろしくお願いいたします。

(そらまめ)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める算命学で占う2024年2月の運勢(2月4日~3月4日)

 月占いは、さる命学教室の生徒さん達に、ローテーションで文章を担当していただいています。
今月は、『ブナ』さんです。
 基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。

暦について知りたい方はこちら

 

全体運(丙寅)

 今月は積極的に目標に向かって前進する月となります。大きな動きもありますが、不安に駆られることもなく、明るい気持ちで勢いに乗る事ができるでしょう。何か伝えたいことがある場合は、個人ではなく全体に向けて感情をこめて話すと上手く伝わります。

 今月は、利害関係なく人のために何かしたいという気持ちを強く持つかもしれません。ただ、気を付けないとそのあなたの善意を逆手にとられて騙されてしまう場合があります。騙されないようにするためには、自分で物事を判断できるよう知性を身に着け、冷静に対処することです。

 

甲木

甲木

 今月の甲木さんは、将来を見据えた上で現状を安定させようと考えます。部下や後輩の将来のことを考えて、仕事を引き継いだり、体制を整える事を考えたりするでしょう。今月は思考も行動も安定しているので、周りの人も「甲木さんがいれば大丈夫」という安心感があります。もしかしたら、人を説得して問題を解決に導くようなこともあるかもしれません。

 ただし、堅実で、用心深い面も出てくるので急な状況の変化に対応できない場合も。慎重になりすぎてチャンスを逃す事もあるかもしれません。

 それでも今月は安定や健康を一番に考え、知性を磨く事を怠らず、体力をつけることで将来が開けていきます。

 

乙木

乙木

 今月の乙木さんは自分の主張を通そうと強気になるかもしれません。好奇心旺盛で、自分が発起人となって集団を形成し、明るく率先して皆を引っ張りますが、時には孤独を感じることも。しかし、今月の乙木さんがやっている事は、将来的に多くの人に利益をもたらすことでしょう。

 会社などの組織に属している人は、俯瞰的な視点を買われて、顧問や参謀的な役割を任されるかもしれません。

 今月は何においても怖いもの知らずで、とにかく目的に向かって前進しようとしますが、時には一度立ち止まって、方向が合っているのか考えることも大切です。

 

丙火

丙火

 今月の丙火さんは、エネルギッシュに新しいことに取り組みます。態度がはっきりしていて「私はこうしたいです!」と自分の意思を多くの人に伝えることもできるでしょう。学生や入社して数年の立場の人なら、目上の立場の人からは眩しく見えるでしょうし、それ以上の立場の人は、若者に負けてはいられないと張り切るかもしれません。

 ただ、勢いはありますが忍耐力はありません。途中で投げ出さないためには、大きな目的を持ち、その目標達成まで全力で取り組むことを意識することです。

 

丁火

丁火

 今月の丁火さんは、冷静さと知性を駆使して組織などチームの指揮を執ることもあるかもしれません。穏やかで明るく、皆に合わせることができるので周りの人に好意的に受け入れられます。その組織は、特に落ち着いた平和的な環境である場合にうまく機能するでしょう。何か問題がおこっても、仲間と力をあわせて問題解決に取り組むことができます。

 将来の目標がある人は、今月は次に動き出すための準備を意識すると良いです。例えば、具体的に行動を起こす時期やそのために必要なものを考えてみてはいかがでしょうか。

 

戊土

戊土

 今月の戊土さんは生き生きとしていて、積極的に行動を起こそうとします。そしてその行動から学び得ようとするでしょう。何事にも決断が早く、即断即決で、いつもよりも大きなことに挑んだり、大きな思い切って海外に飛び立つ人もいるかもしれません。もしそこで何か問題が起こったとしても、楽しく乗り切ろうとします。 

 来るものも拒まず誰でも受け入れますが、情けをかけすぎたり、愛情が深すぎると、身を持ち崩す場合もあるため気を付けましょう。

 

己土

己土

 今月の己土さんは、何事に対しても柔軟な思考や姿勢が現れます。行動は控えめで受け身ですが、素直に何でも吸収しようとするでしょう。

 若い人は、目上の人や年配者を大切にすることで、可愛がってもらえるかもしれません。

 後輩や部下を持つ立場の人は元々の知識や知恵をベースとして、下の世代のために新しい知識や知恵を生み出し、それを教えようとします。

 今月は、何事にもバランスよく能力を発揮できる月ですが、自分の考えや持っている情報を周りに伝えると感謝されるかもしれません。

 

庚金

庚金

 今月の庚金さんは、行動がわかりやすく、はっきりとしています。正義感も強く出るので、弱い者いじめを許さず正々堂々とぶつかるようなこともあるかもしれません。時には瞬間湯沸かし器のように、かっとなってしまう時もあるかもしれませんが、後を引かずさっぱりとしていて、逆に相手と仲が深まったりします。

 今月は何事にも寛大で、物事にこだわらない要素が強く現れ、その姿勢は自然と周りの人の共感を得やすいです。積極的に前に出て自分の考えを表現すると、その要素が強まり、より多くの共感を呼ぶことができるでしょう。

 

辛金

辛金

 今月の辛金さんは、組織内において常に体制に従い、保身の術に優れ、敵を作らないようにうまく立ち回るでしょう。その一方で、時には上から目線で周りを自分より下に見ることもあるかもしれません。

 組織に属していない人は、節約を心がけるなど現実的な面が現れます。自分や家庭を守るために、今の環境を維持しようとするでしょう。

 今月の開運のポイントは、感謝の気持ちを忘れず礼儀を大切にし、連絡や相談を怠らないようにすることです。

 

壬水

壬水

 今月の壬水さんは、周りの人に対して優しさや愛情深さが現れます。会社や学校で自分から何かプレゼントしたり、逆にプレゼントされたり、という事もあるかもしれません。更に、人を説得する事にも長けているので、喧嘩の仲裁を頼まれることもありそうです。

 ただ、このように、あまりにも愛情が外側に向きすぎていると、そこにお金や時間を使い過ぎてしまい、家族からブーイングがくるかもしれません。周りの人に愛情表現をする際も、限度を考えて、常識の範囲内を意識すると、家族とのトラブルを防ぐことができるでしょう。

 

癸水

癸水

 今月の癸水さんは、何か変化をおこしたい!という気持ちが強くなります。出会った人や出来事に対して、この先どうなるかわからないけど、とりあえずやってみよう!と思うのです。そして、取り組み始めると、このままいけば何か変化が起こるかも!と期待をします。

 もし、競争相手が多かったり、周囲から反対されるようなことがあっても止めません。それどころか、俄然やる気になってしまうかもしれません。それ故に、異性との縁があった場合に、ライバルが出現すると燃え上がったりしてしまう可能性があります。

 今月は、理性に欠けた行動を起こしやすくなる人もいるので、冷静になって考えることを意識すると良いでしょう。

  

 (ブナ)

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学の学校 その3 ~占いの正しい学習~

 今回は、株式会社さる山さる子が主催する算命学の学校の特徴、算命学に対する考え方、姿勢について語る記事の最終回で、分かり易くこれ迄の内容を纏めると共に、「算命学」、及び、「算命学の占い」を正しく学ぶ為の具体的な教育方針について語っています。
 

3 算命学に対する考え方、姿勢の纏め

 さる山さる子の「算命学」、そして、「算命学の占い」に対する考え方・姿勢について纏めると、次の様になります。
 

宇宙の真理
  •  算命学は、思想・哲学であり、それを土台とした未来予測が、「算命学の占い」であるから、「算命学の占い」を使いこなす為には、背景にある思想・哲学(陰陽説・五行説)に関する理解が欠かせない
  •  不思議の世界に逃げ込んだからとて、人は現実からは逃れられない。どの様に現実に向き合うのかを考察し、そこに一つの答えを導き出しているのが算命学という思想・哲学である。
  •  「占い」は、推察する事であり、絶対に当たる「占い」など存在しない。又、「占い」は、確定した未来を読み解いている訳ではなく、不確定な未来を予測するものであるから、外れる事だって多々ある。
  •  「占い」は、状況が不明で、選択肢がどれも同等である場合において、何かを決断しなければならない際に用いるべきものである。明らかに優れた選択肢と、明らかに劣った選択肢があるならば、「占い」を用いる必要は全くない。又、どうしてもこれをやりたいという明確な意思があるならば、やはり「占い」の出番は全くない。
  •  「占い」は、意思決定の為の「道具」(ツール)であって、「当たる」事に意味は無く、意思決定に資する所に意味がある。そして、「道具」の性質・機能をよく知らなければ、上手く使いこなす事が出来ない。
  •  占いを業とする者は、現実の世の中、特に、現在における中庸を知らなければならない。故に、算命学の占い師は、知性・探究心に欠ける人物には務まらない

 

4 「算命学」、及び、「算命学の占い」を正しく学ぶ為の具体的な教育方針

基礎理論ブート
  •  算命学の本体は、思想であり、哲学であるから、まずは、陰陽説・五行説(物事の捉え方、考え方)の基礎から、詳細な講義を行う。
  •  算命学を効果的・効率的に学ぶ為には、体系的に学ぶ必要がある為、基礎から応用迄、明確なカリキュラムを作成し、理解し易い様、順を追って講義を行う。
  •  理解を助ける為、分かり易い教材等(教科書やその他の資料)を作成・提供し、それを積極的に活用する。
  •  基礎理論を応用してどの様に答えを出していくのか(応用する思考、及び、技術)について、その方法論を教授する。
  •  重要な部分については、実習を行う(実際に手を動かす)事で、更に理解を促進する。
  •  初級課程において、基本的なものの考え方(思想・哲学、基礎理論)をしっかり学んだ後に、中級課程においては、占技(技術論)の詳細な講義を行う。
  •  どこかの誰かが言った事を只覚えるのではなく、自分自身で考察し、答えを出す力を養う
  •  受講者に対して積極的に質問を行い、思考力、及び、答えを導き出す力を鍛える。
  •  算命学を処世の知恵、意思決定の道具として、実際に使える様にする為、講義の合間に、政治・経済・経営・社会情勢・軍事等に関する基礎的な知識を付加する。
  •  現実の世の中、特に、現在の日本における中庸を知る為に、統計データ等を積極的に活用する。
  •  身近な具体例を挙げる、算命学や占いに関するもの以外の文献を積極的に活用する等、机上の空論とならない様に留意すると共に、常に現実の世界に立脚した、実際に活用する事が出来る算命学、及び、算命学の占いを教授する。
統計

 

5 附 言

 長々と書きましたが、これが、株式会社さる山さる子の算命学に対する考え方・姿勢であり、算命学の学校としての教育方針です。

 自分で言うのも何ですが、さる山程、真っ当な算命学を教えている学校・教室・講座はそうないだろうと思っています。算命学をどこで学ぼうかと迷われている方は、是非、さる山の門を敲いて頂きたいと思います。
 

 又、既に他の学校等に通っている方で、もう少しちゃんと学びたい、他の所でも学んでみたい、明確なカリキュラムがある所で学びたい、質問にちゃんと答えてくれる所で学びたい、資料が充実している所で学びたいという方は、Wスクールも大歓迎ですので、是非、さる山の講義も受けてみて下さい
 

 実際、算命学を学ぶ者なら誰でも知っている大手の学校で四段とか、高段位を取ったプロの占者、算命学の講師(先生)が、沢山さる山に学びに来られています。

 勿論、初学者の方も大歓迎で、基礎からしっかりと教授しますので、ご心配なく。

 算命学を基礎からしっかりと身に付けたいという方なら、どなたでも大歓迎です。

(さる山隊長)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学の学校 その2 ~占いの正しい理解・活用~

 算命学を教授する学校の運営算命学ソフトの開発・販売算命学を使用した占い(整体占い)の店舗経営と、算命学を専門とする株式会社さる山さる子の算命学に対する考え方、姿勢について語る記事の続きです。

 前回は、「算命学は思想・哲学であって、占いはそれを土台とする一部に過ぎない。」というお話をしましたが、今回は、少し的を絞って、算命学の一部である「占い」について、語ってみたいと思います。
 

2 「占い」を正しく理解し、正しく用いる事が大事である。

 「占い」とは、辞書的な意味合いでは、未来の吉凶を予測する事となっていますが、吉凶に関わらず、未来を予測する事を「占う」と表現する事は多くあります。即ち、未来を予測する事、又、その為の技術が「占い」という事です。

 「算命学の占い」も、算命学(陰陽説・五行説・暦術思考)という思想・哲学の土台に乗っかっている未来予測の技術である訳ですが、実は、「占い」において、未来を予測するのは、現時点における意思決定をする為であり、予測が当たった、外れたという事には意味がありません。
 

当たり外れは大事?

 「占い」というと、とかく「当たった」とか、「外れた」とか、「驚異の的中率」とか、当たり外ればかりがフォーカスされますが、実は、そんなものは全く重要ではありません

  うれしい?

 例えば、「明日交通事故に遭うよ。」という「占い」の結果が出た(予測した)として、それが当たる事に何か意味があるんですか?又、当たって嬉しいですか?

 この様な「占い」(予測)は、むしろ外れてくれた方が良いし、そもそも、「占い」の結果(当初の予測)を信じるならば、家にいて外出しないとか、いつも以上に気を付け、慎重に行動するとか、何らかの処置・対策をしますよね。そうなると、「占い」は外れてしまう訳ですが、交通事故に遭うよりは余程ましです。

 しかし、実際には、何の処置・対策をしなくても、交通事故に遭わなかったかも知れず、採用しなかった行動をした際に、実際にどうなっていたのかは分かりません。我々は、ただ意思決定された行動と、その結果を知る事が出来るのみで、それ以外の事は分かりません。だから、「占い」が当たった外れたには意味が無いと言っている訳です。
 

当たらない方が良くない?

 この様に、「占い」の意義・役割は、意思決定にあるのであって、その為に何かを予測している訳です。

 尤も、予測が実際の動きと合致している方が、意思決定の結果も好ましいものとなる確率が高いでしょうが、しかし、別の要素が介在する事もあり、又、その意思決定をしなかった場合の方がより上手くいったのかも知れない訳で(尤も、それを確認する事は不可能だが。)、所詮は結果論に過ぎません。

 この様な事は、よくよく考えてみると、至極尤もな話ですが、何故か、「占い」は当たるのが良いと思い込んでいる人が多いのが現状です。
 

さる山で重視していること

 株式会社さる山さる子は、「占い」が当たる事を全く重視していません。それよりも、的確に状況を把握する事、そして、自然の法則、即ち、物事の仕組みを捉える事を重視しています。

 算命学は、世の中がどうあるべきかに興味はありません。算命学が興味を持つのは、物事の仕組みであり、世の中が実際にどの様に成り立っているのか、それがどの様に推移していくのかです。そして、それを自然(世の中や人間関係等、様々なものを含む。以下、同じ。)を観察する事によって知ろうとしています。

 故に、さる命学教室では、基本的なものの捉え方、自然をどの様に観察するのか、自然の法則を知ってそれを上手く活用する方法について学ぶ事が出来る様なカリキュラムを組み、講義を行っています。

 今回はこれ迄として、続きは次回にしたいと思います。

(さる山隊長)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学の学校 その1 ~思想・哲学~

 算命学を教授する学校は数多ありますが、株式会社さる山さる子は少し系統が違うとよく言われます。これは、主たる講師の私、さる山隊長の経歴や人物による所が大きいと思います。
 

 という事で、今回はさる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」(これが正式名称です。)の特徴、それも、算命学に対する考え方、姿勢について語ってみたいと思います。算命学をどこで学ぼうかと迷っておられる方は、是非参考にして下さい。
 

1 算命学は「思想」・「哲学」であって、「占い」はそれを土台とする一部に過ぎない。

 さる山では、算命学の教授算命学命式算出ソフトの製作・販売算命学を使用した占い(整体占い)の店舗経営を行っています。

 つまり、算命学を専門とする会社(算命学のプロフェッショナル)です。その我々が、算命学と関わる際に常に意識しているのが「算命学は思想・哲学である。」という事です。
 

 何故、この意識が重要なのかというと、算命学を単に「占いの技術」と捉えてしまうと、活用の幅が非常に狭くなってしまうからです。

親亀子亀

 そもそも、算命学の「占い」は、人間の運命や人生、時代と社会をどの様に捉えるのかという「思想」・「哲学」の土台があって、その上で成り立つのものです。即ち、算命学は、はじめに「思想」・「哲学」ありきで、「占い」は「思想」・「哲学」という親亀の上に乗っている子亀に過ぎないのです。

 この様に、算命学の「思想」・「哲学」の部分に徹底的にフォーカスした教育を行っているのが、さる山の最も大きな特徴です。
 

 勿論、「占い」の技術(占技)についても、中級課程以上のクラスにおいて、他校の追随を許さない非常にレベルの高い講義を行っていますが、これは、十分に基礎理論を学んでいるからこそ、講義が出来るし、又、受講して理解する事が出来るのであって、土台を作らずに技術(占技)のみを学んでも、残念ながら、大して役に立たないどころか、却って弊害が大きくなってしまいます。
 

宇宙の真理

 尚、ここで言う「思想」・「哲学」とは、主に陰陽説・五行説、及び、それらの応用思想の事で、宗教的な教義やスピリチュアル的な事ではありません。算命学は、宗教でも、スピリチュアルでもありません。又、感性で物事を捉えたり、言語化出来ない何かに頼る事もありません。どこ迄も知性と理性で物事を観察し、考察し、理解していくのが算命学なのです。
 

 ところで、私は組織化され、金を取る「宗教」、スピリチュアルな人に対しては、大変厳しい目を持っているので、さる山はそれらとの関わりは一切ありません。しかし、受講生や顧客の中には、僧侶や神主(真面目な宗教家?)、スピリチュアルな人もいる訳で、宗教やスピリチュアルそのものを排斥する事はありません。たまに、「くそ坊主」と言う事はありますが(笑)。

 今回はこれ迄として、続きは次回にしたいと思います。
 

(さる山隊長)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

花組Bクラスまもなく募集終了です

Bクラス講師の松井先生

1月18日(木)19:00スタートの花組Bクラス(月2回コース)がまもなく募集終了となります。

「うっかり申込を忘れてた!」という方は、12日午前中までにお申込下さい。現地枠は一杯になりましたので、Zoomでの受講となります。
 

また、「花組ってなに?」という方は、こちらをご覧下さい。 

花組についての詳しい情報をご覧になりたい方は、こちら

簡単な説明は、こちら

 


先日開催した、Aクラスの2回目にいただいた感想です。
 

今日もありがとうございました。
少しずつ自分が紐解かれていくのが面白いですね。腑に落ちていきます。
来月も楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・

参加させていただきありがとうございました。予習が不十分で、一生懸命聞いて手を動かしただけのようになり反省しております。自分の中で言葉の意味がごちゃごちゃしたりしますが、整理しながら聞かせていただいています。他の方の質問は興味深く聞かせていただいていましたが、それでも少し聞こえが小さかった時には先生が繰り返してくださりありがたかったです。どこからこのようになるのかなあ…という小さな思いが湧いては置き去りになりしますが、そんなところもいつか学べば面白いんだろうなあという気持ちです。

・・・・・・・・・・・・・・

頑固は目的の為の手段であり、本当の頑固は、にこやかに受け流すというあり方をきいて、なるほど!と思いました。面白いです。
他の方の質問からも学べて、みんなと学ぶことのありがたさを感じています。
次回もよろしくお願いします。

 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める2024(令和6)年1月の月運天冲殺(子丑天冲殺)

今月は、子丑天冲殺のみなさんの月運天冲殺です。
 

こちらで、ご自身の天冲殺等が調べられます。
 
感情的になりやすい人、寂しがり屋さん、迷い易い人、そして家族愛が強い人、調子のいい人などは特に注意が必要です。
 
今月、気をつけて頂きたいことをお伝えしようと思います。
ご自身の命式(陰占)の年支の部分を見て下さい。
簡単に言うと、生まれ年の干支(えと)です。
 
(注・算命学では、年の始まりが立春となりますので、その年の節分までに生まれた人は、前の年の干支になります。)
 

子年生まれの人

会社員や仲間に囲まれている人達ほど、現象が激しく現れることになります。
視野が狭くなり周りの状況に応じた行動が出来にくく、積極的に動いても空回りし、場合によっては周りの人達に損害を与える恐れが出て来ます。
今月は、視野が狭くなっているということを自覚して、多くの人と関わらないようにして下さい。
  

丑年生まれ、未年生まれの人

自分の周りで争いごとが起こり、それに伴い物事が進まないという状況が起こりやすくなります。
その争いのきっかけは自分自身が起こすことになります。
自分は良かれと思って他人に話したことが元となり、他人同士が争いを始めます。
組織や集団の中に身を置く人は、「口は禍のもと」をしっかりと命じて頂きたいと思います。
  

寅年生まれの人

意気投合する仲間や、仕事など、進行中の物事について、協力者が現れるようになります。そして、その仲間とともに何かを始めようとするのですが、その結果バランスを崩し、思うように物事が運ばなくなります。
この時期、自ら動くこと無く、どんなに期待を持ったとしてもそれを追わず、何かを新しく始めないことが大切です。
 

卯年生まれの人

今までの状態を保つことが出来なくなり、物事が変化したり、方向転換が起きやすくなります。変化したことにより、何か新しいことを始めたり変化を恐れて無理に継続させようとすると、大きくバランスを崩すことになります。
なので、この時期は物事が終わりを迎えてもそれを追わず、そして何かを新しく始めないことが大切です。
 

辰年生まれ、戌年生まれの人

他人のとばっちりを受けたり、不当に損害を受けやすいときです。
自分自身に全く身に覚えが無いのに誹謗中傷を受けたことで、それに対し反発したり避けようとすると、ますます置かれた立場が危うくなります。
この時期は何があっても黙し、天冲殺の期間を抜けてから反論をすることをお勧めします。
 

巳年生まれの人

伝統的なもの長く続いたものを、受け継いでいる人に現象としては現れやすいです。
今迄続けてきたものよりも新しいものに価値を感じやすい時期になります。これは、忍耐力が欠け、何かを諦めやすいという時期だと言えるので、この時期は今迄のものを決して手放さないようにして下さいね。
 

午年生まれの人

人から助けられやすくなり、その人の影響を受けた結果、仕事や人生の目的を見失い、大変迷いやすい月になります。
この時期は周囲に何を言われても迷いが生まれても、今迄の目的を変更せず、進む道を変えないことがとても大切なときです。
 

申年生まれの人

ご家族で仕事を一緒にしていたり家族の結束が固い人達ほど、注意が必要な月です。
必要以上に家族を自分に引き付けようとする行動にでやすく、そうした行為が何かを進めようとしたときに上手くことが運ばなくなります。
ですので、今月は努めて理性的に振る舞い、家族と一緒に仕事をしないことをお勧めします。
 

酉年生まれの人

自分を強く押し出していこうとすることで、目上と決裂したり経済的な損害を招く恐れがあります。
仕事上の関係であるにも拘わらず私的なことまで立ち入りすぎ、相手からは礼儀知らずと受け取られ、関係が終わりそれが仕事にも影響を及ぼします。
この時期は控え目に振る舞うことが大切です。
 

亥年生まれの人

仕事において情と理性との板挟みになりやすく、精神の葛藤が生まれ前に進む力が失われる月になります。
他人の言葉に左右されやすく、それにより行動した結果今まで保たれていたものが壊れるといった現象が起きてきます。
今月は淡々と自分のペースを守ることが、とても大切なときです。
 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める算命学で占う2024年1月の運勢(1月6日~2月3日)

 月占いは、さる命学教室の生徒さん達に、ローテーションで文章を担当していただいています。
今月は、『bodoko』さんです。
 基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。

暦について知りたい方はこちら

 

全体運(乙丑)

 算命学で使っている暦「干支暦」では、立春(2024年は2月4日)が新たな一年の始まり。よって、算命学の世界においては、今月は2023年最後の月にあたります。

 人々は、自分が置かれている環境の影響を強く受けそうです。春が来るのを待つ草木のように、それぞれの置かれている場所でしっかり根を張ることになるでしょう。たとえ環境が自分に合っていなかったとしても、それに負けないだけの辛抱強さも持ち合わせています。
 また、この時期、ひとりで行動するより、集団の中でこそ力を発揮できる人が増えそうです。人との精神的なつながりを求める気持ちも高まるでしょう。加えて、思考も行動も柔軟性があるので、結果、さまざまな分野の人々と交流することになるのだと思います。ゆっくりと交流を広めていくうちに、団結力の強いコミュニティを作ることになっていた、なんて人もいるかもしれません。
 新しい年はもうすぐ。次の段階に向けて、明るさを忘れずに焦らず進みましょう。

 

甲木

甲木

 今月の甲木さんは、新たな目的へと向かうため、今いる仲間たちと力を合わせて挑もうとするようです。
 仲間たちと活動するときは、知性・理性を活かして物事にあたろうとするのですが、この知性・理性が十分に発揮されるのは、世の中が平和で安定しているときです。安心で安全な環境に身を置くために、同じ目的を持つ人たちに声をかけて、仲間の輪を広げていこうとする人もいるかもしれません。
 なお、新しいことに挑戦しようと意気込んでいると、どうしても力みがちですが、肩の力を抜いて明るい気持ちで過ごす方が物事がうまくいきます。鏡を見てにっこりスマイルを作るのもいいですね。

 

乙木

乙木

 今月の乙木さんは、質素な生活を淡々と送りそうです。また、忍耐力が非常に強くなり、何があっても動じません。これまでの経験から、今はじっと待つときだと知っているのだと思います。敵を作って足を引っ張られたりしないよう、今は何をされても反撃はしません。草は、風に吹かれると柔軟になびく方向を変えるけれど、土の中にある根は揺らぐことがないのと同じように、傍からは柔らかそうに見えても、自分というものをしっかりと持っているのです。
 また、この時期、自分の内面を表に出さないため、新しい人と打ち解けるのは時間がかかりそうですが、その一方で、信頼できる相手だと認めると、生涯を通して付き合える仲間となるでしょう。
 今月のキーパーソンは、部下・後輩・年下など、自分より目下の人です。交流したり、アドバイスをしたり、目下の人と接する機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

 

丙火

丙火

 今月の丙火さんは、企画力に優れています。人の話に耳を傾け素直に受け入れることで、企画のタネとなるユニークな発想が生まれそうです。企画会議でも冴えていて、その場でひらめいたアイデアが受け入れられ、そのことで周りが刺激を受けて変化するといった場面も見られるかもしれません。
 せっかく良いアイデアが生まれても、なかなか行動する気になれない人もいると思います。でも、それはもったいないです。今月は、思いついたことは、行動に移した方が満足を得やすい時期。ぜひ行動してみてください。
 また、要領が良く、人の話を素直に聞くので、若い人は目上の人から可愛がられるでしょう。困ったことがあったとしても、指導や助言をしてもらえそうです。

 

丁火

丁火

 今月の丁火さんは、「何としても問題を解決したい」という気持ちが高まり、物事に忍耐強く関わるようです。何らかの戦いを続けてきた人の中には、終わらせようとする人もいるでしょう。
 若い人や経験が足りない人は、何が問題なのかを探るため、より深い知識を得ようと行動します。一方、さまざまな経験をしてきた人は、迅速・的確に状況を判断して、しっかり問題解決に取り組みそうです。来年、一歩引いた立場で後進の育成にかかわることになりそうなので、そのための前準備なのかもしれません。来年に備えて、お金をためてみたり、学びを深めてみたりするのもおすすめです。
 なお、今月は「情愛に溺れやすい」と出ています。どんな人でも受け入れる懐の深さは美徳にもなりますが、くれぐれも情にほだされないようご注意ください。

 

戊土

戊土

 今月の戊土さんは、自己保身が巧みです。体制に逆らうことはなく、組織内でうまく立ち回ることができます。
 たとえば、あなたが家庭をもつ男性なら、奥さんの言うことを聞き、家庭を大切にするでしょう。奥さんが機嫌を損ねたとしても、良い感じに対応できるので、奥さんは許してくれると思います。
 仕事では、補佐役として与えられた役目に忠実に業務をこなすので、働きが認められ、ポジションが上がる人もいそうです。
 大いなる目的を達成するためには、目的をもって取り組むことが大切ですが、思うようにいかずストレスがたまることがあるかもしれません。そんなときは、旅行や趣味で気分転換をはかって乗り切りましょう。

 

己土

己土

 今月の己土さんは、一生懸命に物事に取り組むようです。先月、自分の評判を落とした人は、それを挽回しようと頑張るのかもしれません。反対に評価を受けた人は、さらに皆のために役立ちたいと思い、頑張ろうとするのかもしれません。
 どちらにしても、「なんとかしなければ」という気持ちで行動するのですが、失敗してしまうこともありそうです。その場合、落ち込みはするものの、沈んだ気持ちを引きずることはなく、すぐに立ち直ります。草が、踏まれても、容易に折れたり、枯れたりすることがないように、今月の己土さんには、たとえ失敗を繰り返したとしても何度でも立ち向かうしぶとさが見られます。
 「失敗は成功のもと」と言います。経験から学んで、これからの人生に活かしていきましょう。

 

庚金

庚金

 今月の庚金さんは、信用を第一に考え、大切にするようです。
 事業をしている人は、競争相手に対し、信用で勝負するでしょう。どれだけ良い品を扱っているか、どれだけ良いサービスを提供しているか、自信をもってアピールするのが効果がありそうです。
 また、家庭もちゃんと大切にします。部屋を片付けたり、掃除をしたり。貯蓄をして、無駄遣いもしません。もし、家族と約束をするようなことがあれば、必ず守るようにするとさらに絆が深まるでしょう。
 この時期は、何か突発的なことが起きても、うまく切り抜けられます。それは、庚金さんが常日頃からきちんと備えていて、周囲の信頼を得ているという背景があってのこと。「信頼は一日にして成らず」ですね。

 

辛金

辛金

 今月の辛金さんは、奥ゆかしく、かわいらしいところがあり、時折見せるさりげない優しさも相まって、老若男女問わず誰からも好かれそうです。周りを変化させる不思議な魅力があり、うまく説得や仲裁が行えるでしょう。
 裏表のない性格が悪く出ると、単なるお人好しになってしまうおそれもあります。けれども、そこに付け込んで騙そうとする人が現れたとしても、「この人はだましてはいけない」と相手の気持ちを変えてしまう、それほどの魅力が今月の辛金さんにはあるのです。
 さらに運を引き寄せたいなら、言葉遣いや身なりに気を配ってみましょう。高い評価を得ることができそうです。

 

壬水

壬水

 今月の壬水さんは、集団に身を置きながら、個を保つことができそうです。そのため、集団の顧問や参謀的な役割を果たす人もいるでしょう。集団の和は乱さず、自分の美学や信念を貫こうとします。
 周囲の目に映る壬水さんは、明るく社交的で、悩みなどないように見えるかもしれません。ですが、他人にはわからなくても、実際には心に孤独を抱えているのだと思います。ちなみに、大谷翔平選手は、壬水さんです。
 今月運気を安定させるために意識したいのは、関わる人には誰に対しても、平等な思いやりを持って広く浅く接することです。特定の人に肩入れするのは、おすすめできません。また、何かを計画してみると、いつも以上に良いアイデアが浮かんで大いに役立つかもしません。

 

癸水

癸水

 今月の癸水さんは、温厚で、健康的で、生き急ぐことがなく、精神的に充実しています。グループ活動に適している時期なので、仲間と楽しく作業をしたり、何かを発信したりするのかもしれません。力んだり、飾ったりすることなく、自然体で発信することができるので、内容が理解されやすく、多くの人たちに伝わるでしょう。
 グループ活動をするということは、必然的に多くの人と関わることになりますが、問題は起こりにくいと思います。なぜなら、この時期の癸水さんは、他人の心の中にまで踏み込むことはないからです。自分と他人の境界線を理解していて、その辺のバランス感覚にも優れています。
 なお、一度取り組み始めたことは、途中で止めたりせず続けましょう。そして、続けるためには特別な知識が必要になるかもしれず、学ぶことも大切です。

  

 (bodoko)

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

新年あけましておめでとうございます。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


株式会社さる山さる子
代表取締役 進藤千津子
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

2023(令和5)年末のご挨拶

 今日は2023(令和5)年12月31日、大晦日です。算命学で使用する暦、即ち、干支暦では、新年は立春(2024(令和6)年は2月4日)から始まるのですが、世間一般(グレゴリオ歴)では、明日1月1日から新年が始まります。

 という事で、本年も大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

 又、株式会社さる山さる子は、本年12月10日、前身の「整体占いさる山さる子」(小田急相模原店)の開業より、12周年を迎える事が出来ました。これもひとえに、お客様の支持があっての事、いつも御贔屓頂き、ありがとう御座います。

 今年のさる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」を振り返ると、算命学ブートキャンプが54回、そら組が48回開催されました。

 又、中級課程修了者が講師を務める新しいクラス「花組」がスタートしました。

 この様に、今年も多くの方がさる命学教室に学びに来られた訳ですが、既存の講座の更なる充実は勿論、来年は「上級課程」、そして、「アマチュアの上位からプロの中級程度の人材を育てる新たなコース」の開講が出来る様、益々力を入れていきたいと思っています。

 それ以外にも、教科書、YouTube、帝王学教室、DVDの製作等も、出来る限り、進めていきたいと思います。

 それでは、皆様の年始が素晴らしい時となる様、祈念しております。

(さる山隊長)

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

新体制でスタートした、基礎理論ブートキャンプと12周年

12月9,10日は、今回から新たに始まる新体制のブートキャンプ、初回でした。

新体制初のブートキャンプでした

時間がかなり短くなったので(1日目は休憩を入れて約12時間だったのが8時間弱になりました)、講師も受講者もかなり楽そうで、現地のみの少人数だったこともあって、終わってから分かりにくかったことを振り返って話し合うような余裕もあるし、和気藹々とした雰囲気でした。
 

そうそう、「あちこちで講師の隊長の癖が強めというようなことを書いているので、どんなものかとちょっとビビっていたけど、全然大丈夫でした」と言われましたよ。
 

記事を書いていたら、良いタイミングで通知が来たので、ちょうど届いたばかりの感想をアップします。

算命学初心者です。内容が難しく隊長の話をしっかり聞かないと理解できないのでテキストがあるのは大変助かります。オリジナルキャラクターのサルが所々描かれているので文字ばかりでなく癒されます。

内容は一度聞いただけだと理解するのは難しいと思いますが受講が始まる前にお読みください…のプリントを読んでいたので思っていたよりもリラックスして受講できました。
質問は答えられなくても大丈夫だし、隊長は思っていたよりも話しやすい方です。そらまめさんは穏やかで優しい方です。
先は長いですが、全課程しっかり学びきりたいと思いました。

 

12周年だったので

たまたま、今日12月10日は、整体占いさる山さる子が12年前にできた日で(私の誕生日でもある)、毎年この日に隊長がケーキを買ってくれて、その場にたまたま居合わせた人とハッピーバースデーの歌を歌って一緒にケーキを食べていただくというささやかなイベントをやっているのですが、今回の生徒さん達にも、つきあってもらったのでした。
 

明日から、さる山さる子ができて、13年目のスタートです。
12年で支が一巡して、新たな12年の始まりです。どんな年になるのでしょうかね~^^。

 

次回の基礎理論ブートキャンプは、

次回の基礎理論ブートキャンプは、来年2024年1月13,14日(土・日)です。
本当の算命学を学びたい方、算命学を論理的に理解したい方、ぜひ、ご参加下さいね!

(そらまめ)

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ