※コメントを入れたい方は、更新日をクリックしてください。

自分の性質を知りたい方はこちら



【おすすめ記事】

算命学をどこで習うか? 学校・教室の賢い選び方

『理』(ことわり)の算命学・陰陽五行説的な解説

【最近の投稿】

算命学の6月16日の占い

辛亥(しんがい)の日(冬の宝石)。今日は、磨かれた短刀と錬磨された剣が使用される姿となる。物事が大きく動き新しいものへと生まれ変わろうとする日。 

甲木:姿勢を正す日。
乙木:結果から学ぶ日。
丙火:準備を急ぐ日。
丁火:仲介役になる日。
戊土:鋭い勘が働く日。
己土:品定めをする日。
庚金:未来会議を開く日。
辛金:未来を夢見る日。
壬水:沈着冷静な日。
癸水:明るさが大切な日。

ご自分の性質を知りたい方はこちら

算命学命式算出ソフトの製作秘話

ソフト画面

 今回は、さる山さる子の算命学命式算出ソフト、略して「さる命学ソフト」(正式名称です。)の製作に当たって、どの様な事を考え、どの様な点に苦心し、どの様な工夫をしたのか等、製作にまつわるお話しをしたいと思います。
 

 まず、算命学命のアプリ(アプリケーションソフトの略)を作ろうと思った切っ掛けですが、これは、整体占いさる山さる子という事業が始まる以前に、現町田店店長(株式会社さる山さる子の取締役)の佐藤が、義父より譲り受け、使用していた算命学のソフトが間違いだらけで、それを見た私(さる山隊長)が、あまりの出鱈目ぶりに激怒した事にあります。

 当時、整体占いさる山さる子の事業が始まったばかり(2011年12月~2014年の事です。)で、佐藤が占いをする際に、件のソフトを使用していた訳ですが、間違いをいちいち修正しながら使用しなければならず、使い勝手がとても悪かったのです。
 

 そこで、もっと正確で、使い勝手の良いソフトはないものかと探してみたのですが、良い製品が全く無く、であれば、いっその事自分達で作ってしまえと思った訳です(ソフトを本格的に開発し始めたのは、2014年4月の事です。)。

 この様な安易な考えが、後に自分達を大いに苦しめる事になるのですが、しかし、そのお陰で日本一の算命学のソフトだと堂々と言えるくらいの良い製品を作る事が出来た訳だから、今となっては、安易な考えも、それを貫き通せば吉と出る事もあるのだ(但し、少数例だろうけどね。)と思っています。
 

さる命学ソフトの拘り

 では、ここからは、「さる命学ソフト」について、どの様な点に拘って製作したのか、「こだわり」に焦点を当てて、お話しをしたいと思います。
 

1 正確である事(正確性)

 そもそも、自分達で命式算出ソフトを開発しようと思った切っ掛けが、間違いだらけのソフトだったので、正確性にはとことん拘りました。

原典算命学大系

 具体的には、原典算命学大系を始め、高尾宗家の講義ノート等、あらゆる情報を精査し、その上で、各占技等を分析し、条件分岐(ここでは、どういう条件の場合に、どういう表示をするかという計算式の事を指す。以下、同じ。)を考察、記述していきました。
 

 算命学では、宿命星を重視せず、後天運を重視するので、特に、後天運が正確に計算出来る様にプログラムを工夫しました。又、意見が分かれる守護神については、8種類の守護神法を採用し、その占技に合わせて使い分けをしています。尚、守護神の判定については、敢えて、少し甘め(緩やか)な設定にしています。これについては、動力占技・平力占技(三命図式法黄元の型)についても同様です。
 

 ところで、原典算命学大系も、他の教科書や資料も、一見すると、しっかり書かれている様に思われるのですが、それを元に、ソフトの仕様書(条件分岐)を書こうとすると、とても難しいのです。

 具体的には、①様々な条件が相互に絡み合って複雑である事、②前提の条件が分からなければ、成り立たないという場合が多い事、③Aというパターンもあれば、Bというパターンもあるとか、この様な場合も準ずる現象が現れるとか、非常に曖昧な定義(記載)がされている事が多い事、④そもそも、記載されている条件自体が、最初から誤っている(その条件を満たす組み合わせは存在しない)等の理由が挙げられますが、簡単に言ってしまえば、算命学に関する相当高度な知識がなければ、条件分岐を書けないし、一般のSEやプログラマーに正確に意図を伝える事も出来ないし、更に、SEやプログラマーも、余程優秀でない限り、説明されても、おそらく理解出来ないだろうという事です。

 算命学のソフトを製作しようと思って、この部分で挫折した人は多いでしょう。これが、算命学の命式算出ソフトがあまりない理由であり、又、それなりに使えるソフトともなれば、高額になる理由です。
 

 大手の学校でも、ソフトを作って売っていたりもしますが、何故その出来が悪いのか、何故さる山のソフトが売れているのか、その理由は、正にここにあります。

 私は、仕様書の全てを一人で書いた訳ですが、この作業に膨大な時間(デバッグ期間を含め、5年以上)を掛けてしっかりと向き合ったからこそ、それが出来たのであって、一朝一夕には出来ないだろうし、開発費用も相当な額になるでしょう。

 纏めると、長い時間を掛けて資料を読み込み、分析し、不具合がある部分については、陰陽説・五行説の考え方を基準として、条件の見直しや、追加の条件を挿入する等して対応した結果として、原典算命学大系に忠実で、正確なソフトが出来たという事です。

 「正確性に拘った。」と、言ってしまえば一言ですが、そこには、語り尽くせない、膨大な思考・作業があった訳です。正直言って、私は、同じ事はもう出来ないと思います。
 

2 見易い事(デザイン性)

 デザインは、ユーザビリティー(Usability、使い易さ)にも関わる重要な要素ですが、さる命学ソフトの製作に当たっては、「ぱっと見て分かる事」=見易い事=デザイン性に優れると定義し、徹底的に拘りました。

 占い(鑑定)の現場では、紙に印刷して使用するのが一般的(この方が、お客さんに見せる事が出来、且つ、事前・事後にメモ書きも出来る。)なので、特に、A4(一般的な用紙のサイズ)に収まるようにデザインに腐心しました。

 デザインを担当したのは、さる山さる子の初代社長のそらまめです。元富士通のSE、そして、デザイン事務所経営(個人事業)の経験を活かして、ソフトの全てのデザイン、イラストを一人で製作しました。
 

 さて、「占い」というサービスの提供は、多くの場合、時間単位で行われ、当然、料金も、時間単位で設定されています。という事は、命式の算出や加工、分析・理解に時間が掛かると、その分、お客さんとの会話=お客さんが認識するサービスの提供時間が少なくなる訳で、当然、それは顧客満足度の低下、再来店(リピート)率の低下、売上の減少をもたらす事になります。

 どんなに計算式が正しく、正しい結果が出ているのだとしても、それが見にくければ、現場では全く使えません。正しい計算式(プログラム)は、見易いデザインがあってこそ、真に役立つものとなるのです。
 

ソフト4

 そんな訳で、さる山では、デザインにとても拘っているのですが、具体的には、主要な(よく用いられる)占技の表示をブロック化して、福笑い人形の様に、A4の紙面に配置してはやり直す事を何度も何度も繰り返し(何回修正したかは正確には覚えていないが、100回は優に超える。)、デザインを練り上げていきました。

 仕様書(条件分岐、収録する占技)が変更になれば、当然、デザインも変更になる訳だから、こちらも、先の見えない厳しい作業だったと思います。しかし、挫けずにやりきったからこそ、堂々と「デザイン性に優れた見易いソフトです。」と言える製品が仕上がった訳です。
 

3 使い易い事(操作性)

 このソフトは、算命学の占者が「占い」というサービスを顧客に提供する現場において、又、算命学の講師が算命学を教授する現場において、最も優れたパフォーマンス(成果)を発揮する様な設計になっています。
 

 ここではとても語り尽くせないくらい、様々な工夫をしているのですが、一つ例に出すならば、年・月・日が、バラバラに送れる機能(1クリックで前後に1年動かす、1月動かす、1日動かす事が出来る。)を付けた事が挙げられます。

 この機能は、例えば、会社の設立日を選定する、或いは、教育の際に相応しい例題を探すという場面を想定して追加された機能ですが、実際に、さる山さる子が法人成りする際も、この機能を使用して、会社設立日(=会社の誕生日)を選定しましたし、さる命学教室で使われる例題も、この機能を利用して選定しています。

 つまり、占者・講師と立場の違いはあれども、算命学を日々使用するプロフェッショナルの為に、少しでも使い易くなる様な様々な工夫を凝らしてあるという事です。
 

 そして、何よりも、説明書・マニュアルを見なくても、何となくいじって使える様な操作性を追求しています。

 現場では、「これどうするんだっけ?」と迷った際に、マニュアル(説明書)を出して来て、それを読んで解決するなんて時間は到底ありません。故に、簡単に、誰でも見た感じで操作出来る事が重要で、さる命学ソフトは、それを追求して製作しました。

 なので、さる命学ソフトをご購入頂いた方には、是非、色々といじってみて欲しいと思います。
 

4 多くの占技を収録する事(網羅性)

 さる命学ソフトは、原典算命学大系を始め、高尾宗家の著書や講義ノートに収録された占技の大部分を収録しています。勿論、集団占技等、プログラムに馴染まない技術もあり、完全に全ての占技等を収録している訳ではありませんが、2024年5月現在、さる命学ソフト以上に多くの占技を収録している製品は見当たりません。

 尚、どれくらいの占技等が収録されているのかについては、こちらをご覧下さい。
 

 算命学の占技は多数ありますし、今後も新たな占技が生まれるでしょう。しかし、実際に現場で使われている占技は、それ程多くはありません。であれば、こんなに多くの占技を収録する意味があるのかと疑問を持たれるかも知れませんが、算命学の「占い」(未来予測)は、部分占技の集合体です。又、算命学の運命論は、「間接」運命論です。
 

 即ち、算命学では、物事を直接的に考察・推察するのではなく、あくまでも間接的に、具体的には、小さな技術(占技)を幾つか組み合わせる事によって、何事かを知ろうとしています。

 という事は、細かい技術(占技)を知っておかなければ、大きな推察、運命の把握が出来ないという事になります。それ故に、さる命学ソフトの製作に当たって、なるべく多くの占技を収録しようとした訳です。
 

 纏めると、算命学は、小さな技術を複数組み合わせて使う事によって、何事かを推察する(占う)訳だから、なるべく多くの技術を知っていた方が、様々な応用が利く様になる訳で、その為に、出来る限りの占技を収録したという事です。

 さる命学ソフトの「拘り」は、これら以外にも沢山あるのですが、とても語り尽くせるものではないので、この程度にしておいて、次の話題に移ろうと思います。
 

さる命学ソフトの製作期間

 さる命学ソフトの開発が本格的に始まったのは、2014年4月の事です。それ以前より構想はあって、条件分岐(仕様書)は少しずつ書いていたのですが、優秀なSE・プログラマーも参加し、本格的に作業を開始したのがこの時です。

 さる命学ソフトを一般に販売し始めたのは、2017年4月ですから、開発期間は約3年ですが、発売後2年くらいは、引き続きデバッグ(プログラムが正常に動作するか検証する事)を行い、不具合や誤りを修正したり、よりよいものへと改善していったので、実質的な製作期間は5年と言って良いでしょう。
 

ソフト5

 この時期は、さる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」の講義原稿の執筆もあったので、休みなど全くなく、目が回るくらい忙しかったです。腕や手首、指が動かなくなって、ボタンが留められなくなったり、箸が持てなくなったりして、又、目眩や動悸がして、エナジードリンクと救心を飲みながら仕事をしていました。今振り返ると、よく死なずに済んだものだと思います。そして、あんな無茶な働き方は、もう出来ないでしょう。正直、弾は飛んで来ないものの、イラク勤務よりずっと大変でした。
 

さる命学ソフトの製作者

 ここで、さる命学ソフトの製作メンバーについて、紹介しておきましょう。

 全般の構想、資料の収集・分析、仕様書の執筆、Premiumの解説原稿の執筆を私、さる山隊長が担任し、表示のデザイン全て、プログラムの一部を社長のそらまめが担任し、大部分のプログラムを非常に有能な外部スタッフであるれっさが担任しました。それ以外に、デバッグの一部を整体占いさる山さる子町田店の店長である佐藤が担任しました。
 

 この様に、さる命学ソフトは、ソフトの製作会社に丸投げした訳ではなく、完全に、自社で設計・製造しています。それ故に、誤りがあればすぐに是正し、修正プログラムを配布したりする事も出来た(今は誤りが見付かる事自体がありません。)訳です。
 

ソフト6

 余談ですが、日本一の算命学教室を自認するさる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」は、ソフトの製作が始まって以降に開講した為、ソフトの製作時に培った算命学のデータ(組み合わせ論、表出割合(分母・分子)等)に基づいた合理的な講義が行われています。何となくとか、大体ではない、正確なデータに基づいた講義が出来るのも、算命学命式算出ソフトの仕様書・解説を書いた本人が、講義原稿を書いているからです。算命学を基礎から詳しく学びたいという方は、是非、さる命学教室の講義を受講して下さい。
 

さる命学ソフトは、こういう人に使って欲しい

 最後に、これだけ苦心して作り上げた自信作であるから、こういう人に使って欲しいという思いを綴ってみたいと思います。
 

 算命学は、一般に、占いの術であると認識されていますが、占いの術は、算命学の表層に過ぎません。実際には、算命学は、陰陽説・五行説に始まる思想・哲学で、この宇宙(空間+時間)がどの様な仕組み、ルールで成り立っているのかを解き明かし、その理解の下に、自分の運命を望む様にコントロールしていこうとしています。

 即ち、算命学は、物事をどの様に捉えるのか、認識するのかという思想・哲学であるから、その理解がないままに技術(占技)のみを使用しても、その人物の状況の把握、運命の改良に全く役立たないものとなってしまうのです。
 

 さる山さる子の算命学命式算出ソフト、略して「さる命学ソフト」は、占いの技術(占技)に関するプログラムであり、特に、Premiumは解説文(ある意味、占技の答え)も表示されるから、安易にこれに頼る人がいるのも事実です。

Premium

 しかし、算命学を上手く活用する為には、基礎理論(陰陽説・五行説・暦術思考)の理解が欠かせません。Premiumで表示される解説をそのまま読むだけで占いが出来ると思ったら大間違いです。
 

 私達が心血を注いで作り上げたソフトを正しく、そして、上手に活用する為にも、是非、算命学の基礎理論をしっかりと学んで頂きたいと願っています。

 さる命学ソフトをお買い上げ頂けるのは、とても嬉しい事なのですが、実は、それよりも算命学の基礎理論をしっかり学んで欲しい為、どちらかと言えば、さる命学教室で学んで欲しいと思っています。それ故に、さる命学教室では、WスクールもOKにしていますし、ある程度学んだ後にはソフトの大幅な割引措置を設けてもいます。
 

 算命学の思想・哲学・占技をしっかり学んだ人にこそ、さる命学ソフトを使用して欲しい、それが開発者としての思いです。勿論、ソフトを使いながら、勉強をしていくのも有りだと思います。何れにせよ、算命学に真摯に関わる多くの方に使って頂きたいと思っています。
 

(さる山隊長)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める2024(令和6)年6月の月運天冲殺(午未天冲殺)

今月と来月は、午未天冲殺のみなさんの月運天冲殺です。
 

こちらで、ご自身の天冲殺等が調べられます。
 
感情的になりやすい人、寂しがり屋さん、迷い易い人、そして家族愛が強い人、調子のいい人などは特に注意が必要です。
 
今月、気をつけて頂きたいことをお伝えしようと思います。
ご自身の命式(陰占)の年支の部分を見て下さい。
簡単に言うと、生まれ年の干支(えと)です。

※丑と未、辰と戌は、同じ性質のためそれぞれ同じ内容になります。
 
(注・算命学では、年の始まりが立春となりますので、その年の節分までに生まれた人は、前の年の干支になります。)
 

子年生まれの人

伝統的なもの長く続いたものを、受け継いでいる人に現象としては現れやすいです。
今迄続けてきたものよりも新しいものに価値を感じやすい時期になります。これは、忍耐力が欠け、何かを諦めやすいという時期だと言えるので、この時期は今迄のものを決して手放さないようにして下さいね。
 

丑年生まれ、未年生まれの人

仕事において情と理性との板挟みになりやすく、精神の葛藤が生まれ前に進む力が失われる月になります。
他人の言葉に左右されやすく、それにより行動した結果今まで保たれていたものが壊れるといった現象が起きてきます。
今月は淡々と自分のペースを守ることが、とても大切なときです。
 

寅年生まれの人

自分の周りで争いごとが起こり、それに伴い物事が進まないという状況が起こりやすくなります。
その争いのきっかけは自分自身が起こすことになります。
自分は良かれと思って他人に話したことが元となり、他人同士が争いを始めます。
組織や集団の中に身を置く人は、「口は禍のもと」をしっかりと命じて頂きたいと思います。
  

卯年生まれの人

他人のとばっちりを受けたり、不当に損害を受けやすいときです。
自分自身に全く身に覚えが無いのに誹謗中傷を受けたことで、それに対し反発したり避けようとすると、ますます置かれた立場が危うくなります。
この時期は何があっても黙し、天冲殺の期間を抜けてから反論をすることをお勧めします。
 

辰年生まれ、戌年生まれの人

会社員や仲間に囲まれている人達ほど、現象が激しく現れることになります。
視野が狭くなり周りの状況に応じた行動が出来にくく、積極的に動いても空回りし、場合によっては周りの人達に損害を与える恐れが出て来ます。
今月は、視野が狭くなっているということを自覚して、多くの人と関わらないようにして下さい。
  

巳年生まれの人

自分を強く押し出していこうとすることで、目上と決裂したり経済的な損害を招く恐れがあります。
仕事上の関係であるにも拘わらず私的なことまで立ち入りすぎ、相手からは礼儀知らずと受け取られ、関係が終わりそれが仕事にも影響を及ぼします。
この時期は控え目に振る舞うことが大切です。
 

午年生まれの人

ご家族で仕事を一緒にしていたり家族の結束が固い人達ほど、注意が必要な月です。
必要以上に家族を自分に引き付けようとする行動にでやすく、そうした行為が何かを進めようとしたときに上手くことが運ばなくなります。
ですので、今月は努めて理性的に振る舞い、家族と一緒に仕事をしないことをお勧めします。
 

申年生まれの人

今までの状態を保つことが出来なくなり、物事が変化したり、方向転換が起きやすくなります。変化したことにより、何か新しいことを始めたり変化を恐れて無理に継続させようとすると、大きくバランスを崩すことになります。
なので、この時期は物事が終わりを迎えてもそれを追わず、そして何かを新しく始めないことが大切です。
 

酉年生まれの人

意気投合する仲間や、仕事など、進行中の物事について、協力者が現れるようになります。そして、その仲間とともに何かを始めようとするのですが、その結果バランスを崩し、思うように物事が運ばなくなります。
この時期、自ら動くこと無く、どんなに期待を持ったとしてもそれを追わず、何かを新しく始めないことが大切です。
 

亥年生まれの人

人から助けられやすくなり、その人の影響を受けた結果、仕事や人生の目的を見失い、大変迷いやすい月になります。
この時期は周囲に何を言われても迷いが生まれても、今迄の目的を変更せず、進む道を変えないことがとても大切なときです。
 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める算命学で占う2024年6月の運勢(6月5日~7月5日)

 月占いは、さる命学教室の生徒さん達に、ローテーションで文章を担当していただいています。
今月は、『bodoko』さんです。
 基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。

暦について知りたい方はこちら

 

全体運(庚午)

 今月は、芽吹いた新芽がぐんぐん生長するように、今までの状況が勢いよく変化していきます。これまでに学んだことを活かして、何かを変えたり、新しいものを創造したりと、積極的に物事を進めていくことになるでしょう。

 迅速かつエネルギッシュに行動するからこそ、人生における良いときと悪いときの差が大きく、喜怒哀楽も激しくなる時期なので、エネルギーを使い果たしてしまう恐れもあります。

 今は「守って良し、攻めて良し」で、未来を守るために情熱を持って物事に取り組む流れが来ています。変化を受け入れ、未来を信じて、たとえ苦しくとも行動を止めずに進んでいきましょう。

 

甲木

甲木

 今月の甲木さんは、基本受け身で、環境や流れに逆らうことはありませんが、自分が正しいと信じることをしっかり行動していきます。性格としては、一途で裏表がなくピュアな面が表れるでしょう。物事を行うときには、私利私欲にとらわれずに大きな目的を持って取り組むことで、充実感が得られそうです。

 また、自分の持つ知恵や技術を、周りの人たちのために使う機会もあるでしょう。自分自身が直接力を貸すだけでなく、場合によっては人に教えたりすることもあるかもしれません。

 このように、誰かのために行動する時機ではあるのですが、時には一人の時間を大切に。本を読んだり、芸術に親しんだりするのがおすすめです。

 

乙木

乙木

 今月の乙木さんは、自意識とプライドが非常に高いでしょう。その気持ちは、「自分の名誉を守れないなら死んだ方がマシ!」というほど強いもので、周囲に対して恥ずかしくないよう、清潔感を演出し、服装にも気を遣い、真面目に振る舞います。組織や集団の中で名誉ある評価を受けて、正装して受賞式に臨むような人もいるかもしれません。

 なお、この時期は、自分が得た役割を活かして、何かを変えていくことで道が開けます。何かを変えようとすると、必ずと言ってよいほど周りから抵抗を受けますが、傷つくことを恐れずに挑戦あるのみです。実より名を取る時期なので、傷つけられたくない気持ちが勝って、強い立場の人に媚びて従いがちではありますが、本当にそれでいいのか、冷静になって考えてみてくださいね。

 

丙火

丙火

 今月の丙火さんは、人を助けたいと手を差し伸べるようです。ただ、その助けは、ひとりよがりで押しつけがましいものになりやすく、相手から「正直ありがた迷惑…」と思われることもありそうです。それでいて、助けたのに相手から感謝されないとなると、イライラして怒りをぶつけたり、冷たい態度をとってしまったりしがちです。

 その他にも、その人は助けられたとしても、それ以外のところで多くの犠牲を出すような残念な結果に終わることもあるかもしれません。

 そうならないためにも、感情に流されない心を持って、広い視野で物事をとらえるよう意識してください。これまでに大きな経験を多く積んでいる丙火さんは、感情に流されにくいので、大きな失敗は避けられるでしょう。一方、経験を積んでいない丙火さんは、失敗したときに、そこから学ぶことが大切です。

 

丁火

丁火

 今月の丁火さんは、観察力・洞察力があり、実生活に役立つような、現実的な知恵を発揮するようです。これまでに準備・蓄積してきたものを活用して、さらに大きくしていこうとするでしょう。例えば、お金を貯めるにしても、銀行に預けるのではなく、株や債券を買うなど、運用をしてさらに大きく増やそうとするようなイメージです。

 また、企画力に恵まれる時期ですから、将来に対してもしっかり計画的に準備を進めていきます。その姿は、危なげなく、とても安定感があります。

 なお、この時期は、礼儀を重んじると事がうまく運びます。相手に対する敬意や感謝が伝わる丁寧な所作・言葉遣いを、いつも以上に心がけてみてはいかがでしょうか。

 

戊土

戊土

 今月の戊土さんは、我慢しません。目的を達成するために、自分のやりたいようにやっていくようです。また、その目的を達成するために必要なお金を手に入れる運も巡ってきています。

 一方で、家の外で他人に人当たり良く接している反動からか、家庭ではワガママに振る舞ったり、自分の意見を押し通したりしがちで、家族に嫌がられるかもしれません。今までコツコツ積み重ねてきたものであっても、失うのは一瞬だったりします。家族を大切にするよう心がけましょう。

 世のため人のためになる大きな仕事を大いなる志でやり遂げようとしているなら、家族のことはどうしても後回しになってしまうでしょうが、覚悟を決めて挑んでください。

 

己土

己土

 今月の己土さんは、誰かに理解してほしいことがあり、説得を試みるようです。この時期、洞察力に優れ、堅実に行動するのですが、時にわざと声を荒らげたり、乱暴な言葉を使ってみたりすることもありそうです。一筋縄ではいかない人を相手にするのかもしれませんね。長年積み重ねてきた信用があれば、うまく説得できるでしょうが、説得に失敗して理解されないと寂しさを感じるでしょう。

 また、この時期、金銭感覚がおかしくなって浪費しがちです。人を説き伏せるためなら、お金に糸目をつけない傾向があり、例えば、借金をしてまで目的を果たそうとしたり、選挙に立候補して選挙運動費用を使い果たしたりするかもしれません。

 

庚金

庚金

 今月の庚金さんは、スター性があり、他の人からすると、目立つ存在・気になる存在です。爽やかで、周りから可愛がられ、注目されながらも敵を作りません。無理なくどんな人とも馴染めるので、周囲の和を保ちながら、一本筋を通すことができるでしょう。何か目的を持っているなら、多くの人に知ってもらえるよう、遠くへ出かけてみるのがおすすめです。

 なお、周りの人たちは、そんな爽やかさに惑わされて、庚金さんのやり方を変えさせようとしてはいけません。この時期の庚金さんは、心に「自分は常に自分」という気持ちを強く持っているので、猛反発され、大ダメージを食らう恐れがあります。ただ、これは自分を守ろうとした結果で、相手を攻撃したつもりは微塵もないのです。

 

辛金

辛金

 今月の辛金さんは、ある目的を達成しようとする仲間を集め、今後の計画を立てるようです。その仲間たちは、積極的で行動力も持ち合わせているものの、今はまだ話し合いの段階。実際に計画に沿って行動を起こすのはもう少し先になりますが、この時期にじっくりと時間をかけて話し合ってこそ、願望を叶えることができるのです。

 なお、話し合いに参加するメンバーは、自己主張が強い人が多いため、たくさんの意見が飛び交い、相手を攻撃するような意見も少なからず出そうです。そんなとき、ただ攻撃的な主張をするのではなく、「これは、精神を磨き人格を高める良い機会だ!」ととらえて対応してみてください。きっと物事が良い方向へ動き出すでしょう。

 

壬水

壬水

 今月の壬水さんは、世の中が慌ただしく不安定なときこそ、大いに活躍できます。混沌の中から新たな道を見つけ、現状を変えるために積極的に行動し、新しい未来を拓こうとするでしょう。信頼され、人気を得ている人は、大きな変化を起こすことができそうです。賛同してくれる人を見つけたら、協力するのも良いでしょう。

 ただし、新しい道を拓くには、多くの苦労が伴うため、相当な覚悟が必要となります。また、短期間で激しくエネルギーを消耗することになるので、集中力や注意力の低下が起こりがちです。突発的な事故につながりかねませんので注意が必要です。

 一方、普通の生活を送っている人は、精神的な葛藤を抱えることになるかもしれません。そんなときは、友人か兄弟姉妹に協力をお願いすれば、バランスが取れて楽になるでしょう。

 

癸水

癸水

 今月の癸水さんは、本来「頭脳明晰な人」と評価されやすい時なのですが、何かと葛藤を抱えやすくスッキリしないかもしれません。この時期、知恵は行動と一体となっているため、行動しなくなれば、知恵も生まれなくなってしまうのですが、なんとなく自分からは動けず、受け身で過ごしてしまいがちです。

 また、「こうした方が合理的だ」と頭ではわかっているのに、理性では解決できない何かを抱えてしまうこともありそうです。ですからむしろ、よく考える前にとっさの判断で行動したときの方が、冷静に対処でき、知恵もよく働くでしょう。

 もし、何かの選択に迷ったら、感情を抑え、合理的な方を選ぶことをおすすめします。また、「これが私の生きる道!」というブレない軸を心の中に持って行動するのも良いですね。

  

 (bodoko)

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学+カウンセリングの講座【空組】の募集がまもなく終了します。

空組バナー

2024年6月7日(金)18:30にスタートする、月1回の算命学講座【空組】についてのご案内です。
ありがたいことに、おかげさまでたくさんのご応募をいただいていますが(空組は回を重ねる毎に受講のお申込が増えます)、締め切りがまもなくとなりました。5月30日の午前中までにお申込下さい!
 

自然の観察が出発点の、算命学とただ見るカウンセリング

算命学は、占い師になる気がなくても、学ぶことで人生にとてもとても役に立つものです。なぜなら、自然の法則を観察することで成立した思想・哲学だからです。

そして、私(空組講師のそらまめ)が作ったただ見るカウンセリング』も、自然を観察することがスタートなので、とても親和性が良いのです。
 

ラクをしたくて観察しました

なぜ、私が自然を観察したかというと、自分がラクをしたかったからです。

ラクをしたいというと、まずは怠けることが浮かびますが、怠けて目の前のことから逃げたところで、苦しくなるばかりでラクになりはしません。
 

しかし、自然の法則は、必ず同じことが起きて来ます。夜の後には朝が来るように、水が高い所から低いところに流れるように、薔薇の木には薔薇の花が咲くように、同じことが必ず起きます。表面的に私たちの目に見える物事の推移の裏側には法則があって、その法則を掴むことで、同じ結果が得られるようになるのです。
 

リンゴの木にはどうしてリンゴの実がなるの?


法則を掴んで行動に活かし、同時に自分を活かして生きることが本当のラクだと気付いてから、私は自然を観察して、法則を掴むという作業を繰り返してきました。それらが蓄積して使える形になったものが、ただ見るカウンセリングです。
 

最初にただ見るカウンセリングができた後に算命学について知ったのですが、言っていることや目指しているところが同じなので、「算命学、使える!」と思い、2011年にさる山さる子を作って、算命学を事業の柱にすることにしました。そして、隊長が原典や中国古典を読み込んで作り上げたカリキュラムに、ただ見るカウンセリングを乗せる形で、空組のカリキュラムはできあがっています。
 

興味がある方は、『受講申込フォーム』からお申込下さい。

算命学講座【空組】は、一から算命学を学ぶ方はもちろん、隊長の講座を受けた方の復習としても、お使いいただける講座になっています。さらに今回は、花組を学んで興味が出て、さらに先を学んでみたい方も参加されています。

講師のそらまめ(私)があまりに多忙なので、これを逃したら数年間は新しいクラスを作ることができないと思います。ですので、気になっている方は、とりあえず最初の数回だけでも受けてみられてください。下の、『受講申込フォーム』からお申込下さい。
 

(そらまめ)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

前回(2024.5.6・7)の算命学基礎理論ブートキャンプ

日々、あっという間に時間が過ぎ去っていきます。
前回の基礎理論ブートキャンプはGWの最後の2日間で行いました。近くの方々が現地に来られたり、九州や中国地方からZoomで受講されたり、もうすぐ中級課程を卒業する方が復習のために再受講されたりでした。

都道府県の偏りがわりとあるのですが、それってなんでだろうなぁと思っています。算命学を耳にしやすい地域と、そうでない地域があるのでしょうか。
 

さる山隊長指し棒

さて、講師の隊長は、元幹部自衛官で口が悪いと、こちらでも何度も案内しているので、講義を受けられる方は大体それについて把握しておられ、「思ったほどではなかった」と言う方も多いですが、今回参加された方が、「口が悪いとは聞いていたけど、ホントに悪い」と仰っていて、面白かったです。
今は空組の募集もしているので、空組にしようか隊長から学び続けようかと迷う方も多いようですが、そんな風にハッキリ仰る方は、いずれ平気になると思いますし、私としては面白いので、ぜひ隊長のクラスで続けて欲しいものだと思っています。さて、どうなるでしょうか・・・
 

感 想

(参加理由)算命学を基礎から学びたいと思ったから

(感想)受講する前は、内容についていけるか心配でしたが、図形を使っての説明はとても分かりやすかったです。本を読んでもよく理解出来なかった基礎理論の所が、図形を使って理解するとこんなにシンプルに理解出来るのだと知りました。算命学といえば占技というイメージでしたが、実はシンプルで美しい学問なのだと思い、もっと勉強していきたいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・

(参加理由)ソフトを使っていたから

(感想)内容が深かったです。続けて受講したいけどスケジュール的に難しい時期があることと隊長の質問が怖いので継続できるか心配で悩みます。でも隊長の知識のレベルの高さ、深さは素晴らしいと感銘しました。

・・・・・・・・・・・・・・

(参加理由)算命学の基礎など、他では学べない深い内容が詳細に学べるので

(感想)イメージしていた算命学とは全く違っていましたが、もっと学んでみたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・

(参加理由)基礎を学びたいと思ったからです。

(感想)講座に参加させて頂きまして誠に有難うございました。前から気になってて参加しようかどうか迷ってたところ占いでお世話になった佐藤さんから背中を押して頂き感謝しております。講座での隊長からの質問に対して私のとんちんかんな答えにも隊長は毎回優しく大きな愛でフォローして下さり感動しました。そらまめさんの主体性をもつお話も今の私にぴったりの素晴らしいお話でした。途中難しい所もありましたが隊長やそらまめさんが分からなくても学びを進めていけばこれから少しずつ分かるようになるから大丈夫と仰って頂いたので自分のペースで学ばせて頂こうと思っております。隊長やそらまめさんはじめ皆様のおかげで貴重な連休の中このような素晴らしい講座に参加させて頂いたことに心より感謝しております。有難うございました。

 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める2024(令和6)年5月の月運天冲殺(辰巳天冲殺)

今月は、辰巳天冲殺のみなさんの月運天冲殺です。
年の天沖殺と重なるため、行動は控えめに。
 

こちらで、ご自身の天冲殺等が調べられます。
 
感情的になりやすい人、寂しがり屋さん、迷い易い人、そして家族愛が強い人、調子のいい人などは特に注意が必要です。
 
今月、気をつけて頂きたいことをお伝えしようと思います。
ご自身の命式(陰占)の年支の部分を見て下さい。
簡単に言うと、生まれ年の干支(えと)です。
 
(注・算命学では、年の始まりが立春となりますので、その年の節分までに生まれた人は、前の年の干支になります。)
 

子年生まれの人

自分の周りで争いごとが起こり、それに伴い物事が進まないという状況が起こりやすくなります。
その争いのきっかけは自分自身が起こすことになります。
自分は良かれと思って他人に話したことが元となり、他人同士が争いを始めます。
組織や集団の中に身を置く人は、「口は禍のもと」をしっかりと命じて頂きたいと思います。
  

丑年生まれ、未年生まれの人

今までの状態を保つことが出来なくなり、物事が変化したり、方向転換が起きやすくなります。変化したことにより、何か新しいことを始めたり変化を恐れて無理に継続させようとすると、大きくバランスを崩すことになります。
なので、この時期は物事が終わりを迎えてもそれを追わず、そして何かを新しく始めないことが大切です。
 

寅年生まれの人

ご家族で仕事を一緒にしていたり家族の結束が固い人達ほど、注意が必要な月です。
必要以上に家族を自分に引き付けようとする行動にでやすく、そうした行為が何かを進めようとしたときに上手くことが運ばなくなります。
ですので、今月は努めて理性的に振る舞い、家族と一緒に仕事をしないことをお勧めします。
 

卯年生まれの人

自分を強く押し出していこうとすることで、目上と決裂したり経済的な損害を招く恐れがあります。
仕事上の関係であるにも拘わらず私的なことまで立ち入りすぎ、相手からは礼儀知らずと受け取られ、関係が終わりそれが仕事にも影響を及ぼします。
この時期は控え目に振る舞うことが大切です。
 

辰年生まれ、戌年生まれの人

意気投合する仲間や、仕事など、進行中の物事について、協力者が現れるようになります。そして、その仲間とともに何かを始めようとするのですが、その結果バランスを崩し、思うように物事が運ばなくなります。
この時期、自ら動くこと無く、どんなに期待を持ったとしてもそれを追わず、何かを新しく始めないことが大切です。
 

巳年生まれの人

仕事において情と理性との板挟みになりやすく、精神の葛藤が生まれ前に進む力が失われる月になります。
他人の言葉に左右されやすく、それにより行動した結果今まで保たれていたものが壊れるといった現象が起きてきます。
今月は淡々と自分のペースを守ることが、とても大切なときです。
 

午年生まれの人

会社員や仲間に囲まれている人達ほど、現象が激しく現れることになります。
視野が狭くなり周りの状況に応じた行動が出来にくく、積極的に動いても空回りし、場合によっては周りの人達に損害を与える恐れが出て来ます。
今月は、視野が狭くなっているということを自覚して、多くの人と関わらないようにして下さい。
  

申年生まれの人

伝統的なもの長く続いたものを、受け継いでいる人に現象としては現れやすいです。
今迄続けてきたものよりも新しいものに価値を感じやすい時期になります。これは、忍耐力が欠け、何かを諦めやすいという時期だと言えるので、この時期は今迄のものを決して手放さないようにして下さいね。
 

酉年生まれの人

人から助けられやすくなり、その人の影響を受けた結果、仕事や人生の目的を見失い、大変迷いやすい月になります。
この時期は周囲に何を言われても迷いが生まれても、今迄の目的を変更せず、進む道を変えないことがとても大切なときです。
 

亥年生まれの人

他人のとばっちりを受けたり、不当に損害を受けやすいときです。
自分自身に全く身に覚えが無いのに誹謗中傷を受けたことで、それに対し反発したり避けようとすると、ますます置かれた立場が危うくなります。
この時期は何があっても黙し、天冲殺の期間を抜けてから反論をすることをお勧めします。
 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める算命学で占う2024年5月の運勢(5月5日~6月4日)

 月占いは、さる命学教室の生徒さん達に、ローテーションで文章を担当していただいています。
今月は、『cherry』さんです。
 基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。

暦について知りたい方はこちら

 

全体運(己巳)

 5月は、4月の「物事が大きく揺れ、次のフェーズへ移行する」という流れを受けて、新たに起こること・始まることがあり、それは徐々に組み立てられ緩やかに進んでいくでしょう。社会の知性・理性に関するところに影響を与えることになります。

 そのような環境や状況の中、日常生活や自分の生きる範囲内を安定させるような行動を取ることになりそうです。人との関わり・繋がりを大切にし、信用を築く時です。急がずゆっくりと取り組んでください。

 この月は、「人を思いやる気持ち」と「(その環境での)正しい行い」が自分を支えてくれますので、不運・不幸を感じる時があれば、自らの行いに、それらを取り入れてみてください。

 

甲木

甲木

 「日常生活」にスポットライトが当たりそうです。

日常生活が整っている場合は、穏やかに過ごせる月となるでしょう。生活に対するアイデアがひらめき、家族や友人などと協力しながらアイデアを形にしていきます。

 日常生活が乱れている場合、少し注意が必要です。生活の乱れによって蓄積されたものによって、体調に影響が出そうなのです。よって、身体に疲れを感じたり、気持ちが滅入ったりしているなら、この月は生活を整えることを意識してみてください。衣食住の安定、睡眠時間の確保、継続的な運動などを心がけるといいでしょう。  また、自分の家庭・家族の未来のためにできることをするのもおすすめです。特に「お金関係(貯蓄や保険、投資など)」に縁がありますので、しっかりと知識をつけて準備をしてから行動してみてください。

 

乙木

乙木

 この月は「人間関係」がテーマになるでしょう。

 他人を助けたり喜ばせたりする行動が、自分の周りの人だけに限らず、周りの人の周りにいる人、さらにその先にいる人にまで波及し、人脈の拡大とそれによる現実的メリットを生むことになりそうです。

 そのため、仕事をしている人は、この月は仕事上の人間関係を広げることに取り組むと良さそうです。顧客を増やしたり、サポートの範囲を広げたりしてみてください。ただ、安請け合いにはご用心。メリット・デメリットを冷静に見極めてください。

 仕事をしていない人は、新たな友人・仲間を作るのに向いている月ですので、交友範囲を広めてみると良さそうです。今いる世界が地味で面白みに欠ける場合、華やかで憧れを抱く世界に意識が向きやすくなります。新たな世界にいる人たちは玉石混合のため、真贋を見極める意識を持ってくださいね。

 

丙火

丙火

 「気づき」がテーマになりそうな月です。

 この月はいつもよりも感性が敏感になり、未知なるものや不思議なものへの興味関心が高まりそうです。ただ、深く追求するわけではなく、そういうものだと受け入れるだけになります。また、不安や不満はいつもより多く感じることになり、普段なら納得できることが納得できず、葛藤することもありそうです。

 様々なことに気づき、それにより感情が揺さぶられ、色々なことを思うでしょうが、この月は冷静かつ堅実な観察力・洞察力が加わるため、気づいたことを学びに変え、現実的な行動に反映していくことができるでしょう。

 ただ、日常にインパクトを与えるような大きな出来事が起こった時や、強い不満を感じた時は、感情本位の後先考えない行動をして問題になることがあるかもしれません。見つけた「気づき」は、自分と他人の双方のためになることとして行動化すると良いでしょう。

 

丁火

丁火

 この月は「楽しむこと」がテーマになるようです。

 日常に「楽しさ」を感じる機会が増え、巷で流行っている物事や活躍している人、取り沙汰されている情報などに注目し、大いにそれを楽しむことができるでしょう。楽しみ方は人それぞれです。熱狂的に応援することもあれば、理性的に掘り下げて学ぶように楽しむこともあります。

 ただ、周囲から反対されたり、「今じゃないでしょ」という状況であったりしても、自分の楽しみを優先させてしまうかもしれません。特に、楽しんでいることを否定されて自分が傷つくような出来事が起こった時、逆上して頑なに自分を押し通してワガママに振る舞い、周囲に困惑を与えることになりかねません。  

 楽しむことは良いのですが、信用を無くすような行動をすると楽しむこと自体ができにくくなってしまうので、公私をきっちり分けたうえで楽しんでくださいね。

 

戊土

戊土

 5月は他人と協調し協力を得ることを意識する流れとなり、物事を前に進めていく力が強化されることになります。この「協力を得る」ことが、この月のテーマになります。

 他人の協力というブースターを得るためには、「理解してもらう」ことが必要になってきます。人は、常識的ではない物事を理解するには時間がかかります。よって、世の中の常識に沿った行動・対応をした方がよさそうです。

 また、できれば、自分と対等な関係となる人が多い場所に身を置く方が望ましいです。目上や目下に適した接し方に疎くなるので、同格の存在であれば安定的に接して協力を得やすいためです。

 なお、この月は仕事などの外側に意識が向き、家庭などの内側が疎かになりやすいため、家族の理解を得ることも忘れないようにしておくとよいでしょう。

 

己土

己土

 この月のテーマは「意思」です。

 どうやらこの月は、自分の意思・自我・思い込みが強まり、それを変えずに現実で押し通すようなのです。よって、何か目的があるなら、確固たる意思を貫き目的を達成しやすいですし、自分の意思の強さを求められる環境であれば、そこで役割を果たせるでしょう。

 しかし、自分の意思や思い込み(固定観念とも言い換えられます)が逆効果を生み、歓迎されない環境であるなら、周囲との軋轢が起こり敬遠されかねません。そのため、環境をよく見極めるようにしてください。自分の意思や思い込みは揺らぎませんが、その出しどころを、無駄な争いや停滞を生まず目的を果たすために選択できるようになるからです。

 もし、自分の意思に頑なになりすぎて苦しい場合は、「どうすれば他人に好意的に受け取ってもらえるか」を考え、表現を工夫してみてください。自分の意思を争いの火種にしないことが重要です。

 

庚金

庚金

 この月は「学び」がテーマとなります。

 それは、理論や学問などの知的な学びではなく、道徳心と常識に沿った現実的なもので、社会ですぐに使える実践的な知恵・道理でもあり、大衆にも理解されやすいものではないかと思います。そういったものを、日々の生活の中で人の話をよく聞くなどして学び、それを日常に反映していくことになるでしょう。

 ポイントは「学ぶ環境」にあります。この月、教わったことを素直にインプットするため、「教えてくれる師」の良し悪しによって、得られる学びとアウトプットの質に影響が出てきます。学びを授けてくれる師とその教えを慎重に選ぶようにしてください。

 また、素直に教えを受け入れるということは、自分の身を置く環境にも従いやすいということです。正しい判断ができる環境にいると良さそうです。願わくば、学びに対して情熱を持つのが望ましいです。

 

辛金

辛金

 この月は「移動」がテーマとなるようです。

 今年はどちらかというと財布の紐が硬めになるのですが、この月はどこかへ旅行する話が持ち上がったり、仕事でいろんな場所に行く機会が増えたりなど、他力的要望からの環境変化がありそうです。

 特に、家族からの要請があれば従うでしょう。この月、家庭がある人は家庭中心の行動となり、家庭がない人は環境に流されつつ自分で判断をすることになります。

 古風なものに惹かれやすい月なので、どこかへ行ったり何かを買ったりする場合、「古くからある」という点を加味すると良さそうです。

 また、この月は「生き物」に目が向きやすく、場合によってはペットを迎えたり観葉植物を購入したりなど、「育てる」ことに縁があります。もし希望があるなら、この月に始めてみると良いでしょう。

 

壬水

壬水

 この月は「優越感」がテーマになりそうです。

 日常のあらゆる場面で自分の自尊心を満たしたいと思い、例えば、友人にうらやましがられるようなトレンドアイテムを手に入れたり、人気のお店にいち早く行ったり、夏に向けてダイエット目的で筋トレを開始し2kg痩せて悦に浸ったりなど、日常的・庶民的な優越感を求めるような月になりそうです。

 本当に自尊心を満たしたければ、誰かを敵視し争ったりせず、満足を得るために自分を磨く・飾る・成長させるなどの行動をすると良いでしょう。

 また、この月は、穏やかに過ごせるのですが、一貫性ある発言や行動とはなりにくく、周囲が盛り上がっている時に敢えて落ち着かせたり、かといって場が冷えている時は盛り上げたりと、その場その場で調整するような対応をしそうです。これはややもすると「気分屋」にも見えかねないのですが、集団においては良いバランサーとなるでしょう。

 

癸水

癸水

 この月は「活動する」ことがテーマになります。

 動きたい、何かをしたい、前に進めたいという思い・感覚が生まれ、気分によって様々な行動を取ることになるでしょう。

 その行動は、矛先によって良くも悪くも出て、良い方に転ぶ場合は人を助け状況を打破することに繋がり、悪い方に転ぶ場合は身近な範囲からもっと広範囲へ争いを波及させるようなことにもなりかねません。  

 しかし、この月は精神的葛藤や迷いを感じやすく、それを行動によって発散しようとするため、周囲からの理解を得られずとも動きを止めないようです。このとき、行動の理由に意義を持つこと、大義名分に基づく行いであるようにすることが望ましいです。具体的には、健康促進のためにスポーツを始めるとか、トラブル解決のために体を張るとか、自分も他人も行動の目的を理解できるものだと良いでしょう。

  

 (cherry)

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学とカウンセリングを組合せた講座『空組』の新規クラスが6/7にスタートします!

2024年6月7日(金)18:30~21:30、月1回(第1金曜日)、心や次元上昇に特化した算命学講座『空組』の新しいクラスをスタートします。
 

■この記事の内容

 

たくさんある算命学の学校。
その中でも、さる山さる子の算命学教室、略して『さる命学教室』は非常に高度だと言われています。
各講座、いずれも自信を持ってお勧めできますので、目的に合わせてご利用下さい。
 

さる山さる子の算命学教室、略して『さる命学教室』の各講座の比較

さる山の講座の中から、あなたのニーズに合わせたぴったりな講座を選ぶことができます。
 

星組・ブートキャンプ

算命学ブートキャンプ

まず、上位10%に入るような占い師や講師を育てるクラス『星組・ブートキャンプ』。最近聞いた生徒さんの話では、世間(算命学に携わっている人達)からは『ガチ算命学』と見做されているらしいです。算命学を学問的に教授するのみならず、社会の話、経済の話、経営の話、軍事の話などがたくさん出てきます。
 

占い師として顧客にサービスを提供するにしても、お教室を運営するにしても、経営や社会について知らなければ、せっかく算命学を学んでも、なかなか活かすことができません。算命学を仕事に使いたい方に、プロの心構えや経営についても、歯に衣着せず、ビシビシと教わることになります。(傷つきやすい人には向きません)講師は元幹部自衛官の隊長で、驚くほど優秀だということと、講義のレベルが非常に高いことは、最初の1日で理解できると思います。

1~2か月に一度開催する、『基礎理論ブートキャンプ』が入口となります。
 

星組が合う方(これらの方は星組一択)

  1. 本気でプロを目指したい方
  2. 趣味程度の占い師ではなく、事業としてガッツリお金を稼ぎたい方
  3. 算命学の研究者になりたい方
  4. 最高峰の算命学を学びたい方

 

花組

花組

次は、『花組』です。算命学に興味を持ったばかりの方に対する入口のクラスとして2023年の冬に作られたばかりのクラスです。
難易度は、星組をレベル10とすれば、レベル3くらいです。初めての方向けに学び易く作られたコースだとはいえ、星組の原稿が元になっているので、それなりに高度です。
全12回で、毎回段階を踏んだ丁寧な実習を行い、手を動かして具体的な占いの方法が学べるような、大変お得な講座になっています。

ただし、花組で学んでも、他人を占う(人の人生にアドバイスする)ほどのレベルには至りません。しかし、算命学の入口としてはぴったりの講座です。

今後、半年に1回ペースで、新しいクラスをスタートできるのではないかと思います。
 

花組が合う方

  1. 算命学がどんなものか知りたい方
  2. 算命学をちょっとかじってみたい方
  3. 自分や家族のことを簡単に占ってみたい方
  4. 今後真剣に学ぶかどうかを判断したい方

 

そして、6月7日にスタートする、算命学講座『空組』とは

空組バナー

今回、新しくクラスをスタートする『空組』(Eクラス)は、算命学の内容は星組とほぼ同じで、政治・経済・経営・軍事などの話が、心やカウンセリング、心理学の話に置き換わったものです。

固い文章を少し柔らかめに書き直してあることと、早口の隊長に比して、話し方がゆっくりなので、どなたにも比較的ついて行きやすいかと思います。
 

算命学は、実は占いよりも次元上昇を重視していて、『次元上昇が全てを解決する』と言っています。その、大事な次元上昇にテーマを絞った講座です。

講師のそらまめ(私・株式会社さる山さる子代表取締役)は、独自のカウンセリング手法(ただ見るカウンセリング)を構築しており、その方法やどのようにそれらを見つけていったのか、それを使ってどのようなことを得てきたのかなどを、算命学の各項目に絡めてお話します。
 

難易度としては、星組をレベル10、花組をレベル3とすれば、レベル8~9くらいです。(花組と空組を埋めるくらいのレベルの講座はいずれ作りたいと思っています)

ですので、算命学については、プロになっても十分やっていけるくらいの知識が得られます。
しかし、月に1回ずつなので、進みはゆっくりです。
 

算命学講座『空組』に合う方

  1. 算命学のみならず、心や次元上昇にも興味がある方
  2. 自分を知りたい、自分と向き合いたい方
  3. 星組を復習したい方(すでに受講された部分については半額になります)
  4. さる山の講義は学びたいけど、隊長のスピードについていけない、強烈なキャラクターが苦手な方

 

しかし、注意点もあります。

  1. 私は自然の観察から法則を掴み、それを行動や心の事に反映させていったわけですが、法則というのはなかなかシビアで、私たちが普段良しと思っているものと真逆のことも多々あり、常識がひっくり返るようなお話もあります。それに抵抗がある方、変化が嫌いな方はやめておいた方が良いかも。
     
  2. 自分と向き合うと、見たくない自分をたくさん見ることになります。心の奥底で無意識に考えている汚い自分などに向き合うことになり、それにはそれなりの胆力と覚悟が必要となります。(講義をふ~んと聞き流すことはできます)
     
  3. 占いや心の話というと、スピリチュアルな内容かと誤解して参加される方もおられます。ふわふわとした不思議な話は出てきません。非常に地に足のついた話になります。

空組に興味がある方は、これらを踏まえてご参加いただければと思います。
 

算命学講座『空組』の金額は

1コマ(約90分)あたり7,700円で、月に1回2コマずつ進む(1回3時間)ので、月々15,400円です。
オンライン受講で資料を送る必要のある方は、別途500円の資料送付代がかかります。
 

急用や体調不良などで受講できないときは・・・

毎回ビデオを撮っており、それをクラウドにアップしたものを見ていただくことができます。
その場合、1コマ当たり1,100円かかります。
※ビデオ視聴は止むを得ない場合にお使いいただける措置です。ビデオのみで受講することはできません。(よほどの理由がある場合はご相談下さい)
 

今回の算命学講座『空組』にまつわるお知らせ

この後しばらく(数年)、空組の新しいクラスは作れません

さる山さる子の社長でもある講師のそらまめが非常に多忙なため、なかなか時間を使えません。ということで、このEクラスも、月に1度の開催(1回2コマ)しかご用意できませんでした。中級課程まで修了しようと思うと、約6年くらいかかってしまいますので、長い趣味と捉えていただければと思います。(少しでも早くプロになりたい方は、星組・ブートキャンプの受講をお勧めします)

そして、このクラスがスタートしてしまえば、おそらく数年(約3年)くらいは、次のクラスを始めることはできなくなります。次を待てば良い、と思っていたら、次はそれくらいになりますので、ご了承下さい。
 

現地枠は埋まってしまいました

また、先日公開してから、すでに現地枠は埋まってしまいました
すみませんが、これ以降にお申込いただく場合は、全てZoomによるオンラインでの受講となります。オンラインでも、現地とほぼ同じように受講していただけます。もちろん、質問もできます。
 

また、PCがなければ受講できません(パワポを画面に投影して見ていただくので、スマホではおそらくムリです。10インチ以上のタブレットであれば、何とか大丈夫だと思います)。 
 


 

算命学講座『空組』の感想

「西方は変わらない、北方は変化する」というお話がありました。

過去の出来事は変わらないけれど、その出来事をどう捉えるかは
その時々によって変わることがあるなということを
少し前に感じる機会があったのですが、
その時は「捉え方が変わる」ということのみの認識でした。

今回の講義の中では
「起きたことを良い結果に結びつける努力をしなければ
北方を変えることはできない」と言及されていました。

「どう捉えたか」だけではなく
「捉えたことをどう活かしたか」にならないと
新たな経験が生まれないし、次に繋がっていかないと思いました。

・・・・・・・・・・・・

そらまめさんの説明はとても丁寧で、説明スピードもちょうど良く、図解を適宜してくださるので、とても理解しやすいと思います。
受講者に寄り添ってくださる先生だなぁと毎回ありがたく思います。

算命学がどうであれ、
「自己確立(自分がどうしたいか、何を大事に思うのか)が大事だよ。」
「お金も大事だよ。」
と、とても真っ当な事を熱く伝えてくださるのが心に沁みます。
「算命学にこだわらなくていい。振り回されないように。」
とおっしゃっていただいてる様で、心が軽くなります。

・・・・・・・・・・・・

学びが進むほど、天冲殺の捉え方がや考え方が使いようだと感じ面白いなと思うし、こう言う算命学の考え方がとても好きなところです。
また、空組ならではのただ見るや心の事。
日常での出来事に対して、かなり指針になり助けられています。
改めて、算命学やただ見るに出会えて良かったです。今後ともよろしくお願いいたします。
コツコツ進んで行こうと思います。

・・・・・・・・・・・・

今日の講義はとても充実して満足しています。
最近、自分が思っていることがいっぱい出てきたので、
そらさんに言ってもらって今、自分がしていることは外れていないんだなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

私は今、大運天冲殺中なので、今日の講義はとても興味深く聞いておりました。
20年以上の長い時間の天冲殺に自分が居ると知った時、ネットの情報だけで、この状況がとんでもなく恐ろしいものなのではないのか、抜ける時に大変な思いをするのではないだろうかという不安でいっぱいになっていたのですが、今日の講義を受けてその気持ちは随分と薄まりました。
また、大運天冲殺で欠落する方向やその影響について、陽転、陰転の正しい認識を学べたことはとても有益でした。今後、自分の大運天冲殺の型を学ぶのが怖くもあり、楽しみでもあります。
きちんと基礎から積み上げる事、手近なところの情報だけで物事を捉え、判断しない事、それらがとても大切であると今日の講義から学びました。

・・・・・・・・・・・・

二つの天冲殺の連結によって、思考や行動が変化する阮示条件は
ざっくりと捉えるのに、かなり使えるものだと思います。
職場の上司が戌亥天冲殺所有者で、何か問題が起こると逃げたがります。
寅卯天冲殺所有の私が、現実に引き戻すという事が度々起こります。
まだ起こっていない事を想像し、慌てて動く寅卯天冲殺所有の私は、
現実に強い辰巳天冲殺所有者によく助けられます。
阮示条件、かなり的を得ています。

今回の心理学は
「いい人」「厳しさ」「逃げる」「自分の人生に責任を負うと決める」
これまでにも取り上げられた内容でしたが、
空組を受講し続ける中で、これらの意識が高まってきた感じがします。
精度はまだまだですので、「いい人と、思われたかったんだな、私。」と、
突っ込みを入れたり、心がざわつきますが、気付いた自分を褒めようと思います。

・・・・・・・・・・・・

阮示条件の組み合わせを,夫との関係や身近な人の天冲殺で見てみると,なるほどと思ったり、そういうふうに考えるんだと面白かったです。
いつもですが、さるやまのテキストは考え方の根拠がわかるように書いてあるので,しっかり理解出来てくると、パズルを組み合わせるようで,楽しいです。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺の講座でまた出て来た「静動論」。
役割と出番は本当に重要だと思いました。keepとmove、基礎理論で学んだ内容の重要性がひしひしと身に沁みます。
基礎理論のテキストをまだ最初から復習したいと思います。

・・・・・・・・・・・・

身近にいる人の天冲殺と講座の内容を照らし合わせてみると、本当にその通りだなと改めて思いました。特に午未天冲殺のお父様のエピソードは、私の父親も同じ午未天冲殺なので凄く納得しました。確かに、帰省しても長く一緒にはいることが出来ません。笑

・・・・・・・・・・・・

今回の講義は「空組」ならではの内容が盛りだくさんでした。
私が日常生活を送る際に直面する課題の解答を頂いた様に思います。
「空組」の講義は、私の生活を見越したかの様な内容をドンピシャのタイミングで学ぶ事が多く、恐れ慄く時があります。

そして、法則という目に見えない事を論じながら、「現実!現在!現実!」と、常に目の前の事へ行動を促して下さるそらまめさんや隊長は、とてもありがたい存在です。
日常生活の中で軸がブレブレになる時も、「さる命学」の講義を受ける事で、軸が定まり行動しやすくなります。そして頭もスッキリするのが不思議です。

スピリチュアルとは相容れない算命学ですが、あえてスピリチュアル用語で例えさせて頂くと、「さる命学は最高のグランディング」だと言えると思います。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺論を学び進めるにつれ、理解できずにいた身近な人の行動や言動の根拠がわかるようになり、自分の中に蓄積されていた、悲しい気持ちが減り続けています。
そして、幼い頃、両親の言葉や行動により傷つき、置き去りにされたままの「小さな私」は、少し成長し、「正しい認識」が出来る様になってきました。
もし、算命学を学んで、何が一番良かったか?と聞かれたら、私は迷わず答えます。
「置き去りにされていた、止まったままの小さな自分が、再び歩き出せるようになったこと。」と。

神(自然の法則)が与えた人間のシステムは、あまりにも壮大で、学びを深めて行く毎に驚かされます。
「法則は不自然な部分があったら、自然に戻すような出来事が起きて来る。」
という進藤さんの言葉、しっかり胸に刻んで、自分の行動に不自然な部分が無いか、気を付けていこうと思います。

・・・・・・・・・・・・

久しぶりの現地講義を受けることができてよかったです。
やはり、現地は違うと思いました。
ただ、話が早くてついていくのがやっとという感じでした。

また、今回授業で出てきた䕃気の話には興味を持ちました。
辰巳天冲殺の私にとって、実家に長くいると本当に自分がよくわからなくなり、生きている活力みたいのものがなくなってしまいます。(親にはもうしわけないのですが)
本来の道を歩んでいなければ、䕃気が出てきてその人の運命に影響がでるという話は、今後、人を見る上で、気に掛ける要素になるのかなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

方位守護神をどのようにとらえるのかという基本的な考え方はわかりました。
自然の法則に従って、どうすればバランスがとれるのかというふうにとらえていけばなんとなくつかめた感じがします。算命学は、「物事のバランスをとる」が基本の学問なんだとこの講義をききながら妙に納得してしまいました。

・・・・・・・・・・・・

方位守護神は、中庸を作り出すもので、成功や幸福を生み出すものではないという事が、とても心に残りました。
算命学は、常にバランス、中庸のとれた世界に満足があると言っているのが強く伝わってきます。陰陽論に集約される理論をあらゆる角度から学ばせていただいているなあと思いました。

そして、空組ならではの「◯◯運動」についてのお話は身に覚えのある観念だったので、本当に気をつけようと思いました。

・・・・・・・・・・・・

算命学は中庸を取り、良し悪しはない(どちらもあり)と学んできましたが、天冲殺論に入ってからよりそれを感じます。
また、今日の質問解答を一緒に聞かせていただき、算命学と言う道具を使い、人ありきで問題解決の糸口を提案していく事に興味がわきました。しっかり学ばねばと思います。

・・・・・・・・・・・・

形を捉える位相法、中庸に近づけて、運命の改良に繋げる方位守護神は、算命学の中でも最も重要であり、難しいところ。
講義が分かりにくかったという事ではなく、再受講しても、まだまだ受講したいと思う分野です。

「全ては自分、自分は全てと考えよ」についてですが、この考えは深い内容で、何か起きた時こそ意識した方がいい考え方だと思います。
講座後、嫌いな人、苦手な人を観察してみると、自分が出来ない、それは無理と思っていることを簡単にやっているように見えました。
私にはできないと思っている(私の観念)ことを、やっている人が羨ましいと思っているのだと。
その人を通じて気付かせてもらったので、観念に気付かせてもらって、ありがとう。でもいいし、自分が出来ない、それは無理だと思っていることを実験的にやってみると面白いかも知れません(笑)。
来年は干合が周る年なので、実験と意識しなくとも、変化してくのか分かりませんが。
どんな年になるのか、ソフトとにらめっこになりそうです。

・・・・・・・・・・・・

特に印象に残った内容は、やはりそら組ならではのものです。
「全ては自分」についてや、「合」だから良い、「散」だから悪いなどと、単純に考えない事。それについての詳しい具体例を教えて頂き、とても腑に落ちました。特に「応援される」という事も、環境によっては悪い条件となる事が心に残りました。

・・・・・・・・・・・・

散の時期をついネガティブに考えてしまいますが、
対冲は、用心深く、手堅く行動し、
害は、精神と現実の不一致なので、体調を意識し、労りながら過ごし、
刑は、人との争いが起こり易い時期なので、接触を減らす。
その時期に応じた過ごし方をすればよいですし、良いも悪いもないのだと。自分の運勢を知り、ありのままに受け止めることが運命の改良になるのだと思いました。

そら先生の乳がんのお話は、衝撃的な内容もありましたが、害の重なる時期の過ごし方を教えて頂き、本当にありがとうございました。
観念を消し、算命学を活かすことで、楽に生きられる(こう言っては何ですが)と感じました。

・・・・・・・・・・・・

対沖を持っているので、自分が色んなことをやりたがって中途半端になっていることに落ち込んでいましたが、考え方が変わりよかったです。

・・・・・・・・・・・・

そらまめさんが経験した貴重なお話しは、学ぶところがたくさんあります。

位相法の散の約束事も、単純な見方をする事なく、環境やその人の本質に合っているかどうかで判断する事を強く教えていたました。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺に入ってまだ4コマ目ですが、こんなに細かく条件などがあり、そこが面白いなと思います。今までの基礎、土台の上にあるのも感じ、そこをもっと自分に落とさねばと思うし、そうするとより身につくなと思います。
また、心の話しに出てきた「貯金が出来ない人の心情」も自分なりに考えてみようと思います!

・・・・・・・・・・・・

講義の後は、いつも考えさせられる事が多く又、疑問に思っていたことが、こういう事だったのかとなり、先ずは、行動と何か始めると次々と疑問やら問題やらが起こり……故に、感想が書けず(言い訳です)いつも遅くなりすみません😣💦⤵️こんな日々です。
脳科学者さんの本📕を読んでいたら、そらまめさんに言われている事が、沢山出ていて……私は今、頭にも体にも良いこと沢山しているようです。ありがとうございます😆💕✨

・・・・・・・・・・・・

いつも、丁寧な講義をありがとうございます。
「支合」の成り立ちについての講義がとてもよくわかりました。前回習ってから復習しないとわからないなと思っていた内容なので、今回もう一度学ぶ事で、理解が進みました。ありがとうございます。
そらまめさんの経験から出てくるお話しは、どのエピソードも学びが多いです。
いつも貴重なお話しを公開してくださってありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・

陽占でも陰占でも当て嵌まらず、理解できなかった他人の性質や行動が、天冲殺論を学ぶ事によってその内容と行動が合致し、理解出来る幅が増えています。総合的、多角的に見る、観察する事の大切さも併せて学びました。

・・・・・・・・・・・・

いよいよ天冲殺の講義で、楽しみと不安が交錯する中での受講でした。
予想通りあまり理解は出来ず、受講後から「空間が・・時間が・・」と頭の中をぐるぐるしています。
講座内での先生の「今まで積み上がっている」という言葉を励みに、過去の資料も振り返りながら、いろいろ考えてみたいなと思います。

『執着の根底にあるもの』についてお話は、「もう着ない洋服だけど、高かったから」という理由で処分できないことがまさにそれだなと思いながら聞いていました。
少し前に、ずっと処分できずに保管していた服を処分したばかりだったのですが、空組で学んでいることで、手放すことができたのかなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

いつもの様に、質の高い講義をありがとうございます。
そらまめさんは、講義内容がわからない人がいない様に、丁寧に進めてくださるので、理解が深く入っていくように思います。

「奇跡」についての講義内容が、私に言われている様でとても心に響きました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

今回の「行動」についての講義は、素晴らしい内容でした。
どこまでも現実的、実際的、しかも具体的な内容でした。
抽象化しやすい内容を、現実世界(有形、3次元の世界)へ落とし込んで説明できるそらまめさんは、本当にすごいと感じます。
すごい内容をサラッと軽ーく表現するのも、素晴らしいです。

・・・・・・・・・・・・

今回の講座も目から鱗の内容で、
特に上手くいっていない状況への対処法が、面白かったです。
あらゆる行動は、脳が先に指令を出して、行動するのが大方のイメージでしたが、
その逆で、まずは行動が先でという順番も知れて良かったです。
「やる気スイッチ」は誰かが押してくれるのではなく、小さい行動そのもの。
『人生=時間』ですので、後回しにせず、先ずは行動の意識を大事にしたいです。
「真剣にやっているうちに、面白さがわかってきてやる気が湧いてくる」
ということは、算命学を勉強していくと、もっと面白さが分かるような、
次元上昇後に感じるであろう面白さは、今とは違う感覚かも。
と想像するのでありました。

・・・・・・・・・・・・

本日もありがとうございました。
「積み重ねて来たものがあるから、話をふんふんと聞くことが出来る。」という進藤さんの言葉、とても響きました。仰る通り、今日の講義は、今までの積み重ねがなかったら理解することが出来ない内容ばかりでした。

まだまだ分からない事だらけですが、分からないなりにも学び続けてきてよかったと思いました。今日は、基礎からコツコツ積み重ねる事の大切さを実体験として学び、落とし込む事が出来ました。

逃げたくなったり投げ出したくなったりする事もありましたし、これからもそのようなことはあるでしょうが、そんな自分を上手にコントロールしつつ、今後も学び続けていこうと思います。
来月もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺論。講義としては初めての単元ですが、一番スンナリ聞ける授業内容でした。
復習が追い付けず、苦い思いをしておるところではありますが
そらさんが内容が聞けているのは、これまでの学びがあるからこそと仰っていましたが、私もその通りで嬉しい気持ちになりました。チンプンカンプンは年中でしたから。質問もできないくらい。
私は子丑天冲殺です。

欠けについての質問もありましたが、私の感覚的な感想は、往々にして、記載されている対象が欠ける、不満があるになるのかなと思いながら子丑天中殺の部分を拝聴しておりました。
ほぼレジュメに納得したのが多かったことはびっくりしましたけれど。

常々、算命学を講義を受けて思うのですが、環境、生き方が大きいので、算命学、どうとでも言えるじゃん?って思ってしまうことがよくあります。
それでも不思議と、各々に命式から読める膨大情報から絞り込まれて浮彫にされているところが、学びの浅さから今の私には見えませんが、大変面白いところで、興味深い。
続けたいしもっと知りたいなと思うのです。(天冲殺に限って言うならば、私はどの天冲殺より自分の子丑天中殺が一番しっくりくる)

・・・・・・・・・・・・

地法と陽占法、陰占法のそれぞれの目的や使い分けが比較してあり、言われる通り全体の輪郭が見えてくるという意味が解った気がした。バラバラの答えをどのように統合するか
経験、知識、人間力が問われるなと感じた。
「自分自身の役目を知り、見失わなければ一時的な望みの賛否に振り回されることはない」
「結果が出なくてもそれを選んだ自分の選球眼の問題」
損したくないという思いの強い自分なので、早くに算命学を学んでいれば、決断や努力の方向を間違えずに済んだのかなと思う。が、知って、学んで、それを生かして、これからでも迷いの少ない人生にしたいと思いました。まだまだ力不足ですが。

・・・・・・・・・・・・

「ただ見る」をしていると、沢山の認知バイアスがかかっている事に気付きます。
思考や判断の偏り、変な思い込みに気付くと、自分に突っ込みを入れたくなるものです。
しかし、とっさの判断や、脳がパンクしないように、脳がラクに判断する為に等、
認知バイアスは、脳の保護機能的な役割を担っているのかと。

幾つもの認知バイアスが存在しますが、どのようなバイアスがかかっているのか、
「ただ見る」をすることで、分かれば、観念の掃除ができるようになる。
そのような作業をコツコツ継続する事で、ベストな選択ができるようになり、
「自分の人生の責任を持つ」流れになるのかと、なんとな~く感じています。
観念はまだまだ沢山ありますが、その流れを信じるのも自分だし、
トライ&エラーを自分で重ねていくしかないと思います。

昨年から外次元が周っています。考える暇がないくらい、がむしゃらに働く時期なので、
認知バイアスが強く機能するかも知れません。
次元上昇について学んでいるタイミングで、外次元が周っているので、体験して学んでいきたいと思います。初動次元に到達できるといいなと、思いつつ。
今回の講座もありがとうございました。
また来月もよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・

私の命式は主たる守護神が二つ、残りは全て補と陰陽違いで構成されています。主たる守護神は同一方向ではないので良かったです。それに引き換え後天運の大運では初年期と40代にあっただけで、きれいさっぱり見事なくらい見当たりません。でも、そらぐみでの学びが何よりの守護神、今は心からそう思っております。物事に良い悪いはない、一喜一憂はいらない、余計なことも良い経験、状況を何とかしようとすることをあきらめて受け入れる。境界線と感情の責任の所在など、一言一句が深く心に落ちていき、回を重ねるごとに学びが益々ブラッシュアップされていく感じがしております。自分の中で一番変わったと思うところは、良い意味で他人に期待せず、全て自己責任として対座する努力をするようになったことでしょうか。今後の講義も楽しみにしております。有難うございました。

・・・・・・・・・・・・

方位守護神法に限ったことではないのですが、復習をしていていつも感じる事があります。
それは、『どうしてこんなに型と行動(状況)が一致するのだろうか。』ということ。
当たる、当たらないの問題ではないのですが、自分や身近な人を例に取って復習を重ねていくと「そのまんまや…。」と思う事の多さと言ったらありません。
そういうものだから。そういう理論だから。
これらの言葉で片付けるのは簡単ですが、私にとっては、思い当たることが多すぎて恐ろしさを感じるレベルです。だからこそ、自分の行動に責任を持ち、何事であっても意識しながら生きていく事がとても大切だと考えるようになりました。

今日の講義で行った、後天運方位守護神も良い例です。
私は、第二旬から第六旬まで全く守護神が無く、第七旬に東方、中央、西方全てに守護神が回り、第八旬には全く守護神が無くなるという型でしたが、妙に腑に落ちました。
物心がついてから今の第五旬目まで、心の平穏を感じたことがなかったからです。
だからこそ、第七旬に入った時にどう感じるのか楽しみです。余りの違いに、きっと、違和感を覚える事でしょう。

今日の講義を受けて、守護神が回らないからこそ、自分の行動を振り返り、行き過ぎたところがないかをチェックしてバランスを取っていくことが大切なのだろうと思いました。こういったことに気付けるのも、算命学を学んだからこそ。とてもありがたいことです。
来月もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・

「塔崇陰陽説」をわかりやすく、丁寧に教えて頂きありがとうございます。
過去に習った講義内容も折に触れて振り返りながら再度教えて頂き、理解が深まりました。

そら組ならではの講義も、毎回内容が濃いです。自分のものとして使いこなすには、まだまだだなと感じます。
でも、そらまめさんのおっしゃっている内容が、以前より確実に身に染みてわかる様になっています。
講義のお陰で少しずつ成長している事に気づきました。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・

今回も、素晴らしい講義をありがとうございました。
私的にはそら組の神回と呼ばせて頂きたいと思う、濃い内容でした。

『次元上昇』って実際どんな感じなのか?ということがとても良くわかりました。
実体験からくる講義内容は、本当に他では絶対に教えて頂けない内容だと思います。

個人の体験からの学びは、、本当は自分だけの宝物の様なものなのに、それを公開するそらまめさんの生き方に感銘を受けました。

毎回貴重なお話しをありがとうございます。
講義内容の一つ一つがとても実践的で現実に根差した内容で、行動しやすくなっている事も、ありがたく思います。

今後もお身体に気をつけて、講義を続けて頂けると、嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・

職場で、もっと大きく見れば社会において常々、win-winの関係って、お互いにお互いが活かされその上物事が効率的にスムーズに進み良い事ばかりだと考えています。
算命学ではそれを三方良しと言い、方位守護神は中庸を作りだすものと教わり、嬉しくなりました。
算命学は理にかなっている事ばかり。楽しいです。そして本当にバランスって大切だと感じます。

・・・・・・・・・・・・

『欲望が自然循環の逆順に進む』という考え方の根拠からしっかりと講義して頂いてありがとうございました。毎回さる命学の講義の深さに驚きます。学びが深くなり疑問に思う様になっても、「あ、答えがちゃんと書いてあった。」という事がよくあります。
私の先を見越した様なレジュメで、復習のたびに発見があります。

・・・・・・・・・・・・

日常に隠れた脅しは本当に多いなと感じました。自分自身も、無意識で相手をコントロールしようとする感情を言葉にのせていたと気がつきました。ありのままで受け止めるように、意識していきたいと思います。
また、お試しについて思い当たることがあり、あれがお試しだったのかと腑に落ちました。最初に決心したことは、挫けそうになっても時間が掛かったとしてもやり続けようと思います。

・・・・・・・・・・・・

改めて、物事には二面性があって、片方だけを受け取ることはできず、両方受け取るか、それとも両方拒むのかの二択しかないということを学びました。
丁度、「厄介さとありがたさはセット」ということを聞いて納得しました。

また、中庸の欲望の簡単な見分け方も教えていただき、
これから活用してみたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・

前回の方位守護神法が難しいと感じたのは、私だけでなかったようでホッとしました。
表を覚えるのではなく、考え方、成り立ちを理解するという話を最初に聞けて良かったです。再度、復習してみます。

最近、『人間とは、欲張りな生き物だなぁ…』と感じる出来事が幾つかあったので、講義のレジュメにあった
【人間の欲望は、偏っていることが多く、中庸を保った欲望を持つ人は、非常に少ない】
という文章が心に深く染み入りました。
そういう私も、人間的に練られている訳ではないので、他人の事は全く言えません。
多く得る事が良い事、人より抜きん出る事が良い事と教育され、そのように生きて来たので、苦しみつつ、鍛錬された部分も多かったですが、失ったものも多かったように思います。講義の後、少し考えて【中庸を保って生きる】ことを意識すると、どう変化するのかを知りたくなりました。ちょっとだけ、頭の隅において生活してみます。

・・・・・・・・・・・・

十大主星の連結思考の中で特に「司禄星の蓄積」や「玉堂星の知恵」に
心のアンテナが立ちました。
十大主星全てを所有しているとはいえ、陽占に表出していない星なので、
今の私にとって必要な想念なのかも知れません。

目まぐるしく状況が変化する中、
今回のそら豆心理学「情報の整理の仕方」が非常に役立っています。
混乱の中、情報を整理して、チームでコミュニケーションをとって
優先事項や解決策を出し合い、行動に移す。毎日のこの繰り返し。
また、こういう時に自分の観念に気付くことも多いみたいです。

目の前のことに取り組みながら、心は観念の掃除ですので
身も心も大忙しといった所です。
感想というより近況報告の様になりましたが、
この状況でもさる命学教室だからリモートで受講でき、
実生活に活かせる心理学を学べるなんて、幸せだな~と思います。
今回の講座もありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

位相法の読解をより理解出来た。
なぜ気にならなくなったら出来事が変わるか?と言うことも
何となくはわかっているつもりでしたが
今の自分と本当の自分が違っているからだったんだ〜や
観念があるとカチンとくる は本当にそうだなあと思ったり
守護神法の所でも喧嘩についてのお話しなど目から鱗で…
気付くことが多い回になりました。

・・・・・・・・・・・・

「幸せのボーダーライン」や、「目的がないとダメな十大主星」など、過去に遡って、重要な箇所を何度も教えて頂けるのは、大変ありがたいです。
『情報の整理の仕方』や『知恵が道具となる3つの工程』など、具体的な内容ですぐ実践できる内容でした。
出来る出来ないに関わらず、挑戦していこうと思います。

・・・・・・・・・・・・

今回は「自尊心」について、深い学びのある講座でした。
自尊心の言葉の意味が、ものすごく深く
相手に伝えるのに一番難しいと感じている言葉です。
真の自尊心を、自分が理解していない。
という方が正しいかも知れません。

それを十大主星の連結思考で捉えると、自尊心が分かりやすくなりました。
気・心・体の連動は、行動が上手くいき、次元上昇に繋がる。
このような算命学の思想に、しびれます。

私は現在、牽牛星の大運で、プライドや自尊心の学びが多い大運になると思われます。
今回のそのヒントを得た講座になりました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

今回は「位進相法意神」と「十大主星の連結思考」についての講義を受けました。
「十大主星の連結」は何度でも聞きたい内容の講義だと思いました。
物事の「真理」について教えて頂いた様に思います。
そして、「自信」についての講義についても、とても心に響きました。
『どんな事が起きても私はそこから逃げずに向き合える。という、自分に対する深い安心感』
その境地にはまだ至っていないですが、日々研鑽していきたいです。
出来てもで出来なくても、自分を褒めつつ行動していきます^_^

・・・・・・・・・・・・

今回のカリキュラムは自分に響くことばかりでした。真の自尊心が発揮できるよう、自分自身に正直に、次元上昇を目指し改革していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

自分を変えるのは難しい。だが、別段困ったこともないのでこのままでよいではないかとずっと思って生きてきました。しかし、実はこれって『困った』こととして処理しなければいけなっかった事なんじゃない?と気づきはじめてます。今回の授業で『自分が変われば未来が変わる』というセンテンスに触れ、以前とは違う感覚で妙に納得しました。観念の掃除、励みたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

今回、久しぶりに現地で講義を受けることがで良かったです。
やはり、リアルな講義はネットから受ける感じと違うものだと
改めて思いました。

また、位相法の約束事の説明で、天剋地冲は悪いイメージを持っていたのですが、
今回の説明で、いまだに、自分の中では良い悪いの判断を行っているのだなと気付かされました。

・・・・・・・・・・・・

前回、前々回と学んだ位相法を復習しながら、自分の人生に起きた出来事と大運、年運を照らし合わせていましたが、今日学んだ内容を加えて考えると、自分の人生の流れについて理解が深まっていきそうです。

位相法を学べたことで、家族の性質や行動の理由と、自分の人生で起きた衝撃的な出来事が、大運や年運に沿って起きていた事が分かったのですが、これらは、私にとって思考の変化をもたらすきっかけとなりました。(書きながら、この思考の変化も大運に沿っている事に気付いて、更に驚いています。)

人は持って生まれた性質には抗えず、出来事が起きるべき時に起きてしまうのなら、力を入れず、自然な流れに任せて生きる方が自分本来の人生を歩めるのでしょう。

何もしない訳ではないのですが、人生という長い河の流れに抗う事なく、やって来た事と真摯に向き合い、山を越えていけるように努力を続けていこうと思います。

・・・・・・・・・・・・

学べば学ぶほど「難解だな」と思う反面、
「実はとてもシンプルなんだろうな」という
相反する思いが交錯します。

そして、難解にしている原因のひとつは
観念なんだろうなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

実気と虚気の講義を聞いていて、自分の宿核にどれ程の、どんな虚気がくっついてきて現在の自分になっているのだろうかと考えました。
子供との関係で、本質を阻害するような虚気を与えてきたのではないかと思いました。
彼のこれから受ける虚気で変わることもできるのだろうと考えると、これからを見守るしかないのでろうなと思います。
学べば学ぶほどにもっと早く算命学に出会いたかったなと思います。
私の人生壮年期から老年期に入りかけですが、まずは自分のことをよく知り、学んで家族や周りの人へ少しでも悪い虚気を与えないようにできたらなと思います。

・・・・・・・・・・・・

最近の暑さにバテ気味で、講義にあまり集中出来なかったので次回は体調を整えて臨みたいと思います。
隊長がそらさんに命令することについて、今は全然気になりません。(今日も元気だなぁ、くらいです)でも思い返してみると、最初は嫌だったことを思い出しました。
言葉を自分の考えや気持ちを加えないように、こそトレしたからかもしれません。いえ、単純に慣れただけかもしれませんが。
自分にとって気になるテーマなので、もう少し頭の中で転がしてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

位進法も位進相法も、人生の大きな流れや、人生の課題が何になりそうか想像がつく様に感じ、算命学の底力を感じました。

特に印象に残ったのは算命学の内容では無いのですが、
「遺産相続で争わないために、遺言書を作成した方がいい4つの場合」
を教えて頂いた事です。
算命学の内容だけではなく、豊富な知識を授けて下さるさる命学は相変わらず素晴らしいなぁと思います。
また次の講義を楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・

前回に続き、位相法を教わりました。
更に約束事が重なり、ややこしくはあるけれど、重なり合う、規則性が面白いなと思います。
授業内で、空組ならでは教わる心の事。

以前にも出てきた「しきいち」と言う言葉。調べたら字は「閾値」。意味は境界を超える値。
これだけでは、自分に置き換えて考えるところまでいかずに終わっていたけど、例を使いわかりやすく説明してもらい、腑に落ち、「閾値」って大切だし、日常の中でも重要だなと感じました。
算命学もさることながら、心の事を教われる空組は本当に楽しくお得だなと思います。

・・・・・・・・・・・・

「情けは人の為ならず」が座気連請論によって説明されているなんて、
算命学ってスゴイと思います。
お恥ずかしながら人に何かをすると、相手に対して期待しがちです。
「宇宙(自然)の気の構造図」から反れると、運命が崩れ易いという事であれば、
それを知ることで、ぎくしゃくしている人間関係を解く事が出来ると思います。
 また子供は母親が最初から最後まで育てるのではなく、
「子供は、東方(社会)が育てると良い」と座気連請論で説明されており、
子育てに悩む母親にとって、心が楽になるアドバイスになるかと。
「宇宙(自然)の気の構造図」を意識して人と接すれば、変な期待も減るし、期待してもやもやしている時間もなくなり、心穏やかに自分の為すことに集中できると思います。
算命学の思想は知れば知る程、理に適っていると思います。
大運や干合法と、難しい内容に進み、ピリッとしてきましたが、気付きの多い講座でした。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

その他の感想をご覧になりたい方は、こちらから

受講者の感想

 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

2024年6月1日(土)算命学懇親会開催のお知らせ

コロナ禍も下火になり、去年の11月に久しぶりに行った算命学懇親会ですが、来る6月1日(土)に再び開催することになりました。
 

算命学懇親会の目的

算命学懇親会は、流派を超えて、算命学を好きな人、教えている人、学んでいる人、仕事に使っている人などが、気軽な情報交換をする場として、コロナ禍以前は、半年に一度のペースで開催されていました。

そもそもは、隊長が『算命学には、誤りや練りが足りないところが結構ある。他のお教室の先生や、学んでいる人たちにも来てもらって、それらについて、話し合う機会が欲しい。』、又、『流派を越えて、様々な算命学や事業、業界に関する情報交換の場が欲しい。』と言い出したことから始まりました。
 

当初はそれらが目的でしたが、店舗(整体占いさる山さる子町田店)のお客様にも来ていただいて、また、さる命学教室の生徒さんも増え、回を重ねるごとに、ただの宴会になりつつあります。

しかし、本来の目的は失っていないので、算命学の練りが足りない部分について、一緒に語り合いたい方は大歓迎です。一緒に算命学の未完成な部分を練り上げていける仲間ができると嬉しく思います
 

もちろん、今までさる山と接点のない方も、大歓迎です。実際、初めましての方が毎回来られます。算命学を学ぶ者同士の横のつながりができたり、他の学校や占者がどんな感じなのかを知れたり、算命学に関する新しい情報を仕入れたりすることができると思います。

また、さる山さる子の算命学ソフトについて(使い方など)お聞きになりたい方も、こういう機会をご利用いただければと思います。

さらに、日本一の算命学教室を自認するさる命学教室の講師『隊長』がどんなキャラクターなのか、講師としてどの程度の実力なのか見てみたいという方も大歓迎です。
 

参加表明はお早めに!

前回、30余名の方々に来ていただき、とても盛り上がって、楽しい時間を過ごしました(前回の様子はこちら)。ただ、皆さんおしゃべりに夢中になったのか、あまりお酒や料理の注文をされなかったようで、参加費が余ってしまいました。なので、今回はその余ったお金を使って、ビンゴの景品を豪華にし、かつ、参加費も5,000円(前回より-1,000円)となります。もっとも、参加人数が少ない場合は、カッコつかないので、ビンゴゲームはやめて、別の企画を考えます。

会場の都合により、早めに〆切となる場合もありますので、絶対参加したい!という方は、お早めにお申し込み下さい。
 

要 領

日  時
2024(令和6)年6月1日(土)
18:00~21:00(中締)
途中退席自由。
中締後も、ご希望の方は残っていただけます。
 

会  場
小田相急模原駅周辺の居酒屋
(お申込いただいた方に、別途ご案内致します。)
*いつも使っていた所が予約で一杯らしく、前回と会場が異なります。
 

会  費:5,000円(中締迄)
 

申込要領
5月18日(土)迄にメールにてお申込み下さい。
madoguchi★saruyamasaruko.com ←(★を@に変えて送信してください。)
サイトのお問合せフォームからお申込いただいても構いません。

(そらまめ)
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学と守護神

 今回は、算命学と守護神というテーマで語りたいと思います。

守護神と聞くと

 さて、守護神というと、一般的には、読んで字の如く「守護してくれる神様」ですが、転じて、何かを守ってくれる力ある存在・人物も指します。例えば、サッカーの試合を見ていると、何度も「守護神」という言葉を聞く事になりますが、この場合は、自陣のゴールを守るキーパーがそれに当たります。

 これ以外にも例は沢山挙げられますが、何れにしろ「何かを守ってくれる存在」であるから、一般的には、大変有り難いものという認識で良いのだと思います。しかし、算命学における守護神の定義は少し違います
 

算命学でいう守護神とは

 算命学における守護神とは、何かを守ってくれる存在ではなく、ある観点において、バランスを取ってくれる「何か」を指しています。つまり、何らかのバランスをもたらす、或いは、維持する「何か」を以て、算命学では守護神と定義しています。

 尚、バランスとは、二者が均衡している状態であり、静・中庸という言葉で表す事が出来ます。即ち、中庸はバランス・静の中にあり、アンバランス・動の中にはありません。そして、算命学は、幸運・満足とは、中庸の中にあると考えています。
 

 この様に考えると、守護神とは、やはり幸運をもたらす守り神ではないかと思われるかも知れませんが、実はそんな簡単な話ではありません。何せ、算命学で最も難解なのが、この「守護神」「干合」(実気と虚気)の二つですから、簡単には語れないし、理解に少し時間が掛かります。

 なので、ここではこれ以上掘り下げませんが、取り敢えず、算命学において、守護神とは守り神の様なものではなく、それがある(ない)からといって、即、幸運(不運)というわけではないという事だけ理解して頂ければ良いと思います。
 

守護神法

 さて、算命学の占技には、守護神法というものがあります。実質的に今日の日本の算命学を形作ったと言っても過言ではない高尾義政先生(算命学第十三代宗家)は、守護神の取り方(つまり、守護神法)は6~8(書籍によって記載が異なる。)あると述べておられます。これは、分類の仕方によって、数え方が異なるからです。

 因みに、株式会社さる山さる子で開発した算命学命式算出ソフトでは、8種類の守護神法を採用し、それぞれの占技に応じて使い分けをしています。

 例えば、ある守護神法を用いた時、それが守護神だとしても、別の守護神法(技術)を用いた際は、それは「忌神」(いみがみ。守護神の反対で、バランスを崩すものを言う。)であるという事は多々あります。
 

 即ち、守護神とは、ある観点におけるものであるから、絶対的な守護神など存在しないという事です。故に、この条件(命式)であれば、これが守護神などと、短絡的な考え方をしていては、真に人間の運命を考察する事は出来ません。

 算命学を教える学校・教室・講座は数多ありますが、その中で、しっかりと守護神法を教えられるところは、残念ながら、殆どないのが実情です。日本一の算命学教室を自認する「さる命学教室」では、初級課程で方位守護神法、中級課程で全体守護神法、日干と月支で取る守護神法、守護神の一般原則、守護神の季節等について、詳細な講義を行っています。
 

 守護神法をはじめ、算命学を基礎からしっかりと学びたいという方は、是非、さる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」(算命学ブートキャンプ)の門を敲いて頂ければと思います。

 Wスクールも大歓迎で、実際に、大手の学校、有名な学校で高段位を取得された方、プロの占者、算命学の講師(学校の先生)が、多くさる山で学んでおられます。又、講座は、オンラインでも受講出来ますから、海外に在住の方も、多く受講されています。

 ご興味を持たれた方は、是非、こちらをご覧下さい。
 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学を仕事にしたいけど、リターンは見込めるのだろうか? -算命学で稼げるか?-

今回のテーマは、算命学で稼げるのか?です。昨日からの続き記事です。
 

先日、このようなお問合せをいただきました

さて、最近、電話でお問合せをいただきました。

算命学を仕事にしたい。
 講座を受けると100万単位でお金がかかるが、
 その分のリターンは見込めるか

というような内容でした。
つまり、稼げるのか、ということです。
ハッキリ聞いて下さって、なんだか嬉しかったです。
 

本人次第

これについては、まずは「ご本人次第としか言えません。」とお答えしました。

世の中は簡単に簡単にと流れていて、簡単に占い師になれると謳っているような講座もたくさんあります。そして本当に占い師になって、うまくやれる人も、ほんの少しだけど、中にはいるのだと思います。知識などなくても、どんなこともある程度までは、うまくやってしまう人というのはいるのです。(反対に、すごく勉強してもうまくできない人もいる)
 

占い

しかし、占い師は人の人生にも介入することのある職業です。中途半端な知識で占い師になるのは(人の人生に介入するのは)、私は抵抗があります。なので、占い師になるのであれば、少なくともちゃんと学んでからにして欲しいと思っています。

がんばることができて、さらに、うまくやる人は、100万など軽くペイすると思います。そして、さる命学教室の生徒さんでも、うまく行っている人は、もれなく相当な努力をしていると思います。(その努力が、辛いか楽しいかは別の話です)
 

講義の中にビジネスの心構え的な話が良く出てくる

そして、このようなこともお話しました。
「講師(隊長)は経営コンサルタントでもあるので、講義の中でビジネスの実情や心構え、どのように戦略的に思考を使うかという話がたくさん出てきます。」

それらは「がんばれば報われる」というような、耳障りのよい夢物語ではなく、ある意味非常にシビアな内容です。だけど、それを知っているか知らないか、受け止められるか受け止められないかで人生が変わるほど、非常に大事な内容です。本来は、富裕層が家庭内などのクローズな場で教育するような内容のものであり、他ではおそらく、どこでも聞けない話だろうと思います。
 

隊長は歯に衣着せないので、事実をダイレクトに突きつけられることになり、受け止めたくないと感じる方も多いと思います。それで私は、実は、それを受け止められる(感情的にならず、論理的に物事が捉えられる)人のみが通過して入って来るよう、HPで振り分けをしています。(きっと、HPをしっかり読まれている方は、それを感じておられると思います。)
 

なにより、算命学は人生に役立つ

そして、こうもお伝えしました。
「占い師になってもならなくても、算命学の考え方を知っていることは、非常に人生の役に立ちます。」

物事は法則の通りに起きて来るので、法則を学ぶことで、とても生き易くなります。なので、私は、占い師になろうがなるまいが、ちゃんとした算命学を学ばれることを、みなさんにお勧めしたいです。
 

本気で『事業』をやりたい人に、特におすすめです

算命学を学ぶことは、人生にとって非常に有益ですが、中でも本気でビジネスを考えている方は、隊長の講義(ブートキャンプ)をぜひ受けていただきたいと思います。占い師としてのビジネス展開のみならず、事業家にとっても非常に役に立つ内容です。(というか、むしろそっちの方にも受講して欲しい)
 

なぜなら、元幹部自衛官の隊長は、若い頃から本物のリーダー教育や、戦略的思考をたたき込まれていて、それが算命学と合体した講義を学ぶことは、事業家にとっても、ものすごい財産になると思うからです。

(そらまめ)
 

最近、生徒さんからいただいた感想です(基礎理論)

基礎理論

参加理由:算命学とはどういうものなのか知りたい気持ちがあり、それに一番答えてくれそうな講座だと思ったからです。

感想:私がずっと知りたかった、算命学とはどういうものか、どういう考えに基づくのか、詳しく学ぶことができました。算命学の形や理論の組み立てがとても美しいと感じました。
隊長は、大切なところをいろいろな所でくり返して話してくれますので、講座が進むにつれ、じわじわと深く理解することができたと思います。
また、隊長からの質問を、瞬発力をもって考え答えるのは楽しかったです。間違えると、答えが余計に頭に入ります。私はたくさん頭に入りました。
二日間の基礎理論を受けただけで、その後、自分が理性的に知的に物事を考え始めていることに気づき感動しています。

(講座とは別で)
講座の資料も圧巻ですが、講座が始まるまでに読んでおくお知らせは秀逸です。温かい言葉で書かれ、心理にも触れ、学ぶ姿勢をサポートしてくれ、緊張がほぐれました。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:友人から聞いて、鑑定ソフトについて知っていました。HPを見たら講座もしていると知り、現在私は別の学校で学んでいますが、自分の中で未消化感があり、違うベクトルと複数のレイヤーから算命学を学びたいと思ったため、貴社の講座に参加しようと思いました。

感想:私が思う本講座の強みは、隊長が「自分が算命学で救われたから、その魅力を伝えたい!」とか、「スピリチュアル大好き!」等の理由で算命学と向き合っていないところにあると思います。非常に冷静に、算命学と向き合っておられるのだと感じ、それがとっても良かったです。すがったり、依存する占いではなく、道具として上手く使う、というスタンスに私も同感です。

他校でも学んでいますが、隊長の講義のおかげで、自分の中での“立体的な知識習得”になっているように感じています。隊長のユニークなバックグラウンドに基づく実体験との紐付き話も良いんでしょうね。

これから講義を受け続けて、自分がどう変わって成長できるか楽しみです。

最後に、海外からの受講でも問題なく、時差の配慮もしてくださり、オンライン形態に感謝です。お世話になり、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:私は四柱推命を扱っていますが、「占い師が最後には行きつく」と言われている算命学に興味がありました。まずは陰陽五行についての知識と理解を深めたかったので申込みました。

感想:色々とパンチの利いたキャラクターの隊長と、癒し系のそらまめさんのおかげで、最後まで楽しく受講できました。2日間ありがとうございました。
私は四柱推命やタロットなど占術ごとに「この先生から習いたい」と密かに目をつけている方々がいるのですが、算命学を学ぶ際は隊長から教わりたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:詳しそうだったからです。

感想:知らなかった事ばかりで、受けて良かったです。また、普段いかに頭を働かせないからも身に沁みました。隊長のテーマが流れた時、あまりの楽しさとユニークさに思わず笑顔になりました。ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・

参加理由:算命学とはどのようなものなのか、覗いてみたかったので。

感想:算命学の”思想”の部分を学びたいなとずっと思っていたところ、基礎講座から始まるブートキャンプがあることを知り、思い切って受講しました。占術的なところは素人の私には難解ではありましたが、今回の講義内容はこの先の「技」を深めていくには絶対に必要な基礎中の基礎なのだろうなーと感じました。私が知りたかった算命学の背景にある視座、哲学的な部分、陰陽五行や干支の成り立ち、その構造について、ざっくりとながらも把握できたように感じます。隊長のキャラクターもなかなか強力でしたが、おそらくは他では得られない貴重な知識をレクチャーして下さっているのだなと感じました。無謀かもと思えたチャレンジでしたが、とても密度の濃い、学びの多い2日間でした! ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:陰陽五行説などの理解を深めたく、これからのライフワークに役立てれば と思い受講

感想:自信に溢れ、多様な経験を重ねられ、多くの読書量も誇る、
「日本一の算命学教室」を司る 隊長 と、
さすがブートキャンプと言わしめる2日間みっちりの初回講座を受けました。
・・刺激的な、時間でした。

東洋の思想、哲学にリスペクトを忘れずに、研鑽を積もうと思いました。
まずは何度も読み返し、関連する本も読まないといけません。。

長い時間の熱い講義、ありがとうございました。
そらまめさんのたくさんのご配慮にも 感謝いたします。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:さる山さる子のブログを読んで興味を持ちました。あと、陰陽五行思想の解説が聞きたかったので。

感想:今回初受講で緊張しましたが、何とか初戦クリアしました!以下、受講前後の印象が違う点を中心に、
・講義がとても延長するのは本当。「ブートキャンプ」の名の通り体力も要求される。
・講義の難易度は高め。しかも、マシンガンとは言わないまでもかなりの早口。さらに、隊長は法学部出身・現在士業とのことなので、法律家やリーガルマインドが得意な人向き。
・質問が矢継ぎ早に飛んでくるので知的反射神経が必要。「お笑い」で返せると尚可。
・ウェブサイト上の隊長の写真が猿に似ているので「さる山さる子」なのかと思っていたが似ていない。ちなみに「そらまめ」さんもソラマメに似ていない。
・隊長は陸上自衛隊出身なので軍隊・軍事の話が沢山聞ける!ミリヲタにはたまらない!!
・暦の話もあるので、四柱推命の占者だけではなく西洋占星術に関心を持つ人にも参考になるところがあるかもしれない。個人的には、ウルのジッグラトの写真に歓喜!
・算命学は帝王学ということは知っていたので、講師も帝王的な人かと思ってびびっていたがそんなことはない。「ネタ?」と思われる部分も多い。

上記の通りアタマいい人向けなのでどこまでついていけるか分かりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:他のところとは違う!とおっしゃっている講義に興味があったため

感想:2日間ありがとうございました!
今まで学んできたところでは聞いたことのない、基礎の部分が知識として得ることができました。学問として算命学を突き詰めているということが良くわかる講義でした。
また講義の途中で挟まれる隊長の戦闘術のお話も興味深く、あっと言う間の2日間でした。
大変有意義な時間をありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:以前から気になっていたのですが、整体占いの佐藤先生に背中を押していただきました

感想:これまで算命学の生年月日から導き出される占術にばかり意識が向いていましたが、講座を受けて、それは算命学の中のごく一部に過ぎず、背景となる古代中国の歴史や思想、地理宗教を学ぶことの重要性がとても良くわかりました。

勧めていただいた本を読み、また正しい言葉でアウトプットできるようになるまで、資料を読み込むことから始めたいと思います。

講義のスピード、正確さ、情報量は、朝から晩まで高いレベルで常に一定。もはや人間業ではない…と思いました。と同時にそらまめさんのふんわりしたフォローにとても癒やされました。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:長年放置していた算命学をやり直そうと思いました

感想:初めてのブートキャンプに自分はついていかれるか、それ以前に長時間座っていられるのか、不安ではありましたが、意外に時間が経つのが早く、楽しく過ごすことができました 陰陽五行について本当に今まで自分はわかっていなかったということがわかったので今後も精進していこうと思います 隊長は早口と伺っていましたが、そんなに早口爆裂はしてなかったのか聞き取れないことはなかったです そらまめさんもたくさんのお気遣いありがとうございました 現地、リモートで同席の皆様もお疲れ様でした 

・・・・・・・・・・・・

参加理由:平面五行説、立体五行説のところを勉強したいと思ったのがきっかけです。

感想:この度は大変お世話になりまして、ありがとうございました。とても勉強になりました。本当に勉強したかったことを教えていただきました。テキストをこれから何度も読み返していきます。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:スケジュールが明確化されているため、受講しやすいと感じた為。

感想:陰陽五行説を基礎からロジカルに説明してもらえたので、理解しやすかったです。ただ、ブートキャンプということもあり、講義の量と隊長の熱量に圧倒されてしまった感じがし、理解したつもりに陥っていることが、気になる点です。

・・・・・・・・・・・・

参加理由:勉強したかった

感想:先生2日間、お疲れ様でした。徹頭徹尾、気迫のこもった講義は今でも忘れる事が出来ません。辰の龍が炎を吐きながら胸に飛び込んで来たようでした。ありがとうございました。今後は今一度テキストを読み返して算命学の理論構成を掴めたら、良いかなぁ?と思っております。

・・・・・・・・・・・・

その他の感想をご覧になりたい方は、こちらから

受講者の感想

 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

実際に事業に活かしている算命学的思考

バリの生徒さんにいただいたお土産

綺麗なパッケージ!

先日、ブートキャンプの時に、普段はバリ島(インドネシア)からオンラインで受講されている生徒さんが、日本に帰ってきているということで、現地に来てくださいました。
 

その時、バリのお酒をいただいたのですが、これがネパールのロキシーというお酒にそっくりの味だそうで、ロキシーが好きな隊長(バックパッカー時代の思い出の味らしい)は、大喜びでした。

そして、講義後に現地にいる人たちで、いただいたバリのお酒をはじめとして、現地にある隊長のお酒(ラニョーサボラン フロリレージュ、YUZA セカンドエディション2022)を振る舞い、みんなでおいしいお酒の味見を楽しんだのでした。(その後宴会に突入しました)

 

海外から受講されている生徒さんも多いです。

さる命学教室では、海外から受講されている生徒さんもたくさんおられます。なぜなら、オンラインの講義が、現地とほぼ同じようにリアルタイムで受講できるからです。

時差が大きい地域の方は大変そうですが、数時間の時差であれば、みなさんなんとかクリアしておられます。
 

コロナの時にシステムを整えました

このオンライン講義のシステムは、コロナが蔓延した時に構築したものです。それまでは、現地に来てもらうしか受講方法がありませんでしたが、コロナで講義が全て飛んでしまい、スペイン風邪など過去の疫病が蔓延した時に、回復までに大体3年ほどかかっていることを隊長が調べ、「今は当時より医療技術が発達しているから、少し早まるだろうけど、それでもおそらく少なくとも2年はかかるだろう」との予測により、お教室を続けるにはオンラインのシステムを構築するしかないと踏んだからです。
 

オンライン講義を整えるには、様々なことを調べ、機材を揃え、セッティングしていきましたが、簡単ではありませんでした。日本中がテレワークに向けて、ヘッドセットやウエブカメラを買い求めていた時期なので、ネットからあっという間に様々な機材がなくなっていったのです。

しかし、そういうときも、隊長の『なんでこんなこと知ってるの?』という知識が役に立ちます。各店舗には表に出てこない在庫を抱えていることがたまにあるので、そういうのを求めて、東京・神奈川の電気屋を片っ端から巡っていき、ようやく必要な機材を揃えたのでした。
 

機材のマッチングなどにも四苦八苦しました。隊長も私も、PCスキルは比較的高い方だと思いますが、何しろ、初めてのことばかりなので、調べて買って試して、うまくいかなくて、また調べて買って試して・・・という作業を延々と繰り返しました。(カメラ、何台買ったのだろう・・・)そして、機材はけっこう高く、PCにも負荷をかけることが予想されるため、高スペックのものを準備したこともあり、ほとんど収入の途絶えた時期だというのに、費用もかなり使いました。
 

ほぼ2か月くらいを、そのシステム構築に費やしましたが、おかげで商圏が一気に広がりました。それまでは、通える範囲に住む人、あるいは、通える人のみが生徒さんでしたが(実際に、奈良や兵庫から毎回通っていた方もおられます)、それが全国どころか、世界になったのです。

ということで、私たちはコロナという大きな危機を、チャンスに変えることができたのでした。
 

実はこれって、算命学的思考です。

さて、私たちはコロナの時に、「このままでは会社が倒産する!」という危機を感じて様々なことを考えたのですが、このときに使ったのが算命学的な思考です。

一般的に算命学は占いだと思われていますが、そんなことよりも、実は算命学の考え方を使って、物事をどう捉え、どう考えるか、どう身を処していくかの方が重要だし、役に立つと、私たちは考えています。
 

物事を分類して考える算命学は、時間のない中でどういう判断を下すか、物事をどう分析し、いかに実行するかの判断に非常に使えます。そして、算命学を論理的に学ぶことで、ありのままを捉える力が磨かれていきます。

私たちは自分の好きなように、思いたいように考えていると、様々なバイアスに絡め取られ、自分の願望や感情で物事を考えてしまいます。しかし、それらは実は間違いの元にしかなりません。なぜなら、物事は自然の法則の通りに起き、法則の通りに進んでいきますが、私たちの感情やバイアスは、不自然であることがほとんどだからです。
 

私は、物事をありのままに捉える力というのは非常に重要だと思っています。インプットが間違えていると、アウトプットも歪むのです。つまり、インプット次第で全てがダメになってしまうのです。インプットを歪ませてしまうのが感情やバイアスで、それらの元になるものを取り除かなければ、物事をありのままに捉えることはできません。
 

明日に続きます。

(そらまめ)
  

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める2024(令和6)年4月の月運天冲殺(辰巳天冲殺)

今月と来月は、辰巳天冲殺のみなさんの月運天冲殺です。
 

こちらで、ご自身の天冲殺等が調べられます。
 
感情的になりやすい人、寂しがり屋さん、迷い易い人、そして家族愛が強い人、調子のいい人などは特に注意が必要です。
 
今月、気をつけて頂きたいことをお伝えしようと思います。
ご自身の命式(陰占)の年支の部分を見て下さい。
簡単に言うと、生まれ年の干支(えと)です。
 
(注・算命学では、年の始まりが立春となりますので、その年の節分までに生まれた人は、前の年の干支になります。)
 

子年生まれの人

他人のとばっちりを受けたり、不当に損害を受けやすいときです。
自分自身に全く身に覚えが無いのに誹謗中傷を受けたことで、それに対し反発したり避けようとすると、ますます置かれた立場が危うくなります。
この時期は何があっても黙し、天冲殺の期間を抜けてから反論をすることをお勧めします。
 

丑年生まれ、未年生まれの人

意気投合する仲間や、仕事など、進行中の物事について、協力者が現れるようになります。そして、その仲間とともに何かを始めようとするのですが、その結果バランスを崩し、思うように物事が運ばなくなります。
この時期、自ら動くこと無く、どんなに期待を持ったとしてもそれを追わず、何かを新しく始めないことが大切です。
 

寅年生まれの人

自分を強く押し出していこうとすることで、目上と決裂したり経済的な損害を招く恐れがあります。
仕事上の関係であるにも拘わらず私的なことまで立ち入りすぎ、相手からは礼儀知らずと受け取られ、関係が終わりそれが仕事にも影響を及ぼします。
この時期は控え目に振る舞うことが大切です。
 

卯年生まれの人

ご家族で仕事を一緒にしていたり家族の結束が固い人達ほど、注意が必要な月です。
必要以上に家族を自分に引き付けようとする行動にでやすく、そうした行為が何かを進めようとしたときに上手くことが運ばなくなります。
ですので、今月は努めて理性的に振る舞い、家族と一緒に仕事をしないことをお勧めします。
 

辰年生まれ、戌年生まれの人

今までの状態を保つことが出来なくなり、物事が変化したり、方向転換が起きやすくなります。変化したことにより、何か新しいことを始めたり変化を恐れて無理に継続させようとすると、大きくバランスを崩すことになります。
なので、この時期は物事が終わりを迎えてもそれを追わず、そして何かを新しく始めないことが大切です。
 

巳年生まれの人

会社員や仲間に囲まれている人達ほど、現象が激しく現れることになります。
視野が狭くなり周りの状況に応じた行動が出来にくく、積極的に動いても空回りし、場合によっては周りの人達に損害を与える恐れが出て来ます。
今月は、視野が狭くなっているということを自覚して、多くの人と関わらないようにして下さい。
  

午年生まれの人

仕事において情と理性との板挟みになりやすく、精神の葛藤が生まれ前に進む力が失われる月になります。
他人の言葉に左右されやすく、それにより行動した結果今まで保たれていたものが壊れるといった現象が起きてきます。
今月は淡々と自分のペースを守ることが、とても大切なときです。
 

申年生まれの人

人から助けられやすくなり、その人の影響を受けた結果、仕事や人生の目的を見失い、大変迷いやすい月になります。
この時期は周囲に何を言われても迷いが生まれても、今迄の目的を変更せず、進む道を変えないことがとても大切なときです。
 

酉年生まれの人

伝統的なもの長く続いたものを、受け継いでいる人に現象としては現れやすいです。
今迄続けてきたものよりも新しいものに価値を感じやすい時期になります。これは、忍耐力が欠け、何かを諦めやすいという時期だと言えるので、この時期は今迄のものを決して手放さないようにして下さいね。
 

亥年生まれの人

自分の周りで争いごとが起こり、それに伴い物事が進まないという状況が起こりやすくなります。
その争いのきっかけは自分自身が起こすことになります。
自分は良かれと思って他人に話したことが元となり、他人同士が争いを始めます。
組織や集団の中に身を置く人は、「口は禍のもと」をしっかりと命じて頂きたいと思います。
  

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

無料で読める算命学で占う2024年4月の運勢(4月4日~5月4日)

 月占いは、さる命学教室の生徒さん達に、ローテーションで文章を担当していただいています。
今月は、『ブナ』さんです。
 基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。

暦について知りたい方はこちら

 

全体運(戊辰)

 今月は大きく物事が変化してしまうような激震が起こりそうです。今までの考え方や行動を変えて、本当の意味で次へ移行する時になるでしょう。

 変化に対応するのが苦手な人や、変化を嫌う人は、自己中心的な面が出てあちこちで争いが多発する可能性も。今月は「私のものは私のもの、他人のものも私のもの」というような引力が強く働く月ですが、欲が深くなりすぎると人の信用を失う恐れがあります。 争いを避けるためには、常に思いやりの心を忘れず、正義を貫く勇気と決断力を心がけましょう。

 

甲木

甲木

 今月の甲木さんが話す言葉は若い世代の人たちに響きます。そのため若者が集まってくるでしょう。甲木さんはその彼らのために一肌脱ごうと思い、優しく接します。

 また、身の回りの人に対する愛情・奉仕の精神が強まり、全体を温かく見守る懐の深さもあります。トラブルが起きれば自分が出ていき、言葉ではなく態度で相手にわからせようとするかもしれません。

 今月は、頼られたら力を惜しまず皆のために尽力することが、良い結果に繋がります。変化を恐れずに決断し、行動を起こしましょう。

 

乙木

乙木

 今月の乙木さんは、人や物など様々なものが集まってきます。ただ、自分中心に考えがちで、自分と違う意見の人を激しく批判してしまうかもしれません。あらゆる角度から物事を見るように心がけましょう。

 目的達成のため、もしくは仲間との絆を深めるために、あえてぶつかっていこうとする人もいるかもしれません。一時的に争いは激しくなりますが、結果的にはお互いの理解が深まりそうです。

 自分の都合ばかりを人に押し付けると、自分勝手な人と思われ、周りの人の気持ちが離れていく可能性がありますが、たとえ理解されなくても、自分なりに家族を大切にするでしょう。

 

丙火

丙火

 今月の丙火さんは、世の中の不合理に対して我慢できず、社会に反逆的な想いを抱きやすくなります。その想いは時に行動を促し、身の回りで起きていることを中心に情報を発信していくかもしれません。その際は、「社会のためにはこうすべきです」というように、強く社会貢献を意識して伝えると、周りに受け入れてもらいやすくなるでしょう。

 また、何か目的がある人は、あえてリスクが高い方を選ぶかもしれません。できるだけ短期決戦で決着をつけると成功しやすいでしょう。

 特に目的がない人は、唐突な行動をおこしやすくなります。注意力も散漫になりやすいので、突発的な事故に注意してください。

 

丁火

丁火

 今月の丁火さんは、今まで経験してきたことや知恵を生かし、何かの後始末をすることになるかもしれません。さらに、職場や身近な人からアドバイスを求められたら優しくアドバイスすることもあるでしょう。

 ただ、世の中の道理はよく理解していますが、「それでも納得できない!」と葛藤を抱えることも。それにより、精神的なストレスを強く感じる月となりそうです。

 今月は、行動力はあまりない丁火さんですが、次に行動を起こすための準備期間だと考えてください。計画を立てたり、今できることにコツコツと取り組むと良いでしょう。

 

戊土

戊土

 今月の戊土さんは、頑固で短気、直情的な面が現れ、無鉄砲に行動を起こしやすくなります。また、マイペースな面も現れるため、人と仲良くすることが難しく、単独行動も多くなるでしょう。大きく前進する強いパワーもありますが、自分の信念を貫こうとして周りと衝突することもあるかもしれません。勝手な思い込みから怒ったり、早合点しないように注意が必要です。

 開運のコツは、運動をしたり、外に出てアクティブに動くこと。体もほぐれ気分転換になるでしょう。何事も肩の力を抜いて楽しんで取り組むことを意識すると、物事がうまく運びそうです。

 

己土

己土

 今月の己土さんは、周りと協力して組織を守ろうとします。己土さんがそれなりの力量と持っている人であれば、不穏な空気になったときに、争いを起こすことなく、穏やかに納めることができそうです。自分の出番をよく心得ているため、縁の下の力持ちとしてでしゃばることなく組織のために動きます。相談役やまとめ役として活躍できるでしょう。

 一方、力量がない場合は、ただ人の上に立とうとして人間関係を上手く築くことができなかったり、組織の影に隠れて役目を果たさなかったりするかもしれません。そういう時は、自分の考えをしっかり持つよう心がけ、それを周りに伝えていくと良いでしょう。

 

庚金

庚金

 今月の庚金さんは、自分自身のために何かを改善しようとします。その際には情熱と自尊心を持って行うと良いでしょう。もしかしたら周囲の人が手を差し伸べてくれるようなこともあるかもしれません。その好意を受け取ることによって束縛されるようなことがないのであれば、喜んで助けてもらいましょう。ただし、感謝することを大切にしてください。甘えすぎてはいけません。

 今月は人助けをしたいと思うこともあるかもしれませんが、その助けは本当に相手も望んでいることなのか、自分もちゃんと責任が取れることなのかを、しっかり考えてから行動することが大切です。

 

辛金

辛金

 今月の辛金さんは、自分の家族のことを第一に考えるあまり、何が何でも家族を守ろうと固執して、柔軟性がなくなってしまうかもしれません。外で何かを分け合うときにも、自分の家族にできるだけたくさんのものを持ってこようとします。
 
 その『家族』というカテゴリーには、ご先祖様や代々受け継がれてきたものも含まれますが、それらの影響を強く受けすぎて、発想の転換がなかなかできません。それにより息苦しさを感じ、自分は自由になれないんだと感じることもあるかもしれません。そんな時は、①これでいいのかと常に疑問を持ち続けること、②視野を広く持つことを意識してみてください。

 

壬水

壬水

 今月の壬水さんには、焦ることなく、一つのことにじっくり集中して向き合う気質が現れます。人生の目的を持っている人であれば、その目的のために必要なまとまった財や人脈を得られることもあるかもしれません。

 先月は家族を大切にしていた壬水さんですが、今月は自分自身の目標達成のため、また外に目が向き行動を起こしそうです。もしかしたら何らかの足止めにあう人もいるかもしれませんが、それでも諦めず目的に向けて行動しましょう。

 困った時や、クヨクヨしてしまう時には、結果から学び取ろうとする意識を持つと乗り越えていけるでしょう。世の中を変えていこうとする改革の心も大切です。

 

癸水

癸水

 自分ではさっぱりわからないでしょうが、今月は、癸水さんを原因として周囲に何か争いが起こるかもしれません。それは、相手の気持ちも考えず無意識に言いたいことを言ってしまった場合、その言動が切っ掛けとなる可能性もありますし、何気なく発した言葉が、意外と核心を突いていて、関係者をざわつかせるのかも知れません。

 癸水さん自身はその争いには巻き込まれず、無傷でいられるのですが、もしその争いが激しくなり、簡単に収まらないようであれば、そして、それを収めたいと思うのであれば、その時は専門家に頼ることも検討してください。専門性の高い知識や、名高い人から教わった知識が、癸水さんの力になるでしょう。

  (ブナ)

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
 6月29,30日(土・日)

その次は 8月17,18日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ