12月9日、新体制のブートキャンプがスタートします

ブートキャンプを組み替え中です

えー、最近は花組のことにかかりっきりになっているように見えますが、星組のブートキャンプの組み替えも同時並行で進んでいます。(いろいろ、けっこう大変)
  

さる山隊長指し棒

ブートキャンプの組み替えというのは、少し前にもご案内しましたが、隊長の講義が洗練されるにつれ、1コマ当たりがえらく長くなってしまい、特に初回の基礎理論ブートキャンプ7コマにかかる時間が尋常ではなくなってきてしまいました。初日に至っては、12時間に及ぶ事もあり、講師も疲労するのですが、生徒さんの疲労も相当だと思うようになったので、コマ毎ではなく、実体に合わせた形で、かつ、できるだけ1日6時間を越えないように、カリキュラムを組み変えようという作業です。
 

10月に、旧体制の最後の基礎理論ブートキャンプが終了し、新体制によるブートキャンプが12月9日からスタートします。

カリキュラムはすでに決まっていて、後はこれに向けての諸々について、作業中です。
とりあえず、基礎理論ブートキャンプのページと、地法①のページのみできあがりました。後は追々仕上げて行きます。

あ、初級課程全体の構成と金額が見たい方は、こちらを参照して下さい

 

最近の傾向

 

しっかり読み込んで参加される方が多い

今まで参加されたみなさんから聞いた話を総合すると、ブートキャンプに参加されようかどうしようか迷うような方は、相当あちこちのサイトを比較し、さらにうちのサイトを読み込んで参加される方が多いようです。たまに、直感で選んだという方もおられますし、中には運動するのかと勘違いして(ブートキャンプなので・・・)足を踏み入れ、そのままハマって中級課程まで修了したという、面白い方もおられます。しかし、基本的に隊長の書いた記事を隅から隅までしっかり読み込んで、最もちゃんとしたことを教えてくれそうと思って参加される方が多いです。

サイトの中には、講師である隊長のキャラクターが濃いことや、思ったことを全て言う口の悪さなどについてもちょこちょこと書いてある訳ですが、それを越えてもうちで正確な知識を学ぼうと思って下さるわけなので、ちゃんと学んで下さる方が多いです。
 

独学をしていた方が増えている

初めて算命学を学ぼうとする方はもちろん、プロの占い師や、他の学校や個人で講師をやっておられる方も多いですが、最近増えて来たなと思うのは『独学をしていた』という方です。
ネットには様々な算命学のサイトがあって、それらを見ていると、習得できそうに思えるのですが、いざ本やサイトで学ぼうとすると習得できない、そして、やはり学ばないとムリだと思うに至り、どこで学ぼうかと探されるようです。

原典算命学大系

ネットには様々な情報が落ちていますが、無料の情報で核心まで学ぶことは、難しいですよね。
 

とはいえ、うちの講師(隊長)は全くの独学なので、本などで独学ができないわけではないです(サイトで習得するのは難しいと思う)。しかし、原典算命学大系や五行大義はもちろんのこと、ありとあらゆる中国古典や暦についての本や論文などを読み込んで構成しているので(本だけでも、学校でちゃんと学ぶくらいは、ゆうに使っていますね。)、独学できないわけではないけど、普通の人にはどの本を読めば良いかの選択も難しいですよね。
 

独学のメリット

そして、独学の良さもあります。先生がいないので、先生を越えるにあたってのしがらみなどを考えなくても良いという、大きなメリットがあるのです。

例えば、代々受け継がれてきた算命学の内容には、どう考えても明らかに間違っているものもあれば、時代に合わなくなってしまったものもあります(原典算命学大系にもたくさん間違いがあります)。師がいると、そういうものを勝手に改めることができないわけですが、さる山には師匠がいないので、間違いがあれば堂々と改めることができるのです。
 

間違いを間違いと気づきながら改められないというのは私たちは嫌なので、師がいないメリットを大いに享受しています。また、生徒さんが成長して、「ここはこう考えるのが、より良いのではないですか?」と言ってきたら、喜んで改めることができるわけです。

早く、そういうことを言ってきてくれる生徒さんが育って、相互に切磋琢磨できると嬉しいなぁと思っています。
 

占いだけでない、本当の算命学を学んでみませんか?
 

(そらまめ)
 

最近の基礎理論ブートキャンプにいただいた感想です。

(参加理由)算命学とはどういうものなのか知りたい気持ちがあり、それに一番答えてくれそうな講座だと思ったからです。

(感想)私がずっと知りたかった、算命学とはどういうものか、どういう考えに基づくのか、詳しく学ぶことができました。算命学の形や理論の組み立てがとても美しいと感じました。
隊長は、大切なところをいろいろな所でくり返して話してくれますので、講座が進むにつれ、じわじわと深く理解することができたと思います。
また、隊長からの質問を、瞬発力をもって考え答えるのは楽しかったです。間違えると、答えが余計に頭に入ります。私はたくさん頭に入りました。
二日間の基礎理論を受けただけで、その後、自分が理性的に知的に物事を考え始めていることに気づき感動しています。
(講座とは別で)
講座の資料も圧巻ですが、講座が始まるまでに読んでおくお知らせは秀逸です。温かい言葉で書かれ、心理にも触れ、学ぶ姿勢をサポートしてくれ、緊張がほぐれました。

・・・・・・・・・・・・・・

(参加理由)陰陽五行説などの理解を深めたく、これからのライフワークに役立てれば と思い受講

(感想)自信に溢れ、多様な経験を重ねられ、多くの読書量も誇る、
「日本一の算命学教室」を司る 隊長 と、
さすがブートキャンプと言わしめる2日間みっちりの初回講座を受けました。
・・刺激的な、時間でした。

東洋の思想、哲学にリスペクトを忘れずに、研鑽を積もうと思いました。
まずは何度も読み返し、関連する本も読まないといけません。。

長い時間の熱い講義、ありがとうございました。
そらまめさんのたくさんのご配慮にも 感謝いたします。

・・・・・・・・・・・・・・

(参加理由)友人から聞いて、鑑定ソフトについて知っていました。HPを見たら講座もしていると知り、現在私は別の学校で学んでいますが、自分の中で未消化感があり、違うベクトルと複数のレイヤーから算命学を学びたいと思ったため、貴社の講座に参加しようと思いました。

(感想)私が思う本講座の強みは、隊長が「自分が算命学で救われたから、その魅力を伝えたい!」とか、「スピリチュアル大好き!」等の理由で算命学と向き合っていないところにあると思います。非常に冷静に、算命学と向き合っておられるのだと感じ、それがとっても良かったです。すがったり、依存する占いではなく、道具として上手く使う、というスタンスに私も同感です。

他校でも学んでいますが、隊長の講義のおかげで、自分の中での“立体的な知識習得”になっているように感じています。隊長のユニークなバックグラウンドに基づく実体験との紐付き話も良いんでしょうね。

これから講義を受け続けて、自分がどう変わって成長できるか楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・

(参加理由)さる山さる子のブログを読んで興味を持ちました。あと、陰陽五行思想の解説が聞きたかったので。

(感想)今回初受講で緊張しましたが、何とか初戦クリアしました!以下、受講前後の印象が違う点を中心に、
・講義がとても延長するのは本当。「ブートキャンプ」の名の通り体力も要求される。
・講義の難易度は高め。しかも、マシンガンとは言わないまでもかなりの早口。さらに、隊長は法学部出身・現在士業とのことなので、法律家やリーガルマインドが得意な人向き。
・質問が矢継ぎ早に飛んでくるので知的反射神経が必要。「お笑い」で返せると尚可。
・ウェブサイト上の隊長の写真が猿に似ているので「さる山さる子」なのかと思っていたが似ていない。ちなみに「そらまめ」さんもソラマメに似ていない。
・隊長は陸上自衛隊出身なので軍隊・軍事の話が沢山聞ける!ミリヲタにはたまらない!!
・暦の話もあるので、四柱推命の占者だけではなく西洋占星術に関心を持つ人にも参考になるところがあるかもしれない。個人的には、ウルのジッグラトの写真に歓喜!
・算命学は帝王学ということは知っていたので、講師も帝王的な人かと思ってびびっていたがそんなことはない。「ネタ?」と思われる部分も多い。

上記の通りアタマいい人向けなのでどこまでついていけるか分かりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・

(参加理由)算命学に興味をもち、町田のさる山さる子で占ってもらったら、その場で教室で学ぶことを勧められたので参加しました。

(感想)今回のブートキャンプは私にとって充実した時間になりました。算命学は占いというよりも、よりよい生活を過ごすための指南書をのような学問だと感じました。私は占い師を目指すわけでもなく、算命学を学ぶのはまったく初めてですが、それでも、続けてみたい(学びたい)という気持ちになりました。2日間ありがとうございました。
・・・・・(ここから本音)
隊長のようなタイプ(自信満々の男の人)を久しぶりに見ました。(嫌いではないです!)あと、忖度なし、言葉を選ばす、はっきりと物を言う隊長ですが、教室やソフトなどを宣伝するときのみ優しさを感じました。(このあたりも人間味があっていいなと感じました!まったく嫌いではないです!)
今回、たまたまなのかもしれませんが、同年代の女性5名だったのは、隊長の行動経済学のサンプルとしてドンピシャなのかな~なんて、思いながら講義を受けてる時間帯もありました。(笑)
私はこの2日間、勉強にはついていけませんでしたが、いやな気持ちになったり、凹むことは全くありませんでした。本当にありがとうございました。11月も楽しみにしています。
そらまめさん、途中で抜けたり、戻ったり、かなりイレギュラーでしたが、ご対応くださり感謝しています。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年2月28,29日(水・木)
2024年3月30,31日(土・日)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前

ウェブサイトURL