算命学の7月の占い(7/7~8/6)

基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。
 

全体運 癸未(きび)

 今月は、全体的に精神不安や動揺に見舞われます。災害や事件、騙されたり裏切られたり(勘違いかも)も頻発し、人々の心に不安感や猜疑心が高まっていきます。この不安感から、明るい話題を求め、仲間を得ようと集団の中に入ろうとしますが、集団に属したところで猜疑心はなくならず、よけいに不安を感じるようになります。寂しさや、不安を解消したいという思いから人と繋がろうとしたところで、孤独感は払拭できないのです。
 しかし、多くの人々は、この不安感や孤独感から、真の自己確立へと繋がることになるのではないかと思います。いつまでも人から与えられることを望んでいたのでは、いつまでも不安で寂しいままなのではないかと気づき、こんな人生はイヤだ、人生を立て直そうと、自分と向き合い始めるのです。
 人生を立て直すには、まずは覚悟と決心が必要です。人生を自分で切り開こうと決心できれば、行動できるようになり、行動につれて次第に自分のことを信じられるようになっていき、信用できる人が周りに増え、他からの信用も得られるようになっていきます。そんな風に自分と向き合ううち、気付いたときには、不安や孤独から解放されているでしょう。

 


 

甲木(こうぼく)

甲木

 今月の甲木さんは、探究心が強く、何かについての知識を深めていきます。とはいえ、座学で勉強をするというのとも違い、何かを作り上げる為に学ぶとか、武道を極めるとか、歴史を探索するなど、行動を伴う学びをしていくのです。しかし、その行動は人からは見えず、甲木さんがそんな探求をしていることに気付く人はいませんし、もしかしたら甲木さん自身も、興味のあることをやっているに過ぎず、何かを探求しているとは思っていないのかも知れません。そして、そのことに関連するもろもろの知恵が集まり、時間をかけてまとまり、やがて、体系化された大きなものへと変貌を遂げていくようです。
 今月、甲木さんが興味を持ち、深めたくなった物事は、それが形になったときには、人々に役立つものになっているのかも知れません。余計な事を考えず、興味を持ったことにはまず取り組んでみるといいのではないかと思います。

 

 
 

乙木(おつぼく)

乙木

 今月の乙木さんは、参謀役としての才を発揮しそうです。決して表舞台に立って活躍したりはせず、裏から根回しをしたり、周りに気付かれないように、こっそり何かを調べたりするのです。今月は人の裏側を観察する力があり、『あの人、口ではこう言っているけど、本心はこうだ』というようなことに気付いてしまうため、そういう活動がしやすいようです。
 そうは言っても、今月の乙木さんは、なにげに保守的です。大きく物事を変えようとしたり、下剋上を図るのではなく、現状を維持するためや、伝統を守るために、その才を使うようです。あまり自分の意見はないので、何か、『こうしたい』というハッキリとした意思や目的を持った人がいると、その人の参謀として、大いに力量を発揮するのだと思います。
 また、今月は人から好かれやすく、乙木さんからお願いされた人は、ついつい言う事を聞いてしまいます。誰かに何かお願いしたいことのある乙木さんは、今月はチャンスですよ。

 

 
 

丙火(へいか) 

丙火

 今月の丙火さんは、物事を完成させることで、満足します。人から誹謗中傷されても意に介さず、自分の手がけた成果を発表したり、組織の役に立つことで、満足を感じるのです。そうなれば、自分が自分がと出しゃばる必要はなく、焦ることなく、出処進退をしっかりと見極められるようになります。そうなった時、それは今後、丙火さんの品性となっていくでしょう。
 ただ、属する組織が大きければ、時間はかかっても上記の一連を全うできますが、小さな組織では全うし難い(品性を得難い)ようです。なぜなら、大きな組織では、歯車となってひとつのことにひたすら取り組んでいれば良いので満足を得やすいのですが、小さな組織ではあれもこれもと多数のことを手がけたり、自分で決断する必要があり、今月、決断力のない丙火さんには、満足を感じる程の大きな結果となり難いのです。小さな組織の人は、とにかく行動してあらゆる経験値を積み、それにより得た事をすぐに活かせるよう、意識すると良さそうです。

 

 
 

丁火(ていか)

丁火

 今月の丁火さんは、裏側で人をあおり、けしかけ、戦いに向かわせます。戦いたい人達を集めたり、戦いのムードを広め、争いのきっかけを作り出したり、人を戦わせたりするのです。役割に向かって、無鉄砲に前進のみのエネルギーで突き進み、後戻りはしません。落ち着いて周りを見渡すこともせずに突き進みますので、周囲の拒否反応に気付くこともできません。
 そんな感じですので、争いを起こしたい人や政治利用したい人に、うまく利用されてしまう恐れもあります。敵陣の落ち度や偽の不正を吹き込まれたり、陰謀説を説かれたりすると、すぐに信じてそれを広めたり、憎い敵を打ち砕きたい人を集めて扇動したりと、戦いに向かい始めてしまうのです。
 しかしながら、日頃からニュースに目を通し、世の中の動向を踏まえている、知恵や知識がある丁火さんであれば、その話が胡散臭いことは瞬時に見分けられます。そうであれば、人にいいように利用されることはなく、自分の中の正義や目的に向かって、力強く進んでいけるのだと思います。

 

 
  

戊土(ぼど)

戊土

 今月の戊土さんにとっては、家族や身内が何よりも大切です。身内と他人の境界線をハッキリと引き、身内のために何かを集めます。今月の戊土さんの、自他を分ける境界線の引きっぷりは、清々しいほど潔く、身内は本当に大事にするのに、他人のことは全く意に介しません。それが身内のために必要なものであれば手段を選ばず、多少汚いことをやってでも、溜め込みます。(お米が品薄になれば、人から奪ってでも買うイメージ)身内に心配を感じることがあり、他人のことに構っていられず、何とか守ろうとするのかも知れません。そんな風にして溜め込んだものは、少しずつ蓄積され、時間をかけて、大きな財産となっていくのです。
 その他にも、身内のために取った行動が、ひたすら歩むことでひとつの道となり、いつしか大きな流れを作るのかも知れません。今月は善悪の差がなく、清濁併せ呑みますので、いつの間にか大輪の悪の華を咲かせていたということも、あるかも知れません。

 

 
 

己土(きど)

己土

 今月の己土さんは、とても現実的です。今を生きるには、夢や願望よりも、まず現実が大事、それには何よりお金が大事だと思い、経済を求める組織を作ろうとします。しかも、自分だけではなく、他の人の生活をも支えられるものを手がけようとするのです。決してお高く止まったり、無理しすぎたりはせず、ユニークな発想で参加するみんなで取り組み、成果を上げようとします。多少生意気な感じもしますが、ガッツがあり、その一生懸命さに周りも引っ張られて行きます。
 己土さんのこの行動は、愛情がベースになっています。最初は参加する人が付いて来られるように育てようとするため、冷たい人だとか厳しい人だとか思われ、嫌われることもあるかも知れません。しかし、そこを乗り越え、育った人は、己土さんの愛情を徐々に理解するようになり、そんな風に時間をかけて、己土さんの思いは浸透していくのだと思います。

 

 
 

庚金(こうきん)

庚金

 今月の庚金さんは、じわじわと孤独感を膨らませ、最終的に爆発させるようです。人に対する不信感や、解り合えなさを徐々に感じ、最終的に、もう誰にも期待しない、結局のところ人は一人で生きていくしかないのだと、人と距離を取ろうとします。自分の事は誰も理解できない、理解してくれなくてもいいし、人のことだってどうだっていい、それぞれが離れて自力で生きていけば良い、そんな感じです。もしかしたら、信じていた人からの裏切りに合う庚金さんもいるかも知れません。
 そんな風に、誰にも頼らず一人で生きていくと決めたことで、図らずも自分の人生に主体的に向き合うことになり、効率的に自己確立を促されることになります。そう、今月感じるこの孤独感は、レベルアップへの近道なのです。一時的にはしんどいかも知れませんが、それによって得られるものも大きそうです。レベルアップを果たした後は、どうすれば全体のために自分を活かせるかを考えて欲しいと思います。

 

 
 

辛金(しんきん)

辛金

 今月の辛金さんは、何かをコレクションしたり、描いたり作ったりして楽しむのではないかと思います。風流なところもあるので、俳句やお茶、陶芸などをたしなむ方もおられるでしょう。自分が楽しむだけではなく、周りにいるみんなも楽しませようとしますので、周りの人も辛金さんに魅力を感じ、集まって来ます。
 そんな、趣味を楽しむのんびりムードの一方で、物事はどんどん動いていき、辛金さんもそれに巻き込まれます。集まって来た人達と組織を作り、その集団の為に何をしたら良いかを考え、実行していきます。感受性が敏感で、神経が張り詰めていますので、人に気を使いすぎたり、細かい作業を長く続けると、次第に肉体的に疲れていき、それが溜まれば、病気の発症へと繋がることも考えられます。一気に何かをしようとするのではなく、淡々と物事の整理をしたり、ちょっとした努力を毎日コツコツと積み重ねていくことが、今月をうまく乗り切るコツではないかと思います。

 

 
 

壬水(じんすい)

壬水

 今月の壬水さんは、何かを改革したいと思い、仲間を集めます。とは言え、目立つように旗を振って人を集めるのではなく、多くの人と積極的に交流するうちに、自分でも知らないうちに自然に仲間が増えていたという形になるのではないかと思います。つまり、人と交流する時に、『こうしたい』『こう変化させたい』という思いを相手に伝えることで、賛同者が増えていくわけで、ということは、壬水さんの思いは、多くの人の賛同や応援を得やすいものなのだと思います。
 しかし、仲間を集め、改革しようとする割には、やり方がずさんで、計画を立てるでもなく、直感的に思いついたことにパッと手を付けます。社会の仕組み的に実行可能かどうかや、経済的なことも一切考えず、行き当たりばったりに行動します。行動力はすごいので、自分でもよく分からないうちに物事を動かし、うまくいけば英雄になりますが、悪くすると犯罪者にもなり兼ねません。自分の行動が、世の中のためになるかを考えられるかどうかが、その分かれ目になるのだと思います。

 

 
 

癸水(きすい)

癸水

 今月の癸水さんは、自分の思いを遂げるために、人の意見を借りるのではないかと思います。思いを遂げるためとは言っても、考えを強く押し出すようなことはなく、常に周りの状況に合わせて行動します。そんな中で、自分以外の人達が対立し、そのうちの誰かの意見に賛成だというような時、専門家の意見を聞いたり、影響力のある人の言葉を引用するなどして、意見を通し易くするのです。
 その甲斐あってその場はうまく収まりますが、今月の癸水さんには、そのことが遠い未来にどのような影響を与えるかというところまでは予見できません。『塞翁が馬』という言葉のように、今の正が未来の誤になるということもあり、その場を丸く収めるよりも、動乱を起こして戦うことで、未来に良い結果を残すことも多いのです。人に合わせたその場を取り繕うための上っ面な意見ではなく、自分の本心は何なのかを見つめ、孤独を恐れず思い切って戦ってみることで、その先の未来が結果的に良くなる可能性もあることを忘れないで下さい。

 

 

算命学講座のご案内

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL