算命学の1月の占い(1/5~2/2)

基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。
 

全体運(己丑) 

 今月、人々は理想を求めて、精神性を向上させようとします。人から感謝や賞賛をされたり、ある境地に至るなど、目には見えない(お金や物を得るのではない)結果に喜びを感じますが、それらの結果が出なければ、喜びはありません。今の冬の時代から、何を学び取るかが重要で、そこには忍耐力と持続力を必要とします。焦らず、しっかりと現状を見据えて、精神的な向上をつかみ取って行くのです。
 ただ、一口に精神的な向上と言っても、必ずしも純粋なものとは限りません。悪の世界に理想を見いだす人は、悪の方向に精神性を向上させるのだと思います。そして今後、各自の掴み取った精神性に見合った現実が訪れ、それは一方通行で、もう元には戻りません。今は、いかに感情を交えず正確な情報を受け取れるか、人に対する思いやりを持ち、礼儀正しく人に接することができるかが重要なポイントとなるようです。

 

甲木(こうぼく)

甲木

 今月の甲木さんは、臨機応変に挑戦していきます。何かが足りないとなれば、他のもので補うなど、社会の変化や時代の移り変わりに、庶民的な世渡りの知恵で果敢に挑んでいきます。特に財に関わることには強く、その時、価値を持つものを瞬時に選別し、たとえ周囲がボロボロになったとしても、家族のみは生き残っていけるような財産を残そうとするのです。
 怒りや挑戦の気持ちによって、根底にある不安はかき消され、ガンガン挑んでいきます。後ろを振り返ることなく、周りも見ず、ただ前だけ向いて勝ち気に進むので、もしかしたら、その行動が間違えていたり、騙されることもあるかも知れません。自分がやっていることや、これからやろうとしていることを、逐一身近な人に伝えておけば、危ないときや、道を外れたときには、教えてもらえるかも知れません。

 
 

乙木(おつぼく)

乙木

 今月の乙木さんは、仕事では、地味にコツコツと、組織の歯車として着実に業務をこなしていきます。急がずゆっくりと進み、常識的なものの考え方をするので、目立つことなく、周囲に溶け込みます。小規模な商いには活躍せず、大きな組織の中で、着実に周囲の信頼を得ていくことでしょう。
 また、人間関係では、周りの人たちの相談に乗り、現実的な知恵を貸します。目の前に困った人がいたら、放っておくことができず、その人を助けることが自分の使命だと、アドバイスはもちろん、手を貸したり、自分の人脈を使ったり、時にはその人の厄介事を引き受けて、自分が解決しようとするでしょう。もう少し、本人の超える力を信じても良いかもしれません。また、若い人たちとの関わりを持ち、その人たちのために働くようにすると、今月をより生かせるのだと思います。

 
 

丙火(へいか) 

丙火

 今月の丙火さんは、あまり人が注目しないものに興味を持ち、そこからあるユニークなアイデアを思いつくかも知れません。そのアイデアを聞いた周囲の人たちが面白がって形にし、それがウケて、いつの間にかグループができあがるかも知れません。SNSなどでちょっと言っただけのことを誰かがやってみて、それに火がつくという感じです。しかも、言い出しっぺの丙火さん自身は、自分が言ったことが原因となってブームが起きて、みんなが楽しんでいるということにも気がつかないのではないかと思います。
 また、この時期、誰かとの別れを経験する丙火さんは、人一倍落ち込みが激くなりそうですし、もしかしたら、離別が起き易いのかも知れません。年老いたご両親や祖父母には、できるだけ機会を作って会いに行っておいた方が良さそうです。

 
 

丁火(ていか)

丁火

 今月の丁火さんは、身内を大切にし、昔を懐かしむようです。また、祭事やしきたりも大切にするので、身内との過去を思い出したり、お墓参りをしたり、身内の安全祈願をしたりするのかも知れません。目の前のみに注力し、身内のみを大事にし、他人のことや、離れた場所にあるもの等、自分の視界に入ってこないものは、まるっきり意に介しません。
 また、自分のやりたいことに集中するようですが、一つの事を深めるというようなものではなく、広く浅く今のブームに乗っかり、ブームが過ぎればすぐに次のブームへと移行するようです。考古学など、古いものを掘り下げたり、昔の生活様式などにも興味を持つかも知れません。自分のやりたいようにしたいので、人から指示されることを嫌いますが、ちゃんと知りたいときには、調べたり、人に教えを請うことも大事です。

 
 

戊土(ぼど)

戊土

 今月の戊土さんは、上下関係の意識が希薄で、相手がどのような人でも、対等な関係を築こうとします。なので、自分と同年代や同じくらいの力量の人達とは親密な関係となり、趣味を一緒に楽しんだりするでしょう。
 上司や目上の人に対しても、敬意を払ったりせず、タメ口で接します。しかし、根底は常識的で、集団の為に一所懸命に働くので、何のかんの言って許されてしまうのではなかろうかと思います。とはいえ、表面的には許されても、内心では面白くないと感じている人もいるので、何でも自分の思い通りにしようとせず、上を立てたり、指示に従うことも心がけて下さい。
 また、細やかな気配りなどできず、細かいことを長時間続けると、ひどく疲れ、場合によっては身体を病みます。神経を使う細かな仕事をする際は、小まめに休憩を取って下さい。

 

己土(きど)

己土

 今月の己土さんは、人に合わせることが難しそうです。人はこうあるべきというような、固定観念が強く、自分を変えることができないのです。なので、集団行動が出来ず、場合によっては体制にも反発して、独りで我が道を歩み続けます。そういう感じなので、職人や、自営業であれば、自分の作り上げた世界で思い通りにやっていけますが、集団に身を置く人は、目上や同僚達への反発心で、孤立してしまうこともあるでしょう。
 人に恩を売ることもなければ、人から恩を受けることも嫌で、人と関わらず独りの力でやっていきたいのだと思います。しかし、誰に対しても耳を塞ぐのではなく、知りたい分野の専門知識を持った人や、専門書など、上位にあるものから学ぶことができると、やがて、自分独自の道を切り開いていけるようになるのだと思います。


 

庚金(こうきん)

庚金

 今、世界は変化を迎えていますが、そんな中で、今までの常識も変化していくことになります。その変化にいち早く気付き、実際に取り入れるのが庚金さんです。分析力にも優れ、これから生活していく上で、何が必要になり、何がいらなくなるのかを分析・整理して、生きていくための知恵を身に付けていくことでしょう。その知恵は、遠い未来を見据えたものではなく、すぐに社会に活かせるようなもので、集団にも、個人にも活用できそうです。
 また、今月は、得た知恵を周囲の人達に伝える役目も持ちます。庚金さんが人に教えることは、時代の流れに沿っているので、伝えた人達に受け入れられ、喜ばれ、実用化されていくのではないかと思います。全体のために役立つ人間になることを意識し、困難から逃げず、努力を怠らないことが大切です。

 
 

辛金(しんきん)

辛金

 今月の辛金さんは、旅行や引っ越し、転職等を考えるのではないかと思います。これらの変化を起こせば、移動の先々で何かを改革したり、変化させることになりますが、自分では何かを変えてやろうという意識はなく、至って無邪気なのです。あまりにも自分に素直なので、例えその変化によって周囲に迷惑が及んだとしても、罪の意識もありません。
 また、金銭感覚も皆無に近く、変化や改革のために大金をはたいたり、足りなくなれば無断で人のお金を使ってまで、何かを作り上げようとするかも知れません。無意識に詐欺などの犯罪を犯しかねませんが、そこに罪悪感も感じないのです。とかく無意識に行動しがちですが、目的を明確にすることで、大きな改革も可能となるでしょう。また、家族の顔を思い浮かべると、道を踏み外しそうになった時の歯止めになるのではないかと思います。

 
  

壬水(じんすい)

壬水

 今月の壬水さんは、昔の自分はすごかったと、過去の栄光にすがりついて自慢をしたくなるかも知れません。また、こんなにすごいものを作ったと、相手に示してマウントを取りたいがために、創作活動に没頭するかもしれません。そんな風に、躍起になって人に自分のすごさを分からせようとするわけですから、おそらく自分の力量が盛りを過ぎ、衰えてきたことを感じ始めているのではないかなと思います。
 ここで、あまり自分に執着しても、周りの人から認められるどころか、哀れに思われるばかりです。ここはプライドを手放して、全体にとって自分がどう役に立てるかを考え、自然体で行動して欲しいと思います。自分が中心になろうとするのではなく、後進に道を譲り、その人が活躍できるようお手伝いすることができれば、新たな居場所が見つかるのだと思います。

 
 

癸水(きすい)

癸水

 今月の癸水さんは、文武両道な雰囲気です。冷静と情熱の間というか、落ち着きと無鉄砲さが入り交じり、時に冷静な判断をしたかと思うと、威勢良く戦ったり(行動したり)します。「何人でもかかってこい、絶対に負けるものか!」と気合が入りますが、冷静に考えることもできるので、おそらく気合が空回りせず、うまく戦えるのではないかと思います。
 また、行動を起こすことで経験値が上がり、戦いながら次の作戦を思いつくというように、戦えば戦う程、知恵が回るようになるので、回を重ねる毎に、強くなっていきそうです。感情的になり過ぎると目が曇りますので、常に冷静に真実を見ることを心がけてください。また、独りで多くの人を相手に戦うこともあるので、孤独に打ち勝つ精神を養うこと、負けそうになっても簡単にあきらめないことがポイントです。

 

 

募集中の算命学講座

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL