算命学の9月の占い(9/7~10/7)

基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。
 

全体運(丁酉) 

 ターニングポイントという言葉があります。「あの時、ああしておけば、こうはならなかったのに!」と後悔したり、「あの時、こっちを選んでおいて良かった!」と、胸をなで下ろすようなこともあるでしょう。今月は、その、どちらに進むかの分かれ目の月となります。選択によっては、今後の危機的な状況を切り抜けられますし、もう一方を選択すれば、危機に潰されてしまいます。
 危機の中で、道しるべになる人が現れるでしょう。しかし、その人が本当に道しるべになれるかは、知恵や経験をどれほど持っているかにかかっています。人の上に立とうという人がいたら、まずは、口だけの人ではないかしっかり観察して、この人には知識や経験値がある、ついて行っても大丈夫!と判断した時には、すぐに行動した方が良さそうです。次の世代のため、それぞれが自分たちの力で世の中を変えて行こう、新しい時代を切り開いていこうという気概を持てるかどうかが、雌雄を決するのだと思います。

 

甲木(こうぼく)

甲木

 今月の甲木さんは、感性が鋭く、大事なことに気付いてしまいます。今のままではヤバイと思い、何とかしなければと焦りますが、周りに伝えても、その緊迫感は全く伝わりません。すぐそこに火の手は迫っているというのに、相手は「何焦ってんの?のんびりいこうよ」と、動かないわけです。そんな状況下で、相手を何とか動かさなければならないわけですから、気長に説得などしていたら、間に合いません。なので、乱暴に、無理矢理にでも動かそうとするのです。やられた方は、怒りにまかせて攻撃されたように感じるかも知れませんが、甲木さんの行動は、相手を思っての行動なのです。切ない。
 正攻法でやっても、人は動かないので、お金のある甲木さんは、もしかしたら、大きなお金を動かして、その目的を果たそうとするかも知れません。例えば、何かを達成するために、莫大な懸賞金をかけるなど、お金や物で釣って、人を動かそうとするなどです。そんな風にして、必死に甲木さんがやったことは、新しい世界へと繋がるのかも知れません。

 

乙木(おつぼく)

乙木

 今月の乙木さんは、広範囲に人付き合いをするのですが、直感力が働くため、様々なことに気付いてしまいます。気付いてしまえばそれが気になり、また、嘘も見抜いてしまったりもするため、とても疲れます。疲れるので、本当は人と関わりたくないのですが、なぜか関わらねばならないシチュエーションにおかれるようです。そうしてヘトヘトになって家に戻れば、家族からああしろこうしろとうるさく言われ、煩わしさを感じます。外の人のことは無碍にはできませんが、家族に対しては甘えがあるので、厳しく当たったり、怒りを爆発させたりするかも知れません。
 そうして、人との関わりから自分だけの世界へと逃げ込もうとしますので、家に帰れば、すぐに自分の部屋に籠もって、趣味に没頭するかも知れません。しかし、それでは、家族との距離が開き兼ねませんので、疲れたときはしっかり休んで、その後、家族に正直な気持ちを打ち明けて、しばらく協力してもらえるよう、話してみてはどうかなと思います。

 

丙火(へいか) 

丙火

 今月の丙火さんは、あまり自分の意思を持たず、周りの状況に抵抗せず、自分のやるべきことを黙々とやっていきます。周囲も、そんな丙火さんを基本的には見守り、必要があれば、「危ないよ」、「もっと良い方法があるよ」と、アドバイスをし、丙火さんもおとなしくそれに従います。
 そんな風に、地道にコツコツと積み重ねることで、長い時間をかけて何かを成し遂げて行きます。今から何かを積み重ね始める丙火さんは、これから何年も何十年もかけて、それをやっていくのでしょうし、すでに努力を積み重ねて来た人は、いつの間にかそれが積み上がっていることに気付くでしょう。そんな丙火さんの姿を見た周りの人たちは、コツコツと積み重ねることのすごさに気付き、自分もそうしようと、徐々に変化していくようです。
 また、例え分かってもらえなかったとしても、家族を大事にするうち、家族の方も丙火さんの方を向くようになり、コツコツと頑張るその姿を見て、家族も自分も変化さんを見習おうと思うようになるのかも知れません。

 

丁火(ていか)

丁火

 今月の丁火さんは、頑固です。自分の思いがしっかりとあり、こうしたい、という意思が強いのです。しかし、丁火さんの意見は他人には理解されにくく、反発や、違う意見からのアドバイスもされますが、他人の言葉を素直には受け入れません。丁火さんが貫きたいのは、何としても生き残りたいという思いなのです。今月の丁火さんは、時代を担う役目を持っており、今のまま放っておいたら未来は先細るだけだと分かっているので、何とかしなければと思うのです。しかし、変化したくない人からは反発されるでしょう。
 丁火さんには、今の自分の考えていることは、未来にとって必要だという確固とした自信があるので、相手が賛同せざるを得ないような言い方をしたり、演技をしたりして、何とかその思いを遂げようとします。今を生き残るには、泥臭く行動することと、知恵が必要です。ですので、丁火さん自身に知恵があれば良いのですが、足りないと思う場合は、年長者やプロの意見を借りると良さそうです。

 

戊土(ぼど)

戊土

 今月の戊土さんは、現実的には生き辛く、精神的な分野では生き易そうです。本人としては世の中のことを分かっているつもりではいるものの、ある意味世間知らずで、知っていることを現実社会で活かすことが出来ません。なぜなら、現実は、理屈や理想だけでは動かないからです。そのギャップから相当なストレスを感じ、内心で不満を爆発させます。しかし、状況にはあらがわないので、内心の不平不満は他人からは見えず、戊土さんは世の中のことをよく分かっている人のように見えます。
 しかし、現実面に感じた不満やストレスを元に、どうすれば不条理を改善できるだろうかと考えることで、そこから多くのものを学び取ることとなります。それはやがて、自己形成の根幹を成し、単なる人生観を超えた、哲学や思想へと、成長を遂げて行くのです。それら精神的なことを人に伝えたり、教えたりすると、相手によく理解され、多くの人の賛同や賞賛を得ることに繋がるようです。

 

己土(きど)

己土

 今月の己土さんは、とてもストレスフルな雰囲気です。真面目で向上心があるだけに、今の社会や身を置く環境に不安や不満を感じ、神経の緊張が極度に達し、休まることがありません。日常生活を送るだけでも激しくエネルギーを消耗し、その緊張から逃れるために、学問や芸術に逃げ込みますが、逃げ込んだ先で、その分野をとことん掘り下げていきます。その結果、精神性が高まる場合と、低くなる場合の、両極端に別れるようです。
 精神性が高まった場合は、皆が望んでいた、今までにない何かを創造し、新しい世界の夜明けを作り出す先駆者となっていきます。一方、精神性が低くなった場合は、心の安定を失い、責任逃れに終始し、転職を繰り返すなど、人生の放浪者となり兼ねません。うまくいかないことを人のせいにしがちな人は、注意してください。また、人の話をよく聞き、しっかり勉強しましょう。

 

庚金(こうきん)

庚金

 今月の庚金さんは、大勢の中で一人だけ、光り輝きそうす。そもそも、今の庚金さんがいる世界には、特別意識の強い仲間が多いのではないでしょうか。そんな中で、仲間に抜きん出て、庚金さんだけが目立つのです。グループの中で、大役を果たそうと頑張るのかも知れませんし、何か特別な任務を任命される人もいるかも知れません。実際、庚金さんが頑張れば、大役でも、特別な任務でも、上手くこなせるでしょう。
 そういう感じですから、もしかしたら嫉妬され、悪くすると仲間が離れて孤立する場合もあるかも知れませんし、売名行為だと揶揄されるかも知れません。しかしながら、上手くいけば、大勢を助けられるヒーローにもなり得るのです。今月は、人からの信用を得ることが鍵となります。そのためには、自分のためだけでなく、周りの人や世の中全体のために働こうとする気持ちと、目的をしっかり持ち、常に意識することが大切です。

 

辛金(しんきん)

辛金

 今月の辛金さんは、一本気な思いから、何かに戦いを挑むようです。短気で、思いが行動に直結する、裏表のない月ですので、何かに不満を抱いたときや、不条理さを感じたときには、その思いや正義感が、即行動となって現れるのです。不満が生まれるのは、体制への反発心からですが、攻撃はある個人に対して行います。そして、攻撃したことによって、新たな反発や恨みが生まれ、さらに力を増して、しつこく攻撃していくというのを繰り返します。こんな風にして、ある個人を、執拗に追い詰めるのです。
 この性状は、平和時には厄介ですが、今は状況が不安定ですので、何かを大きく変えるのに必要なのかも知れないとも思います。戦いを挑めば、人からあまり理解されなくなり、辛金さん自身もダメージを負うかも知れませんが、それでも、やることになるのかも知れません。中途半端な思いでは上手くいきません。やると決めたなら、孤立や傷つくことを恐れず、思いっきり挑みましょう。

 

壬水(じんすい)

壬水

 今月の壬水さんは、何かのために準備をするようです。それは個人的なことではなく、社会のため、子供達のため、会社のためなど、大きな目的のためであり、それも、近い未来ではなく、10年後、100年後を見据えた行動です。遠い未来のために、必要な知識を残すことや、将来を担う者達を育てようとし、そのために全力を尽くすのです。それは学問的な知恵ではなく、現実を生きるための現実的な知恵です。何かと戦ったり、家を建てたり、植物を育てたり、お金を稼いだり、危機を乗り越えたりなど、たくましく生き残るための知恵と言っても良いかもしれません。
 未来に希望がなければ、人は生きていけませんので、いかに若者に希望を持たせられるだろうか、また、どのように知恵を残せば、若者に伝われるだろうかと考えて、企画や計画を立て、壬水さん自身も変わらねばと、さらに勉強を積み重ねます。若者や子供達のことを考えて準備し、働きかけていって欲しいと思います。

 

癸水(きすい)

癸水

 今月の癸水さんは、身内を助けようとします。純粋に相手のことを思い、何とかしようとするのですが、相手が身内なので、時には力が入りすぎ、我が侭に周りを振り回してしまうかも知れません。他人には、そんな癸水さんの愛情は理解されないようですが、身内には、自分のことを思えばこそ、そうしてくれているのだなぁと分かってもらえそうです。
 また、お願い上手ですので、「家族を助けたい」とお願いすれば、なんとか人に聞いてもらえるのだと思います。しかし、癸水さんに教養がなければ、身内を助けるために必死になって、他の人を不幸にしてしまうこともあります。例えば、今のご時世であれば、コロナで病床が空いていないのに、知り合いのお医者さんに無理を言ってねじ込み、前の人を追い出して自分の身内を入院させてしまうような感じです。正しく情報を得て、広平に物事を見るよう、心がけてください。また、健康にも充分留意しましょう。

 

 

次回の算命学基礎理論ブートキャンプ

2021年9月19,20日(日月)です。
詳しくはこちらをご覧下さい。
 
 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL