算命学の12月の占い(12/7~1/4)

今回から、さる命学教室の生徒さん(いぐみんさん)が文章を書いてくださることになりました。
基本性質をお知りになりたい方は『基本性質早見表』をご覧下さい 。
 

全体運(庚子)  

 ここ数か月、慣れ親しんだやり方が通用しなくなり、改善を余儀なくされたり、別の方法を取り入れたりと、苦労した人も多かったのではないでしょうか。まさに知恵と工夫でこの局面と向き合った人にとって、今月は新しく始まる「何か」の出発点に立つ時となります。

 この「出発点に立つ時」というのは、まだ始まってはいないけれど、変化の予感を抱いて、それぞれが新しい何かを受け入れる覚悟を意味しています。今は変化の時なので、多くの痛みを伴うかもしれませんが、これから先の本格的な始動のために覚悟が必要になるのだと思います。

 一方、感情に引き摺られていてはこの難局を乗り越えるのは難しくなります。今はより合理的な考え方や方法によって、堅実に前進するときです。とは言え、合理性ばかりに偏れば、温かみが隠れてしまい、たとえ筋が通っていても、周囲の人々の心には届かず、冷たい人と敬遠されてしまうでしょう。合理性の中にも温かさを併せ持つことが大切です。

 

甲木(こうぼく)

甲木

 今月の甲木さんは、自分の理想を実現させたいと強く思うようです。理想を押し通せば、周囲との衝突がたびたび起こりそうですが、喧嘩にはなりません。何故なら甲木さんは大局的な理想を持っているため、目先の小さなことは気にならず、相手が何を言ってきても言い返さないからです。よって周囲はそういう甲木さんを、弱そうな人と思うようです。

 しかし、いざ譲れない場面になれば、今までとは打って変わって冷徹になります。例えば会社の経営者なら、一切の情を挟まず社員をリストラするといったように、冷たさが強く出るのです。あまりに非情だと逆恨みされるリスクもあるので、配慮と礼儀を忘れずにいましょう。

 また今月の甲木さんは見栄えを意識するようです。スマートなものに憧れるのですが、それが本来の姿とかけ離れていては無理が生じます。メッキが剥がれて面倒が起こる前に、ありのままの姿を把握しておきましょう。


 

乙木

乙木(おつぼく)
 
 今月の乙木さんは自尊心と名誉を何よりも大切にするようです。その姿には、自尊心のために生きて・戦い・そして散る、武士のような気高さがあります。

 乙木さんは、気高くあるために自分を貶める恥ずべき行為を嫌い、自分を律する心で正義を貫きます。正義のためには戦いも辞さず、たった一人でも名誉のために捨て身となって戦う人もいるでしょう。もしかしたら命も惜しくないという人もいるかもしれません。もちろん価値観は人それぞれで、命よりプライドを取る姿を「潔い」と美徳とする価値観もありますが、人間らしくじたばたして、ありのままに生きる逞しさもまた美しいことを忘れないで欲しいです。

 一方、何の目的もなく、目先の名誉ばかりを求める乙木さんもおられるでしょう。自分を良く見せようと大きなことは言うものの、実際には何もしないし何もできないということがないように注意し、自身の身の丈と言動が一致しているか、振り返ることが大切です。

 

丙火

丙火(へいか)
 
 今月の丙火さんは、他人の気持ちを推し量るような行動はあまりしません。例えば相手に愛情を持ったなら、自分のありったけの愛情を一方的に押しつけようとするなど、相手の気持ちや置かれている状況は度外視します。そして計画性もないので、思い立てばすぐに行動に移すでしょう。

 またそのバイタリティーを活かして、仲介業など、人と人の間に入って利益を得る事もありそうです。利益を上げると決めればすぐに行動し、相手が大きいほど営業や交渉に気持ちが燃えるようです。強引になっても多少は許される傾向もあるので、ひるまずどんどん立ち向かってみてください。  

 このように自分の気持ちに従って計画なしに行動すれば、失敗も多いと思います。しかし今はその失敗も一つの経験となり知恵となりますから、行動して経験を積み上げていきましょう。

 

丁火(ていか)

丁火

 丁火さんの中には、これから本格的に推し進めたい事業や挑戦したいことがあり、忙しく準備しておられるのではないでしょうか。その体制を整えるためにも、今はしっかり貯蓄して、更にその貯蓄を使って財産を増やしたいと考えているようです。

 もし丁火さんに知恵があれば、自分の投資によって、投資先と自分の両方に利益を生み出すシステムを作り出し、多くの人に利益をもたらすでしょう。また、それが巡り巡って自分の財産を増やすことになりますから、利益を独り占めするような利己的な行動や考え方は控えた方が身のためです。

 また一部の丁火さんは直感的に投資を行いますが、その直感は研究や知識に裏付けされたものではなく、その場しのぎでどこか博打的な雰囲気があります。当然ですが、よく勉強して知識を蓄えた上で投資を行う方が安全です。


戊土(ぼど)

戊土

 今月の戊土さんは、格闘技系の趣味を持つかもしれません。例えば身を守る為に護身術を習ったり、ダイエットのためにボクシングジムに通ったり、本格的なサバイバルゲームを楽しんでみたりと、戦闘や武器に関係することに特化しています。戊土さん自身にとっても、日頃の運動不足の解消や体調管理にも役立ち、楽しみながらスキルを習得していきます。

 しかし今月の戊土さんは気分屋のところがあるので、飽きれば違うものに興味が移りそうです。目的をもって取り組めば、スキルは身につくので、粘り強く挑戦してみましょう。

 またこれらに関連して出会う人たちとは、サークル活動のようなお付き合いになるかもしれません。周囲の人は戊土さんを自然体で明るい人と認識するので、一緒にいて楽しく感じます。そして共に活動するにつれて仲間との和が生まれ、より一層趣味に励むことになりそうです。


己土(きど)

己土

 今月の己土さんは、勘が働いて人の秘密や嘘を暴きます。一度気付いてしまうと、それをなかった事には出来ず、事実を白日の下に晒し、周囲に大きな影響を与えるのです。対象はさまざまで、企業の不正に気が付いて告発するような大きなものから、個人の内面や嘘を見抜くような小さなものまで多岐にわたるでしょう。

 また今月の己土さんは、細かいことは気にせず無邪気さもあるので、その暴露が正しいか否かの判断や周囲への忖度はありません。自分の気持ちに正直に、そして冷静に事実を公表するようです。  何にせよ、己土さんの行動がどのような顛末を迎えるのか、それは誰にもわかりません。事実が暴かれて、物事が好転することもあるでしょうし、暴かれた人がひどく傷つき、己土さんを恨むことも予想されます。行動には責任と品格を持ちましょう。

 

庚金(こうきん)

庚金

 今月の庚金さんは、心身の健康管理に気を付けてください。

 まず体についてですが、今月と来月の庚金さんの体は特段に冷えます。冷えは万病のもとですし、冬場は寒暖差によるヒートショックも多発します。工夫して体を温めて下さい。また冷えない体つくりも大切で、筋肉をつけて代謝を上げたり、有酸素運動で血流をよくするなど、生活に運動を取り入れることが望ましいです。

 次に心の健康についてです。庚金さんには何か表現したいことがあるにもかかわらず、環境によってそれが許されずにいて、大きなジレンマを抱えるようです。だからと言って自分を曲げることは出来ないので、その葛藤が態度となって表れているかもせれません。心のエネルギーが消耗し、落ち込むこともあると思いますが、そんな時は運動で気分転換し、今できる努力を地道に続け、活躍するその日まで力を蓄えましょう。

 

辛金(しんきん)

辛金

 今月の辛金さんは、グループのリーダーを任されるかもしれません。そのグループは、偶然その場に居合わせた人を集めたようなものではなく、大きな志と使命感を持った人たちが集まって、何らかの目的を達成するために作った集団です。

 周囲への影響はとても大きく、場合によっては利益も生み出しますが、お金に対する欲はあまりなく、それよりも使命感によって動くのが特徴です。

 また、メンバーの一人ひとりがかなり強い個性をもっており、しっかりと自分の意見を主張するため、リーダーの辛金さんはまとめるのに苦労するでしょう。しかし、辛金さんが日頃から真面目に取り組む姿をメンバーに見せていれば、「辛金さんが言うなら仕方ない」と案外言うことは聞いてくれそうです。さらに、一人ひとりが役割を果たすことによって、メンバー同士の信頼が築かれ、次第にまとまっていきます。その団結と積み重ねが、やがて大きく実を結ぶでしょう。

 

壬水(じんすい)

壬水

 今月の壬水さんは、感情と行動に矛盾があるようです。例えば、好きだけど嫌いな態度を取ったり、心細いのに強がってみたりと、本心とは裏腹の行動をし、本当に解決すべき問題から目を逸らしがちになります。その結果、精神的な葛藤と迷いが起こり、本来の壬水さんが進むべき道ではない方に流されてしまう可能性があります。

 また世の中に対して不満があり、自分の力で世を改革しようとします。今月の壬水さんは行動力、推進力ともに充実しているので、行動すれば大きな変化を生み出すでしょう。その際、精神修養された人であれば、次世代を担う人たちにとって良い環境を作り出せるでしょうが、利己心からの改革であれば、周囲を混乱させ、大損害を与える恐れがあります。改革に当たっては、その都度自分を省みて、未来や周囲の人たちの幸せのために行うことが大切です。

 

癸水(きすい)

癸水

 今月の癸水さんは、精神的に苦しい時を迎えるかもしれません。今悩んでいることがあって、なんとか問題を解決しようといろいろ考えてみるものの、その全てが間違いに思えたり、また正しくもあるように見えて、どうにも考えが纏まらないのです。当然迷いも生まれるので、行動の選択が出来ずに、その場に立ちすくむこともあるでしょう。

 しかし留まってしまうと悩みは深くなる一方なので、今は一度問題を棚上げして、目の前のやるべき事に集中してみてはどうでしょうか。部屋が散らかっていれば物を元の位置に戻し、食事のときはしっかり味わってみる。誰かに話して問題を整理したり、天気の良い日に運動するのもいいでしょう。

 このような意識の切り替えは、前向きなひらめきをもたらします。いずれ進むべき道も見えてくるでしょう。そしてこの経験で癸水さんが得た学びは、同じような立場の人を助ける力となったり、また、表現者であれば創作の原動力となり、作品を通じて人々の心に影響を与えたりするのだと思います。

 

(いぐみん)

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL