次回の基礎理論ブートキャンプ、現地枠が一杯になりました。

次の基礎理論ブートキャンプは5月3,4日(火・水)のゴールデンウイーク中で、そのせいなのかどうかは分かりませんが、通常よりも現地での受講を希望される方の割合が多く、現地枠が一杯になりました

今はコロナ禍でもあり、あまり密にならないようにしているので、現地で受けていただけるのは、6名に制限させていただいています。

ですので、本日以降にお申込いただく方は、自動的にZoomでのご参加となりますので、ご理解下さい。(Zoom受講に制限はありません)
 

ブートキャンプにいただいた感想です。

基礎理論

サイトの内容から「うちは結構厳しいですよ」という雰囲気を感じていたので
内心びくびくしながら初日現地に向かいましたが、
少人数制のためか かなりアットホームで終始楽しく学べました。

テキストのボリュームが多いですが
わたしにとっては「たった2日でこんなに学べるのか!(喜)」
という感じで嬉しかったです。

わたしは独学を含めいくつかの塾やスクールで
10年近く学んできましたが、
基礎理論ブートキャンプは算命学を長く学んでいても聞くことができない
「そもそも」の成り立ち話が多く、
確かにこれを知っているのと知っていないのとでは、
占いや鑑定をするにしても「深み」が違うだろうな、と感じました。

遠回りせず算命学の本質を学びたい方に
さる山さる子をお勧めします。

量・質ともに非常に濃い内容を2日間という短い時間で教えていただきました。
多数の思想・理論のインプットとなったため、理解が追い付いていませんが、復習し自身の知識としたいと思います。
算命学の原理・基礎理論のみではなく、社会情勢や一般教養についてもお話があり、学びの大切さを痛感しました。
算命学について正しく理解したい、上澄みではなく本質的な内容を学びたいと思う方にお勧めしたいと思いました。
とても刺激的な時間でした。ありがとうございました。

 

天冲殺2

毎回算命学の理論の深さに引き込まれ、時間が過ぎるのがあっという間です。
隊長は、「文字を追うな、形でとらえよう!」と言われ、
図解してくださるので、考え方の考え方(笑)が分かり
とても有難いです。

今は情報が溢れていて、調べれば大抵のことはすぐに答えがえられます。
ですので、何故そうなるのか?どうしてそう考えるのか?を
自分の頭で考え続けることが、出来ない人も増えています。
自分がそうならないためにも、算命学の良さを伝えていく為にも
何故?どうして?を考え続けたいと思います。

次回も楽しみにしています。

難解だと思っていたけど、実はシンプルなのではないか?
と、今回は感じました。

最初から一貫して言われていた「方向」「形」というのが、つながってきました。
ソフトに出てくる言葉がわかりませんでしたが、ひとつずつ
あ、そういうことか!
と思うものが増えてきて嬉しいです。
このソフト、すごく良くできていますね。
そこに毎回驚きます。

今まで悩んできたことが、それほど悩むことでもない、とも、思えました。
良い悪いではない
というのも、毎回少しずつ深くなっています。

うまく伝えられませんが
冷静に人生を見るようになった気がします。

そして今回も、おさるさんの絵に癒されます。
ほんわかと、なごみます。
ありがとうございます。

次回で初級が終わりますね。
長いようで、はやかった!

 

中級6奥義系

今回のブートキャンプは「奥義系」という事から、
算命学の極意を学べるもので、
技術的にも難解な占技と想像していました。

私にとっては複雑な占技もありましたが、
占者として、人や物事を理解するための奥義であり、
技術的なことを紐解くと、
殆どが学んできた基礎の組み合わせでしたので、
基礎に立ち返ることの重要性を認識した講義でありました。

特に興味深かったのは、大運天冲殺の移動法則です。
繰り上がりや繰り下がりが起こると、
人生の殆どの期間が大運天冲殺となるケースもあり、
どんな人生になるのかと興味が湧きます。
それが大運第三旬・四旬に大運天冲殺現象が現れ易く、
また体力があるからこそ、
運を稼働させることができるという事を考えると、
体力向上のアドバイスもできる占者になることが
望ましいと思いました。

中級課程も中盤に差し掛かり、占技のみならず、
占者としての在り方も教えていただいており、
環境を把握することが重要という事を、隊長は常に語っています。

占いにいらした方の環境を把握し、
仮説を立て、運命の改良点をお伝えする。
その流れの第一歩を大切にし、
個々に応じた鑑定ができる占者になりたいと思います。

難解ではありますが、算命学を学ぶことが楽しくなってきた、
今日この頃です。

大運天冲殺の移動法則は、本当にパズルのようで混乱することもありましたが、自分の命式を見てわかるようになってきて良かったです。
算命学は難しく複雑なものだと思っていましたが、少しずつ、シンプルな仕組みなのかな、と思い始めてきました。
また、隊長のウクライナとロシアの戦争に関する話もブログを読んで気になっていたので直接伺えて良かったです。社会情勢についても、もっと興味を持って知識を深めていきたいと思います。

 

次回の算命学基礎理論ブートキャンプは、

2022年 5月3,4日(GW中の火・水)
その次は、7月16,17(土・日)です。
詳しくはこちらをご覧下さい。
 

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL