算命学とカウンセリングを組合せた講座『空組』の新規クラスが6/7にスタートします!

2024年6月7日(金)18:30~21:30、月1回(第1金曜日)、心や次元上昇に特化した算命学講座『空組』の新しいクラスをスタートします。
 

■この記事の内容

 

たくさんある算命学の学校。
その中でも、さる山さる子の算命学教室、略して『さる命学教室』は非常に高度だと言われています。
各講座、いずれも自信を持ってお勧めできますので、目的に合わせてご利用下さい。
 

さる山さる子の算命学教室、略して『さる命学教室』の各講座の比較

さる山の講座の中から、あなたのニーズに合わせたぴったりな講座を選ぶことができます。
 

星組・ブートキャンプ

算命学ブートキャンプ

まず、上位10%に入るような占い師や講師を育てるクラス『星組・ブートキャンプ』。最近聞いた生徒さんの話では、世間(算命学に携わっている人達)からは『ガチ算命学』と見做されているらしいです。算命学を学問的に教授するのみならず、社会の話、経済の話、経営の話、軍事の話などがたくさん出てきます。
 

占い師として顧客にサービスを提供するにしても、お教室を運営するにしても、経営や社会について知らなければ、せっかく算命学を学んでも、なかなか活かすことができません。算命学を仕事に使いたい方に、プロの心構えや経営についても、歯に衣着せず、ビシビシと教わることになります。(傷つきやすい人には向きません)講師は元幹部自衛官の隊長で、驚くほど優秀だということと、講義のレベルが非常に高いことは、最初の1日で理解できると思います。

1~2か月に一度開催する、『基礎理論ブートキャンプ』が入口となります。
 

星組が合う方(これらの方は星組一択)

  1. 本気でプロを目指したい方
  2. 趣味程度の占い師ではなく、事業としてガッツリお金を稼ぎたい方
  3. 算命学の研究者になりたい方
  4. 最高峰の算命学を学びたい方

 

花組

花組

次は、『花組』です。算命学に興味を持ったばかりの方に対する入口のクラスとして2023年の冬に作られたばかりのクラスです。
難易度は、星組をレベル10とすれば、レベル3くらいです。初めての方向けに学び易く作られたコースだとはいえ、星組の原稿が元になっているので、それなりに高度です。
全12回で、毎回段階を踏んだ丁寧な実習を行い、手を動かして具体的な占いの方法が学べるような、大変お得な講座になっています。

ただし、花組で学んでも、他人を占う(人の人生にアドバイスする)ほどのレベルには至りません。しかし、算命学の入口としてはぴったりの講座です。

今後、半年に1回ペースで、新しいクラスをスタートできるのではないかと思います。
 

花組が合う方

  1. 算命学がどんなものか知りたい方
  2. 算命学をちょっとかじってみたい方
  3. 自分や家族のことを簡単に占ってみたい方
  4. 今後真剣に学ぶかどうかを判断したい方

 

そして、6月7日にスタートする、算命学講座『空組』とは

空組バナー

今回、新しくクラスをスタートする『空組』(Eクラス)は、算命学の内容は星組とほぼ同じで、政治・経済・経営・軍事などの話が、心やカウンセリング、心理学の話に置き換わったものです。

固い文章を少し柔らかめに書き直してあることと、早口の隊長に比して、話し方がゆっくりなので、どなたにも比較的ついて行きやすいかと思います。
 

算命学は、実は占いよりも次元上昇を重視していて、『次元上昇が全てを解決する』と言っています。その、大事な次元上昇にテーマを絞った講座です。

講師のそらまめ(私・株式会社さる山さる子代表取締役)は、独自のカウンセリング手法(ただ見るカウンセリング)を構築しており、その方法やどのようにそれらを見つけていったのか、それを使ってどのようなことを得てきたのかなどを、算命学の各項目に絡めてお話します。
 

難易度としては、星組をレベル10、花組をレベル3とすれば、レベル8~9くらいです。(花組と空組を埋めるくらいのレベルの講座はいずれ作りたいと思っています)

ですので、算命学については、プロになっても十分やっていけるくらいの知識が得られます。
しかし、月に1回ずつなので、進みはゆっくりです。
 

算命学講座『空組』に合う方

  1. 算命学のみならず、心や次元上昇にも興味がある方
  2. 自分を知りたい、自分と向き合いたい方
  3. 星組を復習したい方(すでに受講された部分については半額になります)
  4. さる山の講義は学びたいけど、隊長のスピードについていけない、強烈なキャラクターが苦手な方

 

しかし、注意点もあります。

  1. 私は自然の観察から法則を掴み、それを行動や心の事に反映させていったわけですが、法則というのはなかなかシビアで、私たちが普段良しと思っているものと真逆のことも多々あり、常識がひっくり返るようなお話もあります。それに抵抗がある方、変化が嫌いな方はやめておいた方が良いかも。
     
  2. 自分と向き合うと、見たくない自分をたくさん見ることになります。心の奥底で無意識に考えている汚い自分などに向き合うことになり、それにはそれなりの胆力と覚悟が必要となります。(講義をふ~んと聞き流すことはできます)
     
  3. 占いや心の話というと、スピリチュアルな内容かと誤解して参加される方もおられます。ふわふわとした不思議な話は出てきません。非常に地に足のついた話になります。

空組に興味がある方は、これらを踏まえてご参加いただければと思います。
 

算命学講座『空組』の金額は

1コマ(約90分)あたり7,700円で、月に1回2コマずつ進む(1回3時間)ので、月々15,400円です。
オンライン受講で資料を送る必要のある方は、別途500円の資料送付代がかかります。
 

急用や体調不良などで受講できないときは・・・

毎回ビデオを撮っており、それをクラウドにアップしたものを見ていただくことができます。
その場合、1コマ当たり1,100円かかります。
※ビデオ視聴は止むを得ない場合にお使いいただける措置です。ビデオのみで受講することはできません。(よほどの理由がある場合はご相談下さい)
 

今回の算命学講座『空組』にまつわるお知らせ

この後しばらく(数年)、空組の新しいクラスは作れません

さる山さる子の社長でもある講師のそらまめが非常に多忙なため、なかなか時間を使えません。ということで、このEクラスも、月に1度の開催(1回2コマ)しかご用意できませんでした。中級課程まで修了しようと思うと、約6年くらいかかってしまいますので、長い趣味と捉えていただければと思います。(少しでも早くプロになりたい方は、星組・ブートキャンプの受講をお勧めします)

そして、このクラスがスタートしてしまえば、おそらく数年(約3年)くらいは、次のクラスを始めることはできなくなります。次を待てば良い、と思っていたら、次はそれくらいになりますので、ご了承下さい。
 

現地枠は埋まってしまいました

また、先日公開してから、すでに現地枠は埋まってしまいました
すみませんが、これ以降にお申込いただく場合は、全てZoomによるオンラインでの受講となります。オンラインでも、現地とほぼ同じように受講していただけます。もちろん、質問もできます。
 

また、PCがなければ受講できません(パワポを画面に投影して見ていただくので、スマホではおそらくムリです。10インチ以上のタブレットであれば、何とか大丈夫だと思います)。 
 


 

算命学講座『空組』の感想

「西方は変わらない、北方は変化する」というお話がありました。

過去の出来事は変わらないけれど、その出来事をどう捉えるかは
その時々によって変わることがあるなということを
少し前に感じる機会があったのですが、
その時は「捉え方が変わる」ということのみの認識でした。

今回の講義の中では
「起きたことを良い結果に結びつける努力をしなければ
北方を変えることはできない」と言及されていました。

「どう捉えたか」だけではなく
「捉えたことをどう活かしたか」にならないと
新たな経験が生まれないし、次に繋がっていかないと思いました。

・・・・・・・・・・・・

そらまめさんの説明はとても丁寧で、説明スピードもちょうど良く、図解を適宜してくださるので、とても理解しやすいと思います。
受講者に寄り添ってくださる先生だなぁと毎回ありがたく思います。

算命学がどうであれ、
「自己確立(自分がどうしたいか、何を大事に思うのか)が大事だよ。」
「お金も大事だよ。」
と、とても真っ当な事を熱く伝えてくださるのが心に沁みます。
「算命学にこだわらなくていい。振り回されないように。」
とおっしゃっていただいてる様で、心が軽くなります。

・・・・・・・・・・・・

学びが進むほど、天冲殺の捉え方がや考え方が使いようだと感じ面白いなと思うし、こう言う算命学の考え方がとても好きなところです。
また、空組ならではのただ見るや心の事。
日常での出来事に対して、かなり指針になり助けられています。
改めて、算命学やただ見るに出会えて良かったです。今後ともよろしくお願いいたします。
コツコツ進んで行こうと思います。

・・・・・・・・・・・・

今日の講義はとても充実して満足しています。
最近、自分が思っていることがいっぱい出てきたので、
そらさんに言ってもらって今、自分がしていることは外れていないんだなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

私は今、大運天冲殺中なので、今日の講義はとても興味深く聞いておりました。
20年以上の長い時間の天冲殺に自分が居ると知った時、ネットの情報だけで、この状況がとんでもなく恐ろしいものなのではないのか、抜ける時に大変な思いをするのではないだろうかという不安でいっぱいになっていたのですが、今日の講義を受けてその気持ちは随分と薄まりました。
また、大運天冲殺で欠落する方向やその影響について、陽転、陰転の正しい認識を学べたことはとても有益でした。今後、自分の大運天冲殺の型を学ぶのが怖くもあり、楽しみでもあります。
きちんと基礎から積み上げる事、手近なところの情報だけで物事を捉え、判断しない事、それらがとても大切であると今日の講義から学びました。

・・・・・・・・・・・・

二つの天冲殺の連結によって、思考や行動が変化する阮示条件は
ざっくりと捉えるのに、かなり使えるものだと思います。
職場の上司が戌亥天冲殺所有者で、何か問題が起こると逃げたがります。
寅卯天冲殺所有の私が、現実に引き戻すという事が度々起こります。
まだ起こっていない事を想像し、慌てて動く寅卯天冲殺所有の私は、
現実に強い辰巳天冲殺所有者によく助けられます。
阮示条件、かなり的を得ています。

今回の心理学は
「いい人」「厳しさ」「逃げる」「自分の人生に責任を負うと決める」
これまでにも取り上げられた内容でしたが、
空組を受講し続ける中で、これらの意識が高まってきた感じがします。
精度はまだまだですので、「いい人と、思われたかったんだな、私。」と、
突っ込みを入れたり、心がざわつきますが、気付いた自分を褒めようと思います。

・・・・・・・・・・・・

阮示条件の組み合わせを,夫との関係や身近な人の天冲殺で見てみると,なるほどと思ったり、そういうふうに考えるんだと面白かったです。
いつもですが、さるやまのテキストは考え方の根拠がわかるように書いてあるので,しっかり理解出来てくると、パズルを組み合わせるようで,楽しいです。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺の講座でまた出て来た「静動論」。
役割と出番は本当に重要だと思いました。keepとmove、基礎理論で学んだ内容の重要性がひしひしと身に沁みます。
基礎理論のテキストをまだ最初から復習したいと思います。

・・・・・・・・・・・・

身近にいる人の天冲殺と講座の内容を照らし合わせてみると、本当にその通りだなと改めて思いました。特に午未天冲殺のお父様のエピソードは、私の父親も同じ午未天冲殺なので凄く納得しました。確かに、帰省しても長く一緒にはいることが出来ません。笑

・・・・・・・・・・・・

今回の講義は「空組」ならではの内容が盛りだくさんでした。
私が日常生活を送る際に直面する課題の解答を頂いた様に思います。
「空組」の講義は、私の生活を見越したかの様な内容をドンピシャのタイミングで学ぶ事が多く、恐れ慄く時があります。

そして、法則という目に見えない事を論じながら、「現実!現在!現実!」と、常に目の前の事へ行動を促して下さるそらまめさんや隊長は、とてもありがたい存在です。
日常生活の中で軸がブレブレになる時も、「さる命学」の講義を受ける事で、軸が定まり行動しやすくなります。そして頭もスッキリするのが不思議です。

スピリチュアルとは相容れない算命学ですが、あえてスピリチュアル用語で例えさせて頂くと、「さる命学は最高のグランディング」だと言えると思います。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺論を学び進めるにつれ、理解できずにいた身近な人の行動や言動の根拠がわかるようになり、自分の中に蓄積されていた、悲しい気持ちが減り続けています。
そして、幼い頃、両親の言葉や行動により傷つき、置き去りにされたままの「小さな私」は、少し成長し、「正しい認識」が出来る様になってきました。
もし、算命学を学んで、何が一番良かったか?と聞かれたら、私は迷わず答えます。
「置き去りにされていた、止まったままの小さな自分が、再び歩き出せるようになったこと。」と。

神(自然の法則)が与えた人間のシステムは、あまりにも壮大で、学びを深めて行く毎に驚かされます。
「法則は不自然な部分があったら、自然に戻すような出来事が起きて来る。」
という進藤さんの言葉、しっかり胸に刻んで、自分の行動に不自然な部分が無いか、気を付けていこうと思います。

・・・・・・・・・・・・

久しぶりの現地講義を受けることができてよかったです。
やはり、現地は違うと思いました。
ただ、話が早くてついていくのがやっとという感じでした。

また、今回授業で出てきた䕃気の話には興味を持ちました。
辰巳天冲殺の私にとって、実家に長くいると本当に自分がよくわからなくなり、生きている活力みたいのものがなくなってしまいます。(親にはもうしわけないのですが)
本来の道を歩んでいなければ、䕃気が出てきてその人の運命に影響がでるという話は、今後、人を見る上で、気に掛ける要素になるのかなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

方位守護神をどのようにとらえるのかという基本的な考え方はわかりました。
自然の法則に従って、どうすればバランスがとれるのかというふうにとらえていけばなんとなくつかめた感じがします。算命学は、「物事のバランスをとる」が基本の学問なんだとこの講義をききながら妙に納得してしまいました。

・・・・・・・・・・・・

方位守護神は、中庸を作り出すもので、成功や幸福を生み出すものではないという事が、とても心に残りました。
算命学は、常にバランス、中庸のとれた世界に満足があると言っているのが強く伝わってきます。陰陽論に集約される理論をあらゆる角度から学ばせていただいているなあと思いました。

そして、空組ならではの「◯◯運動」についてのお話は身に覚えのある観念だったので、本当に気をつけようと思いました。

・・・・・・・・・・・・

算命学は中庸を取り、良し悪しはない(どちらもあり)と学んできましたが、天冲殺論に入ってからよりそれを感じます。
また、今日の質問解答を一緒に聞かせていただき、算命学と言う道具を使い、人ありきで問題解決の糸口を提案していく事に興味がわきました。しっかり学ばねばと思います。

・・・・・・・・・・・・

形を捉える位相法、中庸に近づけて、運命の改良に繋げる方位守護神は、算命学の中でも最も重要であり、難しいところ。
講義が分かりにくかったという事ではなく、再受講しても、まだまだ受講したいと思う分野です。

「全ては自分、自分は全てと考えよ」についてですが、この考えは深い内容で、何か起きた時こそ意識した方がいい考え方だと思います。
講座後、嫌いな人、苦手な人を観察してみると、自分が出来ない、それは無理と思っていることを簡単にやっているように見えました。
私にはできないと思っている(私の観念)ことを、やっている人が羨ましいと思っているのだと。
その人を通じて気付かせてもらったので、観念に気付かせてもらって、ありがとう。でもいいし、自分が出来ない、それは無理だと思っていることを実験的にやってみると面白いかも知れません(笑)。
来年は干合が周る年なので、実験と意識しなくとも、変化してくのか分かりませんが。
どんな年になるのか、ソフトとにらめっこになりそうです。

・・・・・・・・・・・・

特に印象に残った内容は、やはりそら組ならではのものです。
「全ては自分」についてや、「合」だから良い、「散」だから悪いなどと、単純に考えない事。それについての詳しい具体例を教えて頂き、とても腑に落ちました。特に「応援される」という事も、環境によっては悪い条件となる事が心に残りました。

・・・・・・・・・・・・

散の時期をついネガティブに考えてしまいますが、
対冲は、用心深く、手堅く行動し、
害は、精神と現実の不一致なので、体調を意識し、労りながら過ごし、
刑は、人との争いが起こり易い時期なので、接触を減らす。
その時期に応じた過ごし方をすればよいですし、良いも悪いもないのだと。自分の運勢を知り、ありのままに受け止めることが運命の改良になるのだと思いました。

そら先生の乳がんのお話は、衝撃的な内容もありましたが、害の重なる時期の過ごし方を教えて頂き、本当にありがとうございました。
観念を消し、算命学を活かすことで、楽に生きられる(こう言っては何ですが)と感じました。

・・・・・・・・・・・・

対沖を持っているので、自分が色んなことをやりたがって中途半端になっていることに落ち込んでいましたが、考え方が変わりよかったです。

・・・・・・・・・・・・

そらまめさんが経験した貴重なお話しは、学ぶところがたくさんあります。

位相法の散の約束事も、単純な見方をする事なく、環境やその人の本質に合っているかどうかで判断する事を強く教えていたました。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺に入ってまだ4コマ目ですが、こんなに細かく条件などがあり、そこが面白いなと思います。今までの基礎、土台の上にあるのも感じ、そこをもっと自分に落とさねばと思うし、そうするとより身につくなと思います。
また、心の話しに出てきた「貯金が出来ない人の心情」も自分なりに考えてみようと思います!

・・・・・・・・・・・・

講義の後は、いつも考えさせられる事が多く又、疑問に思っていたことが、こういう事だったのかとなり、先ずは、行動と何か始めると次々と疑問やら問題やらが起こり……故に、感想が書けず(言い訳です)いつも遅くなりすみません😣💦⤵️こんな日々です。
脳科学者さんの本📕を読んでいたら、そらまめさんに言われている事が、沢山出ていて……私は今、頭にも体にも良いこと沢山しているようです。ありがとうございます😆💕✨

・・・・・・・・・・・・

いつも、丁寧な講義をありがとうございます。
「支合」の成り立ちについての講義がとてもよくわかりました。前回習ってから復習しないとわからないなと思っていた内容なので、今回もう一度学ぶ事で、理解が進みました。ありがとうございます。
そらまめさんの経験から出てくるお話しは、どのエピソードも学びが多いです。
いつも貴重なお話しを公開してくださってありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・

陽占でも陰占でも当て嵌まらず、理解できなかった他人の性質や行動が、天冲殺論を学ぶ事によってその内容と行動が合致し、理解出来る幅が増えています。総合的、多角的に見る、観察する事の大切さも併せて学びました。

・・・・・・・・・・・・

いよいよ天冲殺の講義で、楽しみと不安が交錯する中での受講でした。
予想通りあまり理解は出来ず、受講後から「空間が・・時間が・・」と頭の中をぐるぐるしています。
講座内での先生の「今まで積み上がっている」という言葉を励みに、過去の資料も振り返りながら、いろいろ考えてみたいなと思います。

『執着の根底にあるもの』についてお話は、「もう着ない洋服だけど、高かったから」という理由で処分できないことがまさにそれだなと思いながら聞いていました。
少し前に、ずっと処分できずに保管していた服を処分したばかりだったのですが、空組で学んでいることで、手放すことができたのかなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

いつもの様に、質の高い講義をありがとうございます。
そらまめさんは、講義内容がわからない人がいない様に、丁寧に進めてくださるので、理解が深く入っていくように思います。

「奇跡」についての講義内容が、私に言われている様でとても心に響きました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

今回の「行動」についての講義は、素晴らしい内容でした。
どこまでも現実的、実際的、しかも具体的な内容でした。
抽象化しやすい内容を、現実世界(有形、3次元の世界)へ落とし込んで説明できるそらまめさんは、本当にすごいと感じます。
すごい内容をサラッと軽ーく表現するのも、素晴らしいです。

・・・・・・・・・・・・

今回の講座も目から鱗の内容で、
特に上手くいっていない状況への対処法が、面白かったです。
あらゆる行動は、脳が先に指令を出して、行動するのが大方のイメージでしたが、
その逆で、まずは行動が先でという順番も知れて良かったです。
「やる気スイッチ」は誰かが押してくれるのではなく、小さい行動そのもの。
『人生=時間』ですので、後回しにせず、先ずは行動の意識を大事にしたいです。
「真剣にやっているうちに、面白さがわかってきてやる気が湧いてくる」
ということは、算命学を勉強していくと、もっと面白さが分かるような、
次元上昇後に感じるであろう面白さは、今とは違う感覚かも。
と想像するのでありました。

・・・・・・・・・・・・

本日もありがとうございました。
「積み重ねて来たものがあるから、話をふんふんと聞くことが出来る。」という進藤さんの言葉、とても響きました。仰る通り、今日の講義は、今までの積み重ねがなかったら理解することが出来ない内容ばかりでした。

まだまだ分からない事だらけですが、分からないなりにも学び続けてきてよかったと思いました。今日は、基礎からコツコツ積み重ねる事の大切さを実体験として学び、落とし込む事が出来ました。

逃げたくなったり投げ出したくなったりする事もありましたし、これからもそのようなことはあるでしょうが、そんな自分を上手にコントロールしつつ、今後も学び続けていこうと思います。
来月もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・

天冲殺論。講義としては初めての単元ですが、一番スンナリ聞ける授業内容でした。
復習が追い付けず、苦い思いをしておるところではありますが
そらさんが内容が聞けているのは、これまでの学びがあるからこそと仰っていましたが、私もその通りで嬉しい気持ちになりました。チンプンカンプンは年中でしたから。質問もできないくらい。
私は子丑天冲殺です。

欠けについての質問もありましたが、私の感覚的な感想は、往々にして、記載されている対象が欠ける、不満があるになるのかなと思いながら子丑天中殺の部分を拝聴しておりました。
ほぼレジュメに納得したのが多かったことはびっくりしましたけれど。

常々、算命学を講義を受けて思うのですが、環境、生き方が大きいので、算命学、どうとでも言えるじゃん?って思ってしまうことがよくあります。
それでも不思議と、各々に命式から読める膨大情報から絞り込まれて浮彫にされているところが、学びの浅さから今の私には見えませんが、大変面白いところで、興味深い。
続けたいしもっと知りたいなと思うのです。(天冲殺に限って言うならば、私はどの天冲殺より自分の子丑天中殺が一番しっくりくる)

・・・・・・・・・・・・

地法と陽占法、陰占法のそれぞれの目的や使い分けが比較してあり、言われる通り全体の輪郭が見えてくるという意味が解った気がした。バラバラの答えをどのように統合するか
経験、知識、人間力が問われるなと感じた。
「自分自身の役目を知り、見失わなければ一時的な望みの賛否に振り回されることはない」
「結果が出なくてもそれを選んだ自分の選球眼の問題」
損したくないという思いの強い自分なので、早くに算命学を学んでいれば、決断や努力の方向を間違えずに済んだのかなと思う。が、知って、学んで、それを生かして、これからでも迷いの少ない人生にしたいと思いました。まだまだ力不足ですが。

・・・・・・・・・・・・

「ただ見る」をしていると、沢山の認知バイアスがかかっている事に気付きます。
思考や判断の偏り、変な思い込みに気付くと、自分に突っ込みを入れたくなるものです。
しかし、とっさの判断や、脳がパンクしないように、脳がラクに判断する為に等、
認知バイアスは、脳の保護機能的な役割を担っているのかと。

幾つもの認知バイアスが存在しますが、どのようなバイアスがかかっているのか、
「ただ見る」をすることで、分かれば、観念の掃除ができるようになる。
そのような作業をコツコツ継続する事で、ベストな選択ができるようになり、
「自分の人生の責任を持つ」流れになるのかと、なんとな~く感じています。
観念はまだまだ沢山ありますが、その流れを信じるのも自分だし、
トライ&エラーを自分で重ねていくしかないと思います。

昨年から外次元が周っています。考える暇がないくらい、がむしゃらに働く時期なので、
認知バイアスが強く機能するかも知れません。
次元上昇について学んでいるタイミングで、外次元が周っているので、体験して学んでいきたいと思います。初動次元に到達できるといいなと、思いつつ。
今回の講座もありがとうございました。
また来月もよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・

私の命式は主たる守護神が二つ、残りは全て補と陰陽違いで構成されています。主たる守護神は同一方向ではないので良かったです。それに引き換え後天運の大運では初年期と40代にあっただけで、きれいさっぱり見事なくらい見当たりません。でも、そらぐみでの学びが何よりの守護神、今は心からそう思っております。物事に良い悪いはない、一喜一憂はいらない、余計なことも良い経験、状況を何とかしようとすることをあきらめて受け入れる。境界線と感情の責任の所在など、一言一句が深く心に落ちていき、回を重ねるごとに学びが益々ブラッシュアップされていく感じがしております。自分の中で一番変わったと思うところは、良い意味で他人に期待せず、全て自己責任として対座する努力をするようになったことでしょうか。今後の講義も楽しみにしております。有難うございました。

・・・・・・・・・・・・

方位守護神法に限ったことではないのですが、復習をしていていつも感じる事があります。
それは、『どうしてこんなに型と行動(状況)が一致するのだろうか。』ということ。
当たる、当たらないの問題ではないのですが、自分や身近な人を例に取って復習を重ねていくと「そのまんまや…。」と思う事の多さと言ったらありません。
そういうものだから。そういう理論だから。
これらの言葉で片付けるのは簡単ですが、私にとっては、思い当たることが多すぎて恐ろしさを感じるレベルです。だからこそ、自分の行動に責任を持ち、何事であっても意識しながら生きていく事がとても大切だと考えるようになりました。

今日の講義で行った、後天運方位守護神も良い例です。
私は、第二旬から第六旬まで全く守護神が無く、第七旬に東方、中央、西方全てに守護神が回り、第八旬には全く守護神が無くなるという型でしたが、妙に腑に落ちました。
物心がついてから今の第五旬目まで、心の平穏を感じたことがなかったからです。
だからこそ、第七旬に入った時にどう感じるのか楽しみです。余りの違いに、きっと、違和感を覚える事でしょう。

今日の講義を受けて、守護神が回らないからこそ、自分の行動を振り返り、行き過ぎたところがないかをチェックしてバランスを取っていくことが大切なのだろうと思いました。こういったことに気付けるのも、算命学を学んだからこそ。とてもありがたいことです。
来月もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・

「塔崇陰陽説」をわかりやすく、丁寧に教えて頂きありがとうございます。
過去に習った講義内容も折に触れて振り返りながら再度教えて頂き、理解が深まりました。

そら組ならではの講義も、毎回内容が濃いです。自分のものとして使いこなすには、まだまだだなと感じます。
でも、そらまめさんのおっしゃっている内容が、以前より確実に身に染みてわかる様になっています。
講義のお陰で少しずつ成長している事に気づきました。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・

今回も、素晴らしい講義をありがとうございました。
私的にはそら組の神回と呼ばせて頂きたいと思う、濃い内容でした。

『次元上昇』って実際どんな感じなのか?ということがとても良くわかりました。
実体験からくる講義内容は、本当に他では絶対に教えて頂けない内容だと思います。

個人の体験からの学びは、、本当は自分だけの宝物の様なものなのに、それを公開するそらまめさんの生き方に感銘を受けました。

毎回貴重なお話しをありがとうございます。
講義内容の一つ一つがとても実践的で現実に根差した内容で、行動しやすくなっている事も、ありがたく思います。

今後もお身体に気をつけて、講義を続けて頂けると、嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・

職場で、もっと大きく見れば社会において常々、win-winの関係って、お互いにお互いが活かされその上物事が効率的にスムーズに進み良い事ばかりだと考えています。
算命学ではそれを三方良しと言い、方位守護神は中庸を作りだすものと教わり、嬉しくなりました。
算命学は理にかなっている事ばかり。楽しいです。そして本当にバランスって大切だと感じます。

・・・・・・・・・・・・

『欲望が自然循環の逆順に進む』という考え方の根拠からしっかりと講義して頂いてありがとうございました。毎回さる命学の講義の深さに驚きます。学びが深くなり疑問に思う様になっても、「あ、答えがちゃんと書いてあった。」という事がよくあります。
私の先を見越した様なレジュメで、復習のたびに発見があります。

・・・・・・・・・・・・

日常に隠れた脅しは本当に多いなと感じました。自分自身も、無意識で相手をコントロールしようとする感情を言葉にのせていたと気がつきました。ありのままで受け止めるように、意識していきたいと思います。
また、お試しについて思い当たることがあり、あれがお試しだったのかと腑に落ちました。最初に決心したことは、挫けそうになっても時間が掛かったとしてもやり続けようと思います。

・・・・・・・・・・・・

改めて、物事には二面性があって、片方だけを受け取ることはできず、両方受け取るか、それとも両方拒むのかの二択しかないということを学びました。
丁度、「厄介さとありがたさはセット」ということを聞いて納得しました。

また、中庸の欲望の簡単な見分け方も教えていただき、
これから活用してみたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・

前回の方位守護神法が難しいと感じたのは、私だけでなかったようでホッとしました。
表を覚えるのではなく、考え方、成り立ちを理解するという話を最初に聞けて良かったです。再度、復習してみます。

最近、『人間とは、欲張りな生き物だなぁ…』と感じる出来事が幾つかあったので、講義のレジュメにあった
【人間の欲望は、偏っていることが多く、中庸を保った欲望を持つ人は、非常に少ない】
という文章が心に深く染み入りました。
そういう私も、人間的に練られている訳ではないので、他人の事は全く言えません。
多く得る事が良い事、人より抜きん出る事が良い事と教育され、そのように生きて来たので、苦しみつつ、鍛錬された部分も多かったですが、失ったものも多かったように思います。講義の後、少し考えて【中庸を保って生きる】ことを意識すると、どう変化するのかを知りたくなりました。ちょっとだけ、頭の隅において生活してみます。

・・・・・・・・・・・・

十大主星の連結思考の中で特に「司禄星の蓄積」や「玉堂星の知恵」に
心のアンテナが立ちました。
十大主星全てを所有しているとはいえ、陽占に表出していない星なので、
今の私にとって必要な想念なのかも知れません。

目まぐるしく状況が変化する中、
今回のそら豆心理学「情報の整理の仕方」が非常に役立っています。
混乱の中、情報を整理して、チームでコミュニケーションをとって
優先事項や解決策を出し合い、行動に移す。毎日のこの繰り返し。
また、こういう時に自分の観念に気付くことも多いみたいです。

目の前のことに取り組みながら、心は観念の掃除ですので
身も心も大忙しといった所です。
感想というより近況報告の様になりましたが、
この状況でもさる命学教室だからリモートで受講でき、
実生活に活かせる心理学を学べるなんて、幸せだな~と思います。
今回の講座もありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

位相法の読解をより理解出来た。
なぜ気にならなくなったら出来事が変わるか?と言うことも
何となくはわかっているつもりでしたが
今の自分と本当の自分が違っているからだったんだ〜や
観念があるとカチンとくる は本当にそうだなあと思ったり
守護神法の所でも喧嘩についてのお話しなど目から鱗で…
気付くことが多い回になりました。

・・・・・・・・・・・・

「幸せのボーダーライン」や、「目的がないとダメな十大主星」など、過去に遡って、重要な箇所を何度も教えて頂けるのは、大変ありがたいです。
『情報の整理の仕方』や『知恵が道具となる3つの工程』など、具体的な内容ですぐ実践できる内容でした。
出来る出来ないに関わらず、挑戦していこうと思います。

・・・・・・・・・・・・

今回は「自尊心」について、深い学びのある講座でした。
自尊心の言葉の意味が、ものすごく深く
相手に伝えるのに一番難しいと感じている言葉です。
真の自尊心を、自分が理解していない。
という方が正しいかも知れません。

それを十大主星の連結思考で捉えると、自尊心が分かりやすくなりました。
気・心・体の連動は、行動が上手くいき、次元上昇に繋がる。
このような算命学の思想に、しびれます。

私は現在、牽牛星の大運で、プライドや自尊心の学びが多い大運になると思われます。
今回のそのヒントを得た講座になりました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

今回は「位進相法意神」と「十大主星の連結思考」についての講義を受けました。
「十大主星の連結」は何度でも聞きたい内容の講義だと思いました。
物事の「真理」について教えて頂いた様に思います。
そして、「自信」についての講義についても、とても心に響きました。
『どんな事が起きても私はそこから逃げずに向き合える。という、自分に対する深い安心感』
その境地にはまだ至っていないですが、日々研鑽していきたいです。
出来てもで出来なくても、自分を褒めつつ行動していきます^_^

・・・・・・・・・・・・

今回のカリキュラムは自分に響くことばかりでした。真の自尊心が発揮できるよう、自分自身に正直に、次元上昇を目指し改革していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

自分を変えるのは難しい。だが、別段困ったこともないのでこのままでよいではないかとずっと思って生きてきました。しかし、実はこれって『困った』こととして処理しなければいけなっかった事なんじゃない?と気づきはじめてます。今回の授業で『自分が変われば未来が変わる』というセンテンスに触れ、以前とは違う感覚で妙に納得しました。観念の掃除、励みたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

今回、久しぶりに現地で講義を受けることがで良かったです。
やはり、リアルな講義はネットから受ける感じと違うものだと
改めて思いました。

また、位相法の約束事の説明で、天剋地冲は悪いイメージを持っていたのですが、
今回の説明で、いまだに、自分の中では良い悪いの判断を行っているのだなと気付かされました。

・・・・・・・・・・・・

前回、前々回と学んだ位相法を復習しながら、自分の人生に起きた出来事と大運、年運を照らし合わせていましたが、今日学んだ内容を加えて考えると、自分の人生の流れについて理解が深まっていきそうです。

位相法を学べたことで、家族の性質や行動の理由と、自分の人生で起きた衝撃的な出来事が、大運や年運に沿って起きていた事が分かったのですが、これらは、私にとって思考の変化をもたらすきっかけとなりました。(書きながら、この思考の変化も大運に沿っている事に気付いて、更に驚いています。)

人は持って生まれた性質には抗えず、出来事が起きるべき時に起きてしまうのなら、力を入れず、自然な流れに任せて生きる方が自分本来の人生を歩めるのでしょう。

何もしない訳ではないのですが、人生という長い河の流れに抗う事なく、やって来た事と真摯に向き合い、山を越えていけるように努力を続けていこうと思います。

・・・・・・・・・・・・

学べば学ぶほど「難解だな」と思う反面、
「実はとてもシンプルなんだろうな」という
相反する思いが交錯します。

そして、難解にしている原因のひとつは
観念なんだろうなと思いました。

・・・・・・・・・・・・

実気と虚気の講義を聞いていて、自分の宿核にどれ程の、どんな虚気がくっついてきて現在の自分になっているのだろうかと考えました。
子供との関係で、本質を阻害するような虚気を与えてきたのではないかと思いました。
彼のこれから受ける虚気で変わることもできるのだろうと考えると、これからを見守るしかないのでろうなと思います。
学べば学ぶほどにもっと早く算命学に出会いたかったなと思います。
私の人生壮年期から老年期に入りかけですが、まずは自分のことをよく知り、学んで家族や周りの人へ少しでも悪い虚気を与えないようにできたらなと思います。

・・・・・・・・・・・・

最近の暑さにバテ気味で、講義にあまり集中出来なかったので次回は体調を整えて臨みたいと思います。
隊長がそらさんに命令することについて、今は全然気になりません。(今日も元気だなぁ、くらいです)でも思い返してみると、最初は嫌だったことを思い出しました。
言葉を自分の考えや気持ちを加えないように、こそトレしたからかもしれません。いえ、単純に慣れただけかもしれませんが。
自分にとって気になるテーマなので、もう少し頭の中で転がしてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

位進法も位進相法も、人生の大きな流れや、人生の課題が何になりそうか想像がつく様に感じ、算命学の底力を感じました。

特に印象に残ったのは算命学の内容では無いのですが、
「遺産相続で争わないために、遺言書を作成した方がいい4つの場合」
を教えて頂いた事です。
算命学の内容だけではなく、豊富な知識を授けて下さるさる命学は相変わらず素晴らしいなぁと思います。
また次の講義を楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・

前回に続き、位相法を教わりました。
更に約束事が重なり、ややこしくはあるけれど、重なり合う、規則性が面白いなと思います。
授業内で、空組ならでは教わる心の事。

以前にも出てきた「しきいち」と言う言葉。調べたら字は「閾値」。意味は境界を超える値。
これだけでは、自分に置き換えて考えるところまでいかずに終わっていたけど、例を使いわかりやすく説明してもらい、腑に落ち、「閾値」って大切だし、日常の中でも重要だなと感じました。
算命学もさることながら、心の事を教われる空組は本当に楽しくお得だなと思います。

・・・・・・・・・・・・

「情けは人の為ならず」が座気連請論によって説明されているなんて、
算命学ってスゴイと思います。
お恥ずかしながら人に何かをすると、相手に対して期待しがちです。
「宇宙(自然)の気の構造図」から反れると、運命が崩れ易いという事であれば、
それを知ることで、ぎくしゃくしている人間関係を解く事が出来ると思います。
 また子供は母親が最初から最後まで育てるのではなく、
「子供は、東方(社会)が育てると良い」と座気連請論で説明されており、
子育てに悩む母親にとって、心が楽になるアドバイスになるかと。
「宇宙(自然)の気の構造図」を意識して人と接すれば、変な期待も減るし、期待してもやもやしている時間もなくなり、心穏やかに自分の為すことに集中できると思います。
算命学の思想は知れば知る程、理に適っていると思います。
大運や干合法と、難しい内容に進み、ピリッとしてきましたが、気付きの多い講座でした。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

その他の感想をご覧になりたい方は、こちらから

受講者の感想

 

 

講座のお知らせ

算命学基礎理論ブートキャンプは、
2024年8月17,18日(土・日)
その次は、9月14,15日(土・日)
 

算命学の概要をざっくり学ぶ『花組』の新規クラスは、
 2024年9月5日(金)19:00スタート

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前

ウェブサイトURL