平面五行説と立体五行説の模型を作ってみました

さる山の算命学講座の終わりに、生徒さんにアンケートにご回答いただいているのですが、先月の基礎理論ブートキャンプの感想に、初めて算命学を学んだ方から、『模型があったら分かりやすいと思う』というご意見をいただきました。
 

今まで下図のように、立体五行説と平面五行説を図で表していましたが、平面が立体になると、どうして斜めに表現されるのか、初めての人がすぐに理解できるかな?とちょっと気になっていました。
 

 

しかし、なるほど、模型を使えば、導入部分のその混乱が解消されます。
 

ということで、模型を作ってみました

自重が重くなると歪んでしまうので、木火土金水は、丸い発泡スチロールで作るのが良さそう。
連結部分は、針金か爪楊枝か竹ひごか、そんなものが良さそうです。
 

色のついた発泡スチロールの玉はないかと探してみたのですが、そんなものはなく、代わりに、白いものだと、サイズがいろいろあります。

その中から、今のお教室で後ろまで見えることを考えて、3cmのものを選んでみました。

発泡スチロールへの彩色は、アクリル絵の具が良いようです。

そして、3cmの発泡スチロールの玉を支えるのであれば、料理用の串が良さそうでした。

また、彩色したものを乾かす台と接着剤を用意して、作ってみたところ・・・
 

こんな感じになりました。(友人に手伝ってもらって、約2時間)


色ムラは目立つし、テーブルに置くと微妙に歪んでいるけど、まぁ、理解するための教材としては使えるでしょう。
 

こんな感じで、衝十二支図や、塔崇陰陽説の模型も作ってみようと思っています。
いろいろ作るうちに、コツを掴んで、もう少し上手になるのではないかなと思っています。

(そらまめ)
 

募集中の算命学講座

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL