「理」ボーカルなしバージョン

昨日、ご紹介した、陰陽五行説を歌にした「理」(ことわり)ですが、9分半もの非常に長い曲となっています。

なぜかというと、最初に五行説について、それぞれひとつずつ歌詞があり、最後に陰陽説を入れ込んだため、全部で6つのパートから構成されている為です。

先に同じフレーズを5つ分繰り返すため、クライマックスの陰陽説の所までに飽きてしまわないように、作曲家の神馬さんは、そこに最も苦心されたと思います。
 

長くても飽きないための工夫

そして、その解消のため、楽器を少しずつ増やすという工夫をしています。

ボーカルが入っていると、どうしてもボーカルを一番に聞いてしまうので、その工夫の跡がよくわかる、ボーカルなしバージョンも作りました。
カラオケにして歌うこともできます。
(誰か「歌ってみた」とかで歌ってくれないかしら・・・その際は、音源提供します。)
 

歌が入っていなくても、曲だけで本当に素晴らしいというか、曲そのものの素晴らしさがよく分かります。
神馬さん、ホントにすごい。隊長も大満足です。

 作曲家「神馬譲」公式サイト
 

 

理(ボーカルあり)を聞いた方からこんな感想をいただきました。ありがとうございます。

  • 歌詞とメロディーに壮大さを感じ、思わず、ウルルとなりそうでした。多くの方に届くことをお祈りしています。
  • 最初は算命学の勉強のつもりで、聞き始めたのですが、、、最後の方の歌を聞いていて、泣きました。泣いた自分にビックリです(笑)
  • これ、暗記もできるので凄く良いですね!やっぱり書いて覚えるのと音で覚えるのと、両方ある方が記憶に残りやすいし!
  • 心に沁みます。
  • 半音上がって曲調が少し強くなって盛り上がっていくところ感動で響きます。 「瑠璃色の地球」が好きなんだけど それと似た壮大さや感動がありうるっときますね。 ボーカルの方の声も優しくて素敵で心に沁みる曲ですね。
  • 流石隊長だなとと思いました。歌詞もとても分かりやすく、それぞれの性質の役割など、とても簡潔に詩にされているとおもいました。また、スタジオで録音するなんて、流石、妥協を許さないモノづくりをされてるなと思いました。
  • とても素晴らしいです。陰陽五行の本質を奏者の素晴らしい技術で見事に表現されていて、穏やかだけどとても力強さを感じ天の声を聴いているような感じがしました。

(そらまめ)
 

次回の算命学基礎理論ブートキャンプ

2021年9月19,20日(日月)です。
詳しくはこちらをご覧下さい。
 

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL