お教室の感想

昨日と一昨日は、今月2回目の地法ブートキャンプでした。

地法は、基礎理論の次の講座で、神(=自然の法則)が人間に与えた役割について学ぶものです。
地法は人が神から与えられた役割なので、何をやっても上手くいかない人や、どうしたらいいか分からないという人に対して、最終手段として、さる山の占いの現場でもよく使用します。

それは、各自が持つ3つの干支に現れており、最終的には自分で干支の意味合いを作成できるようになるべく、実習があります。

地法は、算命学の思想がよく理解でき、干支についての理解が深まる上に、実際に大変使えるのですが、おそらくさる山でしか教えてないのではないかと思います。

 

生徒さんから聞いた話

さて、昨日、ある生徒さんから聞いた話です。

最初は『さる山さる子』という名前で、敬遠していたらしいのですが、記事をいろいろ読んでみると、ちゃんとしていることが分かって、参加されたそうです。

まぁ、この名前は、店舗が先にできてしまったし、成り行きからして仕方なかったわけですが、そこを超えてもうちで学びたいという方に、学びに来てもらえれば良いのかなと思います。
 

高度で難しそうなこと、隊長のキャラクターが濃いこと、さる山さる子という名前など、いろいろなハードルがありますがw、本当の算命学を真剣に、しかも短期間で学びたいという方のニーズには、しっかり応えていると思います。

逆に言うと、難しいことは一切いらないから、手っ取り早く簡単に占えるようになりたい、という方には向いていないと思うので、ぜひ、それにふさわしいお教室を探していただければと思います。(でも、基礎理論からしっかり学ぶ方が、本当の意味では手っ取り早いんですけどね)

 

生徒さんからいただいた感想 

まずは、中級課程も、もうすぐ終わりそうな生徒さんからいただいた感想からです。
 

星組

中級8 陽道占技

ようやく、購入したソフト項目の一部が謎が解けまして、ほっとしました。
とてもエキセントリックな物言いをなさる講師ではありますが、
その実、とても現実に立脚しているのは流石、辰巳天中殺の方の講義だと、納得できます。
なので、逆に、とても現実味があり、理解が深まります。

陰動占技を含め、戦略の項目である、次の講座を切に願います。
早急に、次のステップである講座をお願いいたします。

私的には、その、隠されて表立って出されていないものの全てを学び納得したいだけの人間なのですが、
その為には、どんな障壁にも立ち向かおうと思っております。
ただ、納得して死にたいだけなのです。
算命学が全てを解明するのものでは無いと言うのは分かっていますが、
せめて、その一端をさっさと理解したいという欲求にあらがう事が今は出来ないのです。

まあ、納得できるやどうかもわかりませんが、
自分としては、真理に近い所が、東にあれば、東に走り、西にそれがあれば、そこに向かいます。

そういう在り方が私の宿命的にはよろしくないのかも、よろしいのかも今は自身で判断できないのですが、
日々、その謎を探求する事が、とても面白く、時に疲れ、時に、奮い立ち、暮らしております。

ただ、この人生を戦略的に考えるという算命学は、今後生きる日本人にはとても大事なファクターだと思います。
もし、それに、何かお手伝い出来る事が私にあれば、出来ればとも考えてております。

中級8 陽道占技

ずっと基礎理論が重要だと言われていた意味をひしひしと感じた2日間でした。
今回のブートキャンプで一番ハッとしたことは、今更ですが、一番最後のコマ、大運の判定の虚型と昴型の重視する点の違いについてです。
この何を重視するか、ということが分からなくなるということに改めて気が付いたので、今一度復習していきたいと思います。

また、形で捉えることや構造についても理解出来るようにしていきたいと思います。

あと、以前から繰り返し出てきていますが、無剋の型の才能を表したカレーのイラストが、分かりやすくて好きです。笑

毎回楽しいブートキャンプも残すところあと2回となりました。寂しいような気もしますが、最後までどうぞよろしくお願いいたします。

中級8 陽道占技

今回の受講によって、購入したソフトの表示がかなりわかるようになって嬉しいです。
占技の内容だけでなく、その根拠となる考え方も説明してもらえるので、よい復習にもなりました。
まだまだ身についていないことがよくわかったので、継続して勉強し、使っていきたいと思います。
 
同じ内容を過去に何度も書いていますが、例とイラストが本当に素晴らしいと思います。
今回も理解するうえで、大きな助けになりました。
ありがとうございました。

中級8 陽道占技

今回も2日間に渡り熱のこもった講義を有難うございました。
2日間共、怒涛の占技ブートキャンプでしたが、全ては基本に沿っており、隊長が『占技は自分で考えて作れる』と仰る意味が理解できる気が致します。
  
『次元上昇は心の接着剤』 良い言葉ですね。

適職占技

適職占技の講座も
濃く、深い内容の講座で
あっと言うまでした。

適職占技については、
以前から疑問に思うことがありました。

それは、十大主星ごとに職業=適職として
紹介している方が多かったことです。

仕事がら、40代以上の仕事の相談を受けることが
多いのですが、
40代以上になると、
十大主星の職業=適職とするものでは、
無理なものが多いからです。

こちらで理論を学びはじめ、
知識が増えたことで、
職業、適職に関する考え方の幅が広がった!と
思っていたのですが、

さらに今回の講義で、
その考え方で良いことが分かり

自分が進歩出来ていたことが
確認できて嬉しく思いました。

「事件は会議室でおきているんじゃない、
現場でおきているんだ!」のごとく、

算命学はフワフワ アドバイスではなく、
現実的に使えてナンボだと思います。

適職占技はまさにその最たるもの。

算命学の適職の考え方を知っておくことは、
占い師だけでなく、
働く人には必須のものだと思いました。

今回で初級講座終わりでしたが、
今まで知りたくて仕方なかったことが学べ
本当に貴重な時間でした。

隊長の書籍で、
もっと算命学の思想の奥深さ、
美しさを
多くの方に感じて頂きたいので、
書籍づくり、頑張ってください!

 

空組

自分を手放す話について、デザインの話を参考に話をされていましたが、
この話を聞いてから、広告や商品パッケージ、資料などを見る目が変わりました。

人に伝えたいことを的確にわかりやすく表しているものということはどういうことか
考えるきっかけになりました。
また、これはそういものだけではなく、人の言葉や文章も同じなんだなと思い、
とても勉強になりました。

位置法とは、自然の法則と個人の法則の差を見つけ、どのような環境がふさわしいのかを探す為の占技ですが、『楽=無意識』だから良い『苦=有意識』を感じるから悪いというものではなく、『苦』の部分をを知ることにより運命の改良ができ、努力の先に精神的な成長が得られるというものでした。

概して人は楽して幸せになりたいと穏便な人生を願ってしまいますが、むしろ大事なのは苦労を味わった時、いたずらに運命を呪うのではなく、何処に原因があるのかを冷静に見極めて歪みを矯正していく、そこにこそ人生の醍醐味があるのかもしれませんね。

今までは物事を深く掘り下げて考えることもなく生きてきてしまいましたが、これからは日々の生活の中で『意識して考える』という事を習慣化できるよう心掛けたいと思います。

最近の講義内容は実戦で使える知識になってきているので、
とても楽しく聞いています。
今回の位置法は自分と周辺の人との関係をわかりやすく解明できる方法だと思い、
様々な場面で使える技術だなと思いました。

また、進藤さんの他人に期待しない話はとても興味深い話でした。
私も結構そんなところがあるので、あまりそれをしすぎると取り返しがつかない関係にまで進むということを聞いて、少し考えさせられました。
また、次回の講義も楽しみにしています。
よろしくお願いします。

『不思議な事は何も起きて来ない。』『物事は自然の流れに沿って起こる。』
今日の講義で、あらためてこれらのことを理解することができました。
ブートキャンプで学んだ時は、自然の流れと一つも同じところがない自分の命式を見て、随分とがっかりして落ち込んでしまい、大切なことを見逃してしまっていましたが、今日は冷静に学ぶ事ができました。

講義後、位置法の考え方を基に両親、兄弟、義妹、甥の命式を見て、今までの出来事や、複雑な関係性になってしまった原因が命式に現れているのを見つけ、これは仕方がなかったのだな、と納得しました。
何もわからなかった子供の頃、そして、大人になってからも、両親と自分の関係性、また、兄弟に対しての気持ちに随分と悩んでしまっていたし、自分に至らないところがあることが原因なのだろうと悩み続けたのですが、これは誰のせいでもなく、流れに沿った結果なのだということが分かり、心が軽くなったような、執着が取れたような、そんな不思議な感覚を得ています。

今までの講義中に何度かおっしゃっていただいている「家族であっても嫌いになって良い」という言葉も、私の心を軽くしてくれる大きな支えの様なものになっています。
人は一人一人違うのだから、家族であってもパートナーであっても、分かり合えないところがあるのは仕方のないことなのだと、真から納得する事が出来たのは、私にとっては大きな一歩です。
来月の講義も楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

前回の講座の基点法や天地法だけでも、自分自身に重ねてみると実状にかなり近かったの、がとても驚きでした。
そして今回の宿題は更に色々な方向から見ていくので、自分の本質がより浮かび上がると期待して取り組みたいと思います。

さる命算命学を学んで3ヶ月余り経ちましたが、一つ一つの要素がとても濃い物なので、まだ占いの初歩段階とはいえかなり本質をついていると思いました。


 

次回の算命学基礎理論ブートキャンプは、

7月16,17(土・日)です。
次回は、8月13,14日(土・日)
次々回は、9月18,19日(日・月祝)
詳しくはこちらをご覧下さい。
 

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL