基礎理論ブートキャンプ後の進み方

さる命学教室を検討されている方からよくいただくのが、最初の基礎理論ブートキャンプを受けた後に、どのように進むのかというお問い合わせです。
次は地法、その次は陽占1陽占2と、カリキュラムの順番に受けていただきますが、地法がスケジュールにない場合はどうなるのか、ということです。
ですので、今回は、それについて記事を書いておこうと思います。
 

地法ブートキャンプ以降の予定の組み方

基礎理論を受けて次に進みたいという方が4名以上になった場合、その人達でクラスを作ります。もしも、一度のクラスで4名に満たない場合は、次の基礎理論を待って、その人達とのクラスを作ります。
4名以上のクラスができたら、メンバーで相談して、次の日程を決めます

最初のうちは出入りも多いし、進みたいスピードもまちまちだったりして安定しませんが、陽占2くらいまで進むとメンバーも安定してきて、進行スピードの足並みも揃ってくるので、先々の予定まで組めるようになってきます。

最近は、月に1回ペースで進みたいという方が多く(月1で進むと、約2年で中級課程まで修了できるので、スピーディに進みたい方も多いのでしょう)、条件が合えば、第○何曜日という形で固定できる場合もあります。
ゆっくり進みたいので、次に都合が合うクラスがあった時に参加する、という形をとっている方もおられます。
 

最近考えていること

さる命学教室の教科書を出版しようと、隊長が執筆中ですが、それに当たって、今迄の原稿を全て書き直しています。一度中級課程まで全て書いた上での書き直しなので、最初の頃より知識も考察も深まっていて、当時は気付かなかったことにも気付いたりして、するとそれが、講義にも反映されていきます。

そうなると、講義がどんどん長くなっていくのです。
一応、1コマ90分で組み立てていますが、コマによっては2時間をはるかに超えることも・・・
先日の陽占1の1日目は、19時くらいに終わる予定が、終わったのが21時近くになっていました。
 
全部話そうとすると、どうしても早口になるし、生徒さんも疲れるので、隊長にも、2時間以内には終えるように話しましたが、「分かっているのに伝えないなどという、不誠実なことは、自分にはできない」と却下

ということで、長くなりそうな講義は、途中で一旦5分くらいの休憩を挟んで、その代わり、コマとコマの間の休憩を5分短くして対応することにしました。

しかしながら、長くなる講義を分割して、2コマにすることも、今後考えなければならなくなるかも知れません。いろいろ調整してみますが、その場合は、カリキュラムの数やブートキャンプの回数が増えることになると思います。

 

あ、ちなみに、次回の基礎理論ブートキャンプは、7月16,17日(土・日)、その次は、8月13,14日(土・日)です。

 

生徒さんからいただいた感想です

地法

実際に自分で文章を書き、その場で講評がある実習が、今後の勉強の仕方のヒントになりました。
自分で調べて考えながら書くことで、理解が深まったと思います。
また、地法と天法(陽占・陰占)、天中殺論、それぞれがどのように関連しているのか、初めて知りました。
別の教室では、独立して存在しているかのような教え方で関係性が分からなかったので、次のブートキャンプが楽しみになりました。

陽占1

実習では、客観的に星の仮説を作っているつもり
でも、自分の考え方のクセや思い込みが回答に
反映されていることが分かり、学んだことを客観的
にアウトプットすることの難しさと、だからこその
面白さを感じました。

算命学を占いとして使うにしても、哲学として
使うにしても、どう使うか、何のために使うか、
それを使うことは自分の心の次元の上昇に結びつく
ことなのかと、偏りのない知識を持つことはもちろん
そこから先の道標を初級講座の最初の段階から
ちょこちょこ入れ込んでくださる隊長が、天使に
見えました。

28元そのものが「それ何?」からの講義だったので、
最終コマは説明を追いかけるのが大変でしたが、
細かい箇所はさておき、とても大切なことを合理的
に説明されていることと、28元のアウトラインは
朧げながら理解することができました。

聞き手に合わすことのない、隊長のスタイル、最初は
とまどいましたが、どんどん馴染んできました。
バックグラウンドと興味の対象、知識の有無が大きく
異なる生徒を対象に熱量のある講座を続けるには、
とても合理的な方法だなあと。

次回講座も楽しみにしています。
ありがとうございました。

陽占1

非常にボリュームがあって、かつハイペースな講義だったため、ついていくのがやっとでした・・・。
十大主星の構造を知ることができたのが、私的に一番の収穫でした。

隊長が「意味合いをそのまま暗記するのが一番いけない」とおっしゃったことに納得できました。

二十八元考は理解が追い付かなかったため、いただいたテキストを読み込んで理解したいと思います。

中級

格法、局法について、大したことではないと仰りながらも ソフトを制作するうえでの大変なご苦労も伝わって参りました。
形がある命式は後天運で必ず崩れるので、その時にどうするのか。
一見、よさげなようで 破格になったら あら大変!! ない方が良かったのに~ となってしまいそうです。
入格条件を見て、何故このように名付けたのか、意味合い、方向、形、を想像して楽しんで考えることが大事であること。
大したことではないというのは、基本に倣って自分で考えればわかるでしょ! という事ですね。
時間はかかりますが、頑張ります。

座気論について少し触れられた時に ふと、思ったのですが、
私が出会った頃の隊長と、今の隊長とは明らかに変化があります。
若輩者(??)の私がこんな事を申し上げるのはおこがましいのは百も承知の上ですが、
当初は、『ジャイアンみたいで言いたい放題だけど、なんか面白そう~、ついていってみよーっと!』
というノリでブートキャンプに参加させていただきました。
隊長の算命学に対する熱量に以前と変わりはないと思うのですが、師としての風格が備わってらしたというか、
温かみと余裕を感じるのです。
これが座と融合するということでしょうか?
私も『日本一の算命学教室』の生徒としての座と融合したいものです。

これも透念気!?
次回も楽しみにしています。

中級

算命学に「良い悪いはない」最初の頃のブートキャンプで言われたように思うのだが、格法までくると、さすがに「命式に良いも悪いもないな」と……
良く聞く「○○さんの命式はとても良いです」は、どこからくるんじゃい💥
できるならば「持って生まれた本質と環境を上手く一致させたケースです」とでも言って欲しいものだと……
でも、人って、どんな風に言ったとしても一致させれば「大谷翔平のようになれるんだ~」と思ってしまうかも?
一番は、己れを知ることになるのかな
自分の人生をより良いものに、より願うものに近づけて行くのは、簡単なようで難しく、難しいようで簡単なような……
そんな思いでブートキャンプ9を終えました。
残すは、あと1回宜しくお願い致します。

中級8

どのような占技をもって、知りたい事について導くかをまとめた陽道占技は、これまでの講座とソフトの内容が結びつき、占いの形が見えてきた講座になりました。
ソフトが理解できるようになると、占技の答えを導くことが面白くなってきました。(もっと早くソフトを利用して勉強できればよかった)

中級課程も終盤となり、思う事です。
講座の進行は早く、受講後は脳も体も疲労困憊になりますが、そうなると分かっていても、また申し込んでしまう。
私の習得本能かも知れませんが、難しくても楽しいのです。
難解な占技もありますが、算命学を理解しやすくするためテキストも講座内容もかなり工夫を凝らしているのが分かります。

テキストの挿絵は、深い意味を持っているので、それを探ることも講座の面白さになっています。
おさるが「頭を柔らかくして!!」と言ってくれているようです。
難解かも知れませんが、次回の講座も楽しみです。

 

次回の基礎理論ブートキャンプは、7月16,17日(土・日)です。ぜひ、ご参加下さい!
 

次回の算命学基礎理論ブートキャンプは、

7月16,17(土・日)です。
次回は、8月13,14日(土・日)
次々回は、9月18,19日(日・月祝)
詳しくはこちらをご覧下さい。
 

 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL