辰巳天冲殺の現実性

物で感謝

算命学ブートキャンプなど、算命学のお教室の中で、辰巳天冲殺の話になることがよくあります。(講師が辰巳天冲殺だから)
 
辰巳天冲殺所有者はとにかく現実的なので、感謝の気持ちが物やお金で示された時にのみ、相手が感謝していることを受け取れるのです。
言葉でいくら感謝の気持ちを伝えても、辰巳天冲殺にはそれが伝わりませんし、また、辰巳天冲殺から高価な贈り物が贈られるときは、下心などではなく、そのまま辰巳天冲殺の心なのだそうです。
以前の記事参照
 

ある生徒さんがそれを聞いて、早速行動したところ、すぐに効果があったと話してくれました。ご本人の同意をもらっているので、書いてみます。
 

その生徒さんは、訳あってお嬢さんと離ればなれに暮らしています。
遠くに住んでいて会えないので、しょっちゅうメールや手紙を送っていたそうですが、全く返事はなく、一方通行だったそうです。(生徒さん自身は戌亥天冲殺)
 

しかし、お嬢さんが辰巳天冲殺で、講義の中で辰巳天冲殺の現実的な性質を知ったので、早速物を贈ってみたそうです。
すると、すぐにリアクションがあり、それ以来、ちょこちょこと物を贈るようにしていて、やりとりができるようになって、とても嬉しいとのことでした。

学んだことを応用して、すぐに行動に移した生徒さんも、その即効性もすごいなと思ったのでした。

(そらまめ)

応援クリックよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

次回の基礎理論ブートキャンプのご案内

 3月28,29日(土・日)
 算命学基礎理論ブートキャンプは代々木の会場で行います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ブート用.jpg です

算命学格法の事例研究にご協力お願いします

  • 1940(昭和15)年4月7日
  • 1945(昭和20)年9月13日
  • 1962(昭和37)年3月5日
  • 1978(昭和53)年6月25日
  • 1983(昭和58)年12月1日
  • 1989(平成元)年5月9日
  • 1994(平成6)年10月15日

 以上の生年月日の方は、ぜひご協力下さい!
 詳細はこちらをご覧下さい。

辰巳天冲殺の現実性 への3件のコメント

  1. shiro

    私の周りにがっちがっちの辰巳さんがいるので、よくわかりました。
    では、逆にそんな辰巳さんと距離を取りたい場合は、金銭や物品のやり取りをなくせばいいということになりますか?

    返信

    1. そらまめ

      今まであった物やお金のやりとりがなくなれば、『この人は自分に対して気持ちがなくなったんだなぁ』と認識するのではないかと思いますが、そもそも、辰巳さんは、人の気持ちなど気にしないので、何も変わらないのではないかと思います。
      気付いてもらおうとするよりも、shiroさん自身が距離を置くのが早道かと。
      多分、向こうは離れても気にしないと思うので、ある意味ラクちんです。

      返信

  2. shiro

    ありがとうございました。
    辰巳さんの現実性を実感させられた気がします。
    やっぱり、算命学は自分学ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL