コロナが怖くても、働かなければならない人もいる

テレワーク、皆が皆出来る訳ではありません

 家にいろと言われても、外に出て働かなければ、売上・収入は無く、収入が無ければ、生活する事が出来ないという人も多くいます。
 

労働無くして納品無し
納品無くして売上無し
売上無くして収入無し
収入無くして生活無し


 どんな職業であっても、職業として成り立つからには、そこにニーズ(必要性)がある訳で、また、それによって生活の糧を得ている人がいる訳で、無条件に「外に出るな!働くな!自粛しろ!休業しろ!」と言うのは、とても酷な事であると思います。
 

 収入・職を失う虞が無ければ、又、ストック(貯金)が十分にあれば、この時期を閉じ籠もって過ごす事も出来るでしょう。

 例えば、政治家、公務員は、コロナで自粛しても、給料が減る事も、職を失う事もありません。
 

経済も人を殺す

 また、テレビ等でも、「自粛・外に出るな」と呼びかけている人が多くいますが、その呼びかけをしている人は、コロナによる自粛で路頭に迷う虞がある人ですか? 事業が潰れて、従業員を路頭に迷わす虞がある人ですか? 家賃の支払いに頭を抱えている人ですか?

 「命が大事」だと力説する人がいますが、「命を保つ為にはお金(経済)が必要だ」という事を知っていますか?

 補償金を払いたくないから「要請」と言っていますが、実質、「強制」に近いという事について、政治家もマスコミも「自粛・外に出るな」と呼びかけている(自分の懐は決して痛まない)人も、それを知っていながら、口をつぐんでやいませんか?
 

政治の役割

 そうは言っても、残念ながら、新型コロナウイルス(武漢肺炎)が拡がると、医療崩壊が起こって、多くの人が亡くなる虞がある事は事実です。そうなれば、益々社会は混乱し、日本という国家(集団)の存亡に関わる事にもなり兼ねません。それを防ぐ、或いは、緩和する為には、家にいて、なるべく人に会わない方が良い事に間違いはありません。

 なので、テレビ等で「自粛・外に出るな」と呼びかけている人は、決して間違っている訳ではありません。雀の涙の給付金・協力金・補助金で自粛・休業・時短営業を迫る政治も、政治家として国家(集団)の存続を考えた時、誰がやっても、さして変わらない舵取りになるでしょう。
 良いか、悪いかではなく、世の中はそういう風に出来ているという事です。
 

 しかし、世の中の正論が必ずしも自分を救ってくれるとは限りません。むしろ、正論こそが、自分を傷つけるものである場合もあります。
 とは言え、人間は一人では生きていけないのもまた事実なので、集団の理論に従わざるを得ない面もあります。
 

 私は、常々「誰一人見捨てない、全員救うというのは、政治では無くて宗教であり、国家や集団(つまり、より多くの人)の為に、誰を生かすのかを決定するのが政治である。」と思っていますが、正に今、その様な状況にあるのだと思います。

高いところにいるほど、個人の顔は見えにくくなる
ましてや、国全体を見ていれば、なおさら。良い悪いではなく、そういうもの。そうでなければ、国全体が危険にさらされる。
 

どのように身を処せば良いか

 では、この様な時勢において、どの様に身を処せば良いかを考えてみましょう。

 算命学は、決して「自然に逆らうな」とは言わない(むしろ、自然に逆らってみなければ、成長しないと言っています。)のですが、しかし、自然に逆らってばかりいては、長く生(存在)を保つ事が出来無いと考えています。

 「自然」と一口に言っても、季節や地震など、色々な切り口があるのですが、ここでは、自然 =「世の中の流れ・趨勢」と理解して下さい。
 即ち、世の中の流れ、趨勢に逆らうと、人間は長生き出来ないという事です。コロナ時代を生き残る為には、その環境に上手く適応していかなければならないのです。

 現在の日本の世の中の流れ・趨勢は、「自粛」「不要不急の外出はしない」「3密を避ける」なので、これに真っ向から(完全には)逆らわないのが得策です。しかし、だからと言って、自らの経済を無視して良い訳ではなく、絶妙のバランス感覚が必要です。
 

政治は、個々の事情は考えない

 また、政治は、集団を守る為のものだから、個々の人間を守ってはくれません(これも、算命学の考え方ですが、それはそれで正しいと思います。)。なので、政治の支援を受けるにせよ、それを期待して何もしないというのでは、生き残る事は難しいでしょう。

 故に、政治に期待する前に、自助努力をして下さい。これは、政治(支援)に頼り切りになるなという事で、救済制度を使うなとか、政治に対して要望をするなと言っている訳ではありません。

 国が何を考えているか、言っているのかを的確に把握し、また、自分の状況を的確に把握し、どの様にすれば、生き残れるのかを判断した結果、それが「外に出て働く事」であったとしたら、覚悟を決めて働く事です。
 それは、決して責められるべき事ではありません。勿論、「可能な限りのコロナ対策をして」ですが。
 

時には撤退も必要

 それでも、時には、現時点での敗北を受け入れ、撤退をしなければならない事もあるでしょう。時代と社会が、その存続を許さないという事もあるのです。

 算命学では、「戦い」の本質は「動」にあり、進退自在であると考えています。これは、戦いとは、「状況が我に有利であれば進み、我に不利であれば退く」ものであるという事です。

 人生を「戦い」に例える事がありますが、そうであるならば、生きていれば、戦いを止めなければ、いつかはまた前進する日が必ず来ます。

 お互い、挫けずに、頑張りましょう。

(隊長)

算命学のオンライン(通信)講座、始めました

バナーオンライン(通信)講座
    

さる山さる子でも、生き残る為に、色々と知恵を働かせていますが、この度、「オンラインで学ぶ算命学教室」(算命学の通信講座)を始めました。
詳細はこちらをご覧下さい。
 

応援クリックよろしくお願いします

 にほんブログ村 にほんブログ村へ

次回の基礎理論ブートキャンプのお知らせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL